人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

成功報酬の調剤薬局のM&A会社の特徴

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/10/20


近年では調剤薬局の業界においてM&Aが盛んであり、とくに大手企業が個人経営の店舗や中小規模の調剤薬局を買収するケースが増えています。M&Aが成功すれば買収する方だけでなく、される方もメリットが得られますが、仲介会社によって成功報酬の費用にも違いが存在します。スムーズに手続きを進めるには信頼できる仲介会社を選ぶことが重要です。

調剤薬局のM&Aを行うさまざまなメリット

M&AとはMergers and Acquisitionsを略したものでMergersには合併、Acquisitionsには買収という意味があります。広い意味では合併と買収だけでなく提携のような緩やかな資本関係もM&Aに含まれます。調剤薬局の業界では大手企業や他業種の企業による買収のほかにも、大手や中堅企業同士の提携や小規模薬局による事業譲渡などが活発に行われるようになっています。

一般的に調剤薬局の業界でM&Aを行う際に採用されている手法は、株式譲渡と事業譲渡です。株式譲渡は会社の株式を相手方に売却して経営権を譲渡することで、会社売却などとも呼ばれています。この方法を採用した場合、売り手である経営者は譲渡対価を得ることができます。

また会社を丸ごと売却するので事業譲渡の場合よりも対価が高額になり、後継者難だった場合には事業承継問題を解決できるなどのメリットもあります。買い手は株主が変わるだけなので薬局の運営に影響がなく、会社に繰越欠損金がある場合には節税効果が期待できます。

事業譲渡は会社の事業を個別に売却する方法で、売り手は会社組織が残るので譲渡後に素早く事業を展開できるというメリットがあります。事業の選択と集中が可能となるほかに、会社が譲渡対価を得るため税金対策がしやすいのも大きなメリットです。買い手は株式譲渡の場合よりも安い費用で買収ができ、譲渡対象を選別できるため簿外債務を引き取るリスクを回避できます。

調剤薬局のM&Aに必要な費用について

調剤薬局のM&Aは専門の仲介会社に依頼するのが一般的ですが、成功報酬のほかにも着手金や月額報酬などさまざまな費用が発生します。成功報酬はすべての譲渡手続きが完了して対価が支払われた時点で発生する手数料です。多くの仲介会社ではレーマン方式と呼ばれる算定方法を採用しており、取引金額に応じて一定の報酬料率をかけ合わせて計算します。

たとえば取引金額が5億円を超えて10億円以下の部分については4%などのように、報酬料率が決められています。算定対象となる資産によってレーマン方式で算出される成功報酬額は大きく変動するので、各仲介会社が算定対象としている資産の種類や報酬料率を確かめることが重要です。

各社で最低報酬金額が設定されており、小規模の案件でも仲介会社が赤字にならない仕組みになっています。着手金は、仲介会社などの専門家と業務委託契約を締結する際に支払う手数料で、各種資料の作成や企業評価を目的とする情報収集や分析、買収候補の選定などに使われます。

この手数料は作業代行費として支払うものなので、M&Aが成功しなかった場合にも返金されません。最近では依頼者の利益を考慮して着手金を取らない仲介会社も増えています。月額報酬は弁護士や税理士などに顧問を依頼する場合と同じように、毎月固定で支払う一種の顧問料です。ほかにも、条件交渉がまとまって基本合意書を作成した時点で支払う中間金や、相談料などの費用が存在します。

M&Aの仲介会社を選ぶポイントとは

仲介会社など専門家にM&Aの業務委託をすると成功報酬のほかにも着手金や中間金、相談料などの費用が発生します。ただし、すべての仲介会社で着手金などが必要となるわけではなく、無料とされているケースも多く見られます。成功報酬の算定方法や必要となる費用は各仲介会社で異なるので、各社の規定を比較検討することが大切です。

日本全国には調剤薬局のM&Aをサポートする専門の仲介会社が数多く存在しますが、過去の実績などに注目しながら信頼できる会社を選ぶとよいでしょう。どの仲介会社を選んだらよいのか分からない場合は、薬局経営者を対象とする無料相談を行っている会社に問い合わせるのがおすすめの方法です。

薬局の買収手続きをスムーズに行うためには、多額の費用だけでなく知識と経験が必要になります。数多くの案件をサポートしてきた実績のある会社ならば、ノウハウが蓄積されておりスムーズに手続きを進めることができます。一般的にビジネス誌などでは製薬会社や調剤薬局、医療機関などに勤務経験のあるスタッフがいる仲介会社を好意的に評価する傾向が見られます。

経験豊富なスタッフが多数在籍している会社であれば安心して手続きを任せることができます。買収手続きを進めるには手間と時間がかかりますが、通常の業務で忙しく日中は仲介会社と相談するのが難しい場合もあります。土曜日や日曜日、祝日や平日夜間にも対応してくれる仲介会社を選べば都合のよい時間に相談できます。費用の安さだけでなく総合的なサポート体制が充実している仲介会社を選ぶとよいでしょう。

 

調剤薬局がM&Aを行う方法には株式譲渡と事業譲渡があり、買収を行う方だけでなく、される方もメリットを得ることができます。M&Aでは仲介会社など専門家と業務委託契約を締結するのが一般的ですが、成功報酬のほかにもさまざまな費用が発生します。必要な費用や具体的なサービス内容には仲介会社ごとに違いがあるので、比較検討して最適な会社を選ぶとよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム