人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

M&Aを成功させるには?譲渡価格の算出方法についても解説!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/12/02

M&Aを成功させるためには、予備知識として身に着けておくべきことがあります。仲介業者に任せておけばM&Aは進むと思うかもしれませんが、成功するかどうかはまったくの別問題です。まずは、成功のポイントや譲渡価格を算出する際の指標などについて、売り手として必要な知識を取り入れておきましょう。

M&Aを成功させるポイントは?

M&Aを行う際は、売却額だけ考えても成功するとは限りません。売却額以外にも、期限を決めるなど3つのポイントを抑えておく必要があります。

期限を決めて売却する

M&Aを成功させるためには、期限を決めることが大切です。なぜなら、周囲の環境や薬局の状況は絶えず変化していくからです。

一番よい時期に売却したいという気持ちは分かりますが、先延ばしした結果、業績の悪化などで売却のタイミングを失うことがあります。M&Aを成功させるためには、目標とする期限をしっかり決めておきましょう。

薬局を支えてきた従業員の待遇

今まで薬局を支えてきた多くの従業員は、売却後も売却先の従業員として働きます。従業員は、売却された後の待遇面が非常に気になります。

とくに、給与やボーナスについては生活に直結することですから、かなり心配になるでしょう。今後も従業員が安心して働いていけるように、雇用条件などは必ず契約前に話し合うようにしてください。

売却先の決め方

高く売却できるところがよい売却先とは限りません。仮に高く売れても、今までの方針を大きく方針転換させ、今までの顧客や従業員を疎かにする可能性があるからです。ポイントは、買収しようとする会社の経営理念と、自社サービスをどう考えているかです。

M&Aを進めるうえで、何度かトップ同士の会談があります。こういった場は、相手の思いを聞ける貴重な時間ですから、経営理念や自社サービスについての考え方を伝え、相手の話を聞いたうえで、安心して任せられる人に売却を検討しましょう。

譲渡価格を算出する際の指標とは?

そもそもM&Aに基準となる譲渡価格の算出方法はありませんが、一般的に使われている指標は、インカムアプローチ、コストアプローチ、マーケットアプローチの3つです。

インカムアプローチとは、売却対象となる会社の将来を見据えた算出方法です。たとえば、収益面やキャッシュフロー、さらにはリスク面を加味し会社の価格を評価していきます。この方法の中にも種類があり、代表的なのはDCF法です。

コストアプローチは、売却対象の純資産から会社の価値を評価していきます。この方法にも種類があり、大きく分けると時価純資産価額法と修正簿純資産法の2つに分類されます。

時価純資産価額法の場合は帳簿(資産と負債)を基に時価で評価する手法です。修正薄純資産法は一部(不動産や有価証券など)を時価評価し、残りは帳簿の数字から価値を評価します。

マーケットアプローチは株式市場を基にした算出方法で、上場企業と非上場企業で異なります。上場企業は市場株価法、非上場企業はマルチプル法です。

市場株価法は、あらかじめ評価基準日を決め、前後の期間の取引所終値を基に平均値を算出します。マルチプル法は、似たような上場企業を探し、その企業の株価や純資産額を参考に算出していきます。

できるだけ高く売るにはどうすればいいの?

M&Aで高く売るためには、いくつかの条件があります。条件に当てはまれば、高く売るチャンスはあるのでぜひチェックしてみてください。

利益と強み

現在、利益を得ているのであれば充分高く売れる可能性があります。利益が出ているということは、顧客などが確保されている、商品やサービスに魅力がある証です。また、利益を生む体質は会社にとっての強みといえます。

会社の健全性

薬局の健全性も高く売れるかどうかを左右します。たとえば、訴訟の有無や契約履行状況といった法務的なものや、債務などの財務状況です。利益が大きくても、潜在的なリスクは評価額に大きく影響します。最悪の場合、取引中止になるので日頃からチェックしておきましょう。

積極的なアピール

買い手に自分の薬局をアピールすることは、売却する上で非常に大切なことです。直接、経営者が伝えることも大切ですが、薬局の概要や事業に関して一目で分かるような企業作成書を作っておきましょう。企業概要書からは、詳細だけでなく売り手側の気持ちも伝わります。

譲渡所得も重要なポイント

売却金額ばかり気にせず、売却に関わる経費にも着目しましょう。経費分を無視していると高く売却しても最終的な取り分は減ってしまうので要注意です。

M&Aを行う際は、仲介手数料や税金、そして買い手側の調査でかかるデューデリジェンス費用などが必要になります。各費用の相場を事前に調べて、譲渡所得が確保できるようにしましょう。

 

M&Aを成功に導くためには、さまざまな観点からM&Aを理解する必要があります。高く売却することも大切ですが、薬局自体の存続や従業員の生活、そして自分の取り分にも着目しておきましょう。また、パートナーとなる仲介業者の存在も大切です。希望に沿った形でM&Aを進められる仲介業者を見つけてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム