人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aに強い会社の特徴

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/11

最近では調剤薬局を取り巻く環境が急激に変化しており、調剤薬局のM&Aが進んでいます。医療現場の制度変更などの影響で薬局を手放す経営者、さらには薬局の買収を考える企業にとっては、最近のトレンドであるM&Aに強い会社を選んで交渉を進めたいと考えている方も多いことでしょう。そこで今回は、調剤薬局のM&Aに強い会社の特徴をお伝えします。

調剤薬局のM&Aの実績が豊富にある会社

調剤薬局のM&Aに強い会社の特徴の一つは、案件を扱った実績が豊富であることです。とくに薬局の買収や合併に関与した数や仲介した数が多ければ、具体的な数字を外部に向けて発信しているのが確認できるでしょう。たとえば、ホームページがある会社で調剤薬局のM&Aをアピールしたい会社であれば、実績数などを載せていて確認できるかもしれません。

また、手掛けてきた案件の数だけで判断するのではなく、確認が可能であれば、案件の種類などにも注意するとよいでしょう。調剤薬局のM&Aといっても、それぞれの状況には差があるため、規模や展開の仕方が同程度の会社の実績も大切になるからです。

たとえば、調剤にかかわる報酬は、医療費の改定などの際に患者負担を軽減させるなどの目的で高い頻度で調整が加えられています。政府の方針では、利便性を考えつつ、薬局の数を減らして効率よく調剤業務を行える方向で調整が加えられているので、経営難に陥る薬局も出てきており、金銭的な面で薬局を手放す場合も多くなっています。

また、どの業態でもいえますが、とくに中小の企業や店舗の後継者不足は大きな問題となっているようです。いくら経営基盤が盤石とはいえ、肝心の後継者がいないことで泣く泣く経営権を手放すケースもあります。このように合併や買収の案件には経営者・買収側のさまざまな状況や思惑が絡んでいるので、実績数だけを考えて強い会社とみるのは難しいでしょう。

M&Aにかかる料金体系を明確にしている会社

一口にM&Aといっても、案件の規模ややるべきことには差があるため、実績のない会社はさまざまな要素をヒアリングしないと料金の見積もりを出すことが難しいかもしれません。一方、実績が豊富にありM&Aに強い会社であれば、過去の案件から的確な料金体系の提示が可能なことが多いものです。

料金体系を明記している会社であれば、あらかじめ費用が決まっていることで、依頼する側も安心して案件の相談ができ、実績の多さにもつながることも考えられるでしょう。料金体系に関してM&Aに強い会社では、成功報酬型の料金を提示しているところがあります。

成功報酬型は、依頼者側が希望した結果が得られた場合に初めて報酬を支払う仕組みとなっているので、請け負う側の会社は成約に至らないと利益を出せないどころか、それまでにかかった費用や人件費が無駄になります。そのため、買収や合併にこぎつける技量がなければ、そもそも成功報酬型で提示すること自体が難しくなるでしょう。成功報酬型で請け負ってもらえる案件は、売却に至る成功率が高く、薬局の買収や合併までの期間を短くできるメリットがあります。

しかし、料金体系を明確にしていたり、成功報酬型をうたっていたりする場合でも注意が必要です。そもそもの料金や成功報酬にかかる手数料が高めに設定されている場合があるためです。依頼する場合は、同様の実績がある会社同士の金額などを比較することをおすすめします。

信頼性と安心感を持てる基盤がある会社

調剤薬局のM&Aに強い会社を選ぶ場合には、実績や料金設定に表れない部分にも注意を払うことが大切です。調剤薬局は医療制度の改革のほか、大手の薬局が参入していることなどが絡み、事情が複雑なことが多い傾向にあります。買収や合併を望む理由としても、経営環境の厳しさが増していること、後継者がいないが地域の病院やクリニックとの連携の問題で何らかの形で経営を続けていかなければならないことなど、一つ一つの案件に違いがあるためです。

それらの状況が明るみに出てしまうと、従業員を不安にさせたり、退職の引き金になったりする可能性があるだけでなく、まとまりかけていた交渉が決裂してしまう可能性もあります。そのため、情報管理能力がある会社かどうかも見極めの要素です。

最近の会社では、個人情報を扱う際の規定やどんな仕組みで情報を守っているかなどについて、ホームページなどで記載していることもあるので、確認できるでしょう。

加えて、近年の調剤薬局の買収や合併の案件が複雑化していることから、さまざまな士業関係者や地域を超えた金融機関などとの連携ができるかどうかで局面が異なってくる場合があります。M&Aを行う会社は、企業によって得意分野が違いますし、知識や会得してきたテクニックなどにも差があるものです。それで、専門家や金融機関などとのネットワークの有無や幅広さを見極めるポイントとすることも必要です。

 

調剤薬局のM&Aに強い会社かどうかは、実績数でおおよその判断ができますが、かかわってきた案件の規模や種類なども考慮することが大切です。さらに、料金体系を明確にしたり、成功報酬型が可能であったりする会社もポイントとなります。加えて、情報管理能力や専門家などとのつながりの広さを選ぶ指標にすることも必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム