人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&A、トラブルが起きない為には?

公開日:2019/01/07  

調剤薬局の事業譲渡は活発に進められていますが、直接交渉は慣れていない方にとって、損をしてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

後継者問題など、お店が閉店してしまう事のないように、仲介会社のサポートを受けながら、スムーズに取引ができるようにする事も重要になります。

交渉をきちんと進めていく事が必要になります

調剤薬局が事業を続けていくうえで、自分たちで運営をきちんと進めるだけではなく、働くスタッフの高齢化や人手不足で状況が厳しくなった場合の事業譲渡にも注目する事は大切です。

調剤薬局のM&Aは積極的に進められており、オーナー自らが動いて買収してもらえるように直接交渉を進めるケースもあります。

しかし、初めての交渉に慣れていない方の場合、仲介会社にサポートしてもらう時と比べて、譲渡価格が低くなってしまう恐れがある事にも注目です。

直接交渉は、慣れていない方が進めようとすると、思ったよりも高く売れなかったという結果になるリスクがあり、トラブルを避けるために、相場を理解するなど情報収集が必要です。

買ってもらえるところを見つける事ができ、安心感を持つ方もいますが、気持ちに油断があると、希望する金額を遠慮してしまい、低く伝えてしまう方もいます。

価格交渉を進めるだけではなく、資料にきちんと目を通して、契約内容に問題がないかをきちんと調べる事も求められます。

自分で情報収集を行い、詳しくデータをまとめていくなど、時間がかかり、大変に感じる作業もありますし、大事な情報を見落としてしまうリスクもあります。

仲介業者に依頼をする事で、しっかりとサポートしてもらう事ができるため、希望をしっかりと伝えて、交渉を丁寧に進めてもらう事が可能です。

仲介業者を使うと、費用がかかるイメージを持つ方もいますが、自分で交渉を無理に勧めようとすると、安く売ってしまう結果となったり、良い話が合っても、取引が不成立となり、損をしてしまう恐れもあります。

仲介業者にサポートしてもらうことで、知りたい情報も集めやすいですし、分からないことも質問をする事で、丁寧に説明してもらう事ができます。

後継者問題を解決する事は大事です

少子高齢化が進む中で、地域の医療に貢献している調剤薬局も後継者がいない問題が発生し、続けていくのが難しくなります。

子供に継いでもらえるように、薬学を学んでもらうなど、進学させるなど、時間をかけて育てていく方もいますが、うまくいかないこともあります。

違う道に子供が進む場合もあり、後継者がいない状態が続けば、お店を閉店せざる負えない状況となる事もあるため、早めの対策が必要です。

後継者問題を解決する有効な手段として、事業譲渡に注目する事で、雇っている社員も仕事を続けられるようにするなど、調剤薬局を守る事につながります。

閉店の問題が解決すれば、調剤薬局を長年運営してきた方も安心感を持てますし、取引を進めて、報酬を得られるため、老後資金として使えます。

お店をつぶした後は、土地を売るなど、後片付けを進めていく必要がありますが、土地が必ず売れるという保障はないですし、建物の解体などのコストもかかります。

老後の生活の資金を使ってしまう事のないように、事業譲渡の取引をうまく進める事で、大企業に事業譲渡ができるチャンスを作っていく事もできます。

生涯現役として、仕事を続けている方も、体調を崩してしまった時に、急に事業譲渡を進めていくのは難しいため、早めに将来のお店の事を考えて、準備を進めていく事は大事です。

体調を崩して働けなくなるなど、お店に大きな影響を与えるトラブルが起こらないようにするため、仲介業者に相談しながら、後継者問題を解決するためのアドバイスをもらうことをお勧めします。

実力のある仲介会社を見つける事が大切です

調剤薬局のM&Aの実績が豊富な仲介会社はたくさんあり、会社の規模もそれぞれ違うため、幅広く情報を集めて、安心して依頼できるところを決める事が求められます。

大手の有名な企業に相談する方もいますし、少数精鋭の企業もあり、大手ではなかなかできないサポートをしてくれる場合もあります。

仲介会社の実績や頼もしいスタッフがいるかなど、しっかりと情報を集めて比較を行う事ができるように、比較サイトの情報を参考にすることをお勧めします。

ランキング形式で参考になる情報をチェックできれば、ただ有名な企業に注目するだけではなく、ネットワークの広さや柔軟な対応など、様々な角度から企業をチェックできます。

雇っているスタッフを守りたいことなど、どうしても譲れない条件をきちんと伝えて、一生懸命行動を起こし、調べてくれる優秀なスタッフのいる仲介会社を見つける事も大切です。

まとめ

直接交渉よりも、サポートが充実する仲介会社を見つけた方が、調剤薬局のM&Aを良い条件で進められる場合もあります。

頼もしいスタッフを見つけて、初めての事業譲渡を安心して進めていけるようにサポートしてもらえる環境作りも重要なので、比較サイトを活用して、仲介会社の比較を行う事をお勧めします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム