人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

M&Aで調剤薬局を希望価格で譲渡するためのコツ

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/01/18


仲介会社にサポートしてもらい、調剤薬局のM&Aを希望価格で進められるようにするなど、条件のよい内容で契約できることが大切です。それには過去のM&Aの実績やスタッフの経験に注目して、チェックすることも重要なポイントでしょう。譲渡する場合は後継者不足などの悩みを抱える経営者も多く、1人1人に合った対応ができるところを見つけたいものです。

仲介会社スタッフの経験に注目する

調剤薬局のM&Aを進める際に、希望価格で譲渡できるように進めるには、仲介会社のサポートが重要です。どの仲介会社に依頼しても同じ結果になるわけではなく、希望価格に違いが出てくる可能性があるためです。

納得できる条件で契約できるコツとして、仲介会社のスタッフの経験に注目してみるのも1つのコツでしょう。調剤薬局や医療機関など、専門職の勤務経験を持つスタッフで構成された会社なら知識を持ち合わせています。

さらに、現場を知っているため日本の医療がもっとよくなっていくように一生懸命サポートしてくれるでしょう。仲介会社によって得意とする買収方法があるなど、しっかりと対策をする点にも注目しながら比較をすることは必要です。

過去のM&Aの実績に注目することも重要であり、交渉力のあるスタッフがいる組織なら、安心感を持って任せることができそうです。スタッフの質はとても重要なので、仲介会社の情報を集める際に、スタッフの知識や経験に注目することがコツです。

口コミ情報を集めて評判がよいところに依頼できるようにすることも必要で、相談をしながら自分の目で確かめましょう。スタッフの対応が丁寧であることがわかれば、定期的に連絡をするなど情報のやり取りの面でも安心です。時間をかけて担当者と話ができ、忙しすぎて対応が遅れることのないようにきちんと仕事をこなせるスタッフを見つけることが重要になります。

後継者問題を解決するためのサポート

経営が順調でも後継者がいない調剤薬局の場合、経営者の高齢化によって今後続けていくのが難しくなる場合があります。安心して長く続けていく方法として、調剤薬局のM&Aを進めていくことを考えてみましょう。希望価格で契約できれば老後資金になり、従業員も守れる可能性があります。

働く従業員にとっても、経営者の高齢化で後継者がいないと不安に感じる方もいるようです。安心して働いてもらえるように、価格だけではなく従業員をしっかりと守ってくれる相手と契約できるようにすることが重要でしょう。福利厚生がしっかりとしている企業もあるため、従業員が安心して働ける環境となるように仲介会社に希望を伝えてサポートしてもらえると安心です。

相談するパートナーを探す際に自ら薬局を運営するところもあるため、業界のことに詳しく自らの経験からアドバイスをくれます。薬局を守れるように取り組みを進めてくれるなど、安心感を持って相談できる点に注目しましょう。

数多くの拠点がある仲介会社もあり、地域の情報にも詳しいと相談するときに経験から築き上げたネットワークでM&Aを進めてもらえます。経営者が抱える問題はそれぞれ異なるため、今の悩みを解決するために信頼して任せられるスタッフを見つけることがおすすめです。急成長中で成約件数を伸ばす会社もあるため、背景を調べることも大事でしょう。

相性がよい担当スタッフを見つける

後継者がいない問題があり、早めに問題を解決するためにM&Aを進めたい方は、迅速かつ丁寧に対応できる仲介会社を見つけることが重要です。希望価格で譲渡できるように条件のよい内容で交渉を進められるようにしたい場合、仲介会社のスタッフに相談をして、じっくりと話を進められる期間を作ることをおすすめします。

担当者と情報のやり取りをしながらM&Aを進めていく場合、相性がよいスタッフを見つけることが成功のコツといえるでしょう。信頼して任せられるスタッフでないと、すぐに結果が出ないときに不信感を抱く方もいます。仲介会社の実績に注目するだけではなく、スタッフとの相性も知りたいときは、自分から行動を起こして情報を集めることが必要です。

経営者を対象とする無料相談会を実施する企業もあるため、相談しやすいスタッフがいるかどうか見極めることができます。実績があり相談してみたい仲介会社を効率よく探せるように、比較サイトを参考にする方法もあります。比較サイトにはM&A仲介会社の特徴をわかりやすく紹介しているようです。

大手で有名なところばかりではなく、実績がありたくさんの経営者に信頼される企業も教えてくれるので、参考にしてみましょう。実際に相談してみたいと感じる会社を絞った後で、行動を起こすとスムーズに進みやすくなるようです。

 

調剤薬局のM&Aを進めたいときに希望価格で譲渡するためのコツは、仲介会社の実績とスタッフの経験に注目することです。調剤薬局や医療機関など、専門職の勤務経験を持つスタッフで構成された組織もあり、現場を知っている人の意見はとても参考になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム