人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

積極的な大手調剤薬局のM&Aの動向内容とその結果について

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/20

調剤薬局業界において2018年度に改正された「報酬・薬価制度」によって、大きな動きがありました。業務体系の見直しなどが遅れると従来のように、利益を上げられないところもあるでしょう。

M&Aによる買収や売却も制度改正に対応することが必要で、業界の動向を把握することによって買い時や売り時の見極めなどを行う必要があります。

近年業界のM&Aは積極的に行われている

調剤薬局業界の動向として、薬価や報酬制度などの改正によって利益が落ち込むことが予想されています。近年、業界のM&Aは積極的に行われています。買い手と売り手はいろいろな理由から譲渡や買収を望んでいて、買い手の場合業界における生き残りを目的に薬剤師の導入や薬局への移行などが目的です。

売り手の場合個人経営薬局での後継者問題などを解決したり、グループ内の店舗売却によって従業員の雇用を維持することができます。買い手は2018年度診療報酬改定によって、厚生労働省は薬局への切り替えを積極的に推進している動向があります。

調剤報酬が引き下げられる薬局は生き残りを図るため、かかりつけ薬剤師を導入したり薬局への移行を推進中です。そのため業界では買収が増えていくと予想されるでしょう。買収先は個人経営の薬局がターゲットになり、個人や中堅グループの薬局を対象にして地域ケアを行うことができる薬局が増えています。

大手や中堅グループ企業はスケールメリットなどによる利益を得ようとしましたが、利益が見込めるだろう個人薬局や少数の店を営む薬局も買収対象にしています。

中堅グループも積極的に買収していて、診療報酬の改正は2年毎から毎年に変わり、2018年改正より厳しい基準ができる可能性もあるでしょう。生き残りをかけて中堅グループも買収に乗り出しており、対象となる薬局は個人やグループ企業の薬局などです。

大手企業を中心に買収が行われている

M&Aによる調剤薬局の相場を決める基準はいくつかあり、譲渡や買収ではこれらの相場を合わせた金額が基準になります。例えば時価純資産価額の場合、価格相場を決定する指標の一つで、譲渡側が所有する資産から負債を差し引いた金額です。

資産は売り手の薬局に備わる設備などが対象で、調剤機器や調剤報酬明細書などを作成するレセプト、不動産や在庫の医薬品が該当します。時価純資産価額はこれらの純資産を換算し、価値相場を算出するものです。

営業権の場合、価格相場を決定する指標で、譲渡する薬局の営業利益から貸借対照表には記載されないリスクを引き、買収により得られる価値を足した金額になります。営業権は薬局が一年に得た利益などを企業価値として算出し、営業権は3~5年分を見込むので価格相場は一年間の営業権X3~5年で計算する仕組みです。

月の技術料や処方箋応需枚数の場合、月の技術料や処方箋の応需枚数などで、ひと月の調剤技術料を把握すると売り上げに占めるような技術料を算出することができます。処方箋を受け付ける枚数などを知ることから、薬局の売上を把握することが可能です。

価格相場の決定に関して技術料や処方箋の応需枚数などが重要視されるでしょう。跡継ぎ問題やスタッフの雇用問題などに関連して、さまざまなエリアにおいて譲渡や買収などが行われている傾向があります。

売り手と買い手にそれぞれメリットがある

M&Aで薬局の買収を検討する場合、どのようなメリットがあるか把握してから実行することをおすすめします。買収で得られるメリットはいくつかあり、仕入れ額を抑えることができたり、従業員と取引関係を確保することが可能です。短期間で開業することができ、薬の管理による患者の囲い込みを行うことができるでしょう。

売り手の場合M&Aで薬局を売却し事業を手放す場合、メリットとして後継者を見つけることができたり、創業者利益を得ることが可能です。雇用と取引を引き継ぐことができ、グループ薬局の力を得ることができるでしょう。調剤薬局のM&Aは一般的に6カ月~1年の期間を要します。

最短で1~2カ月という例もありましたが、短期間で完了することはほとんどないです。多くの経営者は短期間で完了を望みますが、交渉が長引くケースもあります。交渉が長引く原因として、落ち込んだ業績や高い譲渡額、権利関係の交渉などがあげられます。調剤薬局業界のM&Aは近年増加する傾向にあり、薬価改定などによって業界の状況は変化していくでしょう。

買い手は買収に対して慎重になるケースが多く、M&Aを検討する際タイミングや取引価格などについてよく確認することが求められます。赤字経営である薬局もこの仕組みを利用することができ、適切な時期や価格で実施することがポイントになるでしょう。

 

調剤薬局業界においてM&Aが増加している動向があり、大手企業は積極的に買収を行っています。売り手と買い手にそれぞれメリットがあり、跡継ぎ問題を解決することができたり、従業員と取引関係を確保することが可能です。適切なタイミングや価格で実施することが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム