人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aをするタイミングは?

公開日:2018/12/05  

調剤薬局の運営が順調でも、後継者不足の問題を解決しなければ、お店を閉店せざる負えない状況となってしまう事があります。

問題点を解決するために、適した時期に行動を起こせるように、仲介業者のサポートを受ける事も大切なポイントです。

お店を守るための行動も重要になります

高齢化社会が進む中で、経営者の高齢化も問題となっており、後継者不足の問題を抱える調剤薬局もあるため、きちんと問題を解決するための行動を考えていく事が大切です。

後継者不足の問題をそのままの状態にしていると、経営者が病気やケガで働けなくなってしまったときに困ってしまうケースは多いです。

お店を守るための行動をきちんと考えて、自分の年齢といつまで働けるかを考えながら、M&Aの交渉を進めていくタイミングを見極めていく事は重要になります。

適した時期に企業買収を進めていく事ができれば、大きな混乱なく事業譲渡を順調に進めていく事ができ、報酬を得られるため、まとまった老後資金が入ってくるメリットがあります。

家族と相談しながら、子供に継いでもらうのが難しい状況もあるため、納得してもらい、地域医療のためにも、お店を守れる方法を考えていく事は大事です。

薬学など専門知識を身につける必要がありますし、医療系の資格など子供にすぐに継いでもらうのが難しい状況もあるため、落ち着いてじっくりと考えていく時間が必要になります。

今の事しか考えていない方だと、あわてて行動を起こして、あまり良い条件の契約ではなくなってしまう恐れがあるため、気持ちに余裕を持てる事もポイントです。

従業員への報告も大切なポイントです

調剤薬局で働くスタッフが安心して働ける環境を作っていく事が必要になりますが、経営者の高齢化などこれからのお店の事を考えると、不安に感じるスタッフもいます。

オーナーが従業員に対して、企業買収の話を進めていく時に、理由を伝えるなどきちんと納得してもらえるように話し始める事が大切です。

後継者不足でお店が閉店してしまう可能性もあるため、事業譲渡が従業員を守る事にもつながる事をきちんと説明する事が必要になります。

注意点として、企業譲渡を伝えるタイミングは、基本的に契約が締結した後であり、きちんと契約が決まっていないと、具体的に説明できなくなってしまいます。

契約がきちんと決まるまでは、従業員に内緒する必要があるため、新しい行動を起こす際に、働くスタッフが不審に感じてしまう事のないように、きちんと配慮する事が求められます。

契約途中で情報が漏れてしまう事は、相手先企業との信頼関係に影響が出てしまいますし、伝え方が不十分だと従業員が混乱してしまう恐れがあります。

働くスタッフからすれば、雇用を継続する事を伝えてもらえると、安心感を持てる方が多くいるため、きちんと雇用を継続できる契約が決まった時に、話し始めることをおすすめします。

従業員だけではなく、取引先にもきちんと企業買収の事を伝えて、取引先が混乱する事のないようにする事も大事なポイントです。

スタッフよりも取引先の方が、伝えるタイミングが難しいと感じる方も多く、付き合いが長い取引先もあるため、状況によっては、最終契約前に理解を得られるように行動する事にも注目です。

事情譲渡を進めていく場合でも、取引先と今まで通りのお付き合いがあるケースも多いため、良好な関係を維持しつつ、変更手続きなどの理解を得られるようにする事が重要になります。

仲介会社のサポートを受けることで、大変に感じる事を代わりに任せる事ができ、安心感を持てますが、お世話になった方には1人1人自分の言葉で報告する方はたくさんいます。

仲介業者のサポート体制をチェックです

交渉をスムーズに進めていけるように、仲介業者にサポートしてもらう事も大事な事なので、サポート体制が充実する業者を見つけられるように情報を集めることをおすすめします。

手数料が気になる方も多いですが、仲介業者の比較を行う事で、費用を抑えつつ、スタッフがしっかりとサポートしてくれる所も探せます。

比較サイトの中には、ランキング形式で仲介業者情報をわかりやすくまとめてくれており、本社だけではなく、支社がたくさんあると、近くの場所を見つけて気軽に相談でき、身近な存在です。

スタッフに直接会って、知りたいことを教えてもらう事ができれば、きちんと理解した状態で、次のステップへと進められるようになります。

企業によっては、土日祝日や夜間の相談も受け付けてくれているところもありますし、幅広くサポートしてくれる所を見つける事により、効率よく手続きを進めていけます。

実績があるだけではなく、スタッフのサポートが充実しているところは人気でなかなか予約が取れない場合も考えられるため、早めの情報収集と予約をおすすめします。

後継者不足により、お店を守るための事業譲渡やスタッフへの説明など、適した時期を考えながら、慎重に話を進めていく事も大切です。

サポート体制が充実する仲介業者を見つける事で、手続きや交渉をスムーズに進められる場合があるため、早めに業者の比較を行い、予約をしたり、スタッフと話をする事も重要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム