人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aを行う悪いタイミングとは?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/05/07

引退するからこそ、運営は安心できる大手に任せてしまいたい、こうした希望を叶えるためには調剤薬局のM&Aを行うことも視野に入れてみるのが適しているようです。

相談するにも、個人的に譲渡する会社に交渉するにしても、どのタイミングであれば成功するのでしょうか。

そうしたノウハウを持つのが、専門となる仲介業者でもあり、また成功者の意見や悪い時期を知ることで、望む形の譲渡が実現できるようです。

 

引退を考えている時期というのも最適

調剤薬局の運営をしていれば、自身の引退後に薬局をどう残すべきなのかという悩みもあるでしょう。

例えば、業績も良好で継承者の心配がない状態であれば問題はありません。

しかし、諸事情により、先行き不安であるなど継承も考えていないのならば自分の引退時期と合わせるのがベストタイミングといえます。

反対に悪いタイミングということもあるのではないでしょうか。

調剤薬局のM&Aの仲介をする業者は数多くあり、タイミングさえ合えば薬局を大手のチェーン薬局に譲渡することもできます。

また、薬局運営を継続してほしいなど、意思も交渉次第、タイミング次第で叶えられます。

実際にM&Aが成功した人では、想定していたよりも良い条件で譲渡ができ、現役引退後も充実した余生で有意義に過ごしているそうです。

 

赤字続きであるのか黒字なのかもポイント

悪いタイミングとなるのは、どんなシチュエーションがあるのでしょうか。

実際に合った出来事としては、見込んでいた事業計画通りに話しが進まず、毎月赤字続きになり資金繰りに苦慮している状況での譲渡の話しです。

この場合には赤字続きである問題点から譲渡できる可能性は低いものになっています。

事業継承が円滑に行えなければ意味がなく、場合によっては後継者選びに頭を悩ませてしまいかねません。

調剤薬局のM&Aは、買い手が店舗の実績や評判を評価するため、赤字続きでは希望の形で買い取ってはくれません。

後継者問題については、買い手が運営を行ってくれるので悩むことはありません。

また、廃業コストの問題にも発展しかねません。

譲渡できなければ結局、経営難となり、薬局をたたむことになりますし赤字という借金の問題も未解決のままになります。

だからこそベストタイミングとなるのは、業績の良い時期であったり、あるいは自分の引退時期なのです。

また難があるのなら、今まで培ってきたノウハウを最良の形で継続してくれるように仲介業者に支援してもらうのも一法です。

タイミングが合えば、創業者利益の獲得も期待ができます。

運営してきた調剤薬局をM&Aで譲渡すれば対価が得られる仕組みです。

それが数百万から数千万円にもなり、もちろん譲渡する会社の規模にもよりますし、赤字続きであれば余裕ある対価は得られないかもしれません。

ですが赤字の補填にはなるかもしれませんし、赤字分を返済してくれる交渉もできる余地は残されています。

着手金を取らず、成功報酬のみで支援してくれるのなら、時期自体は関係ないかもしれません。

 

情報を収集する準備期間というのが必要になる

調剤薬局のM&Aを行うにも、取引を進める準備期間が必要です。

それもじっくりと情報を集めて、交渉を進めていく大事な時間になります。

中には薬剤師が辞めることになり急であるものの、最短での譲渡を求めるケースもあるでしょう。

迅速な意思決定のできる大手となる薬局チェーン店のオーナーであれば契約締結まで最短1ヶ月、あるいは数週間というケースもあるかもしれません。

ですが事業譲渡の場合には条件の交渉もしなければならず、半年は交渉するだけでもかかるというスケジュールを見ておきましょう。

すぐに取引を進められるとも限らず、運営が安定していても対応が遅れてしまうと店をたたむことにもなるかもしれません。

じっくり調査や交渉ができるためには、例えば引退する時期から1年以上のスケジュールを組み、事業譲渡の情報を収集しましょう。

すべて譲渡する、一部の事業のみなど、具体的なタイミングや費用の工面、トラブルが起こらないように譲渡するオーナーのこと、様々なことを詳しく知るための時間を作ることも求められます。

 

調剤薬局を経営している、あるいは継承したくない場合にはM&Aを行うことを考えることができます。

ただ単に薬局を譲渡するだけではなくメリットを得ることは必要です。

そのためには、どんなタイミングでも交渉して良いワケではなく、時期を見計らって交渉することが必要です。

そのためには、仲介業者を活用するのが最善策ですが、個人的に行うのであれば経営難でない時期であるなど、引退時期だともいわれています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム