人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aで何が解決できる?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/02/18

調剤薬局のM&Aを実施することによって、様々なメリットがあるといわれています。

実際に実行することによってどういったことが解決できるのかをしっかりと理解することが大切です。

自分なりに勉強し知識を深めておくことは、実施を検討する上で非常に重要といるでしょう。

 

事業承継に関する問題解決ができる

代表的な利点は、事業承継に関する問題を解決できるところです。

事業承継といいますのは、企業の運営管理を後継者へと継ぐことを意味しますが、今日の時点での薬局の業界におきまして、後継者不足に関しては業界全体を通してとても大きな課題になっています。

1980年代において、医薬分業が進みました。

医薬の処方及び調剤を分業させ、個々に医師及び薬剤師という専門家に取り扱わせるようになった動きになります。

このことが進行してから黎明期となっており、日本各地で薬局が開業してから多くの年月が経過しようとしています。

黎明期に開業されている店のオーナーも高齢者です。

引退に向かって後継を見つけ出すタイミングを迎えています。

そして、後継には一般的に考えて子供に引き継いでもらう、社員に引き継いでもらうという2つのメソッドがあります。

いよいよ子供に引き継いでもらおうと考えても、子供に関心を持っている道に進んでほしいということで戸惑っている方であるとか、この先に推測できる経営難へと直面させるのは気後れする方、子供に継いでほしくても会社の経営者としてのクオリティがないから託せないと考えている人も少ないとは言えません。

社員に継いでもらおうとする人もいますが、資金の面での問題ではかどらない傾向が見られます。

中小零細企業の会社の経営者はオーナーであることが大半であることから、自分の会社の株式を自分自身で持ち合わせています。

社員に経営権を引き渡すには株式を引き取ってもらうことが求められ、資金が必要です。

 

会社に寄与した創業者の利益確保ができる

また、創業者の利益を確保することができるところもM&Aの有利性です。

創業者の利益は総利益より税金及び従業員にかかる費用などの諸経費を引いたものです。

入手法として株式公開それから、廃業、M&Aがあります。

株式公開に関してはシビアな審査が必要となり、1年で数十社しか実行できません。

そのため株式公開を介しての利益を享受することは簡単ではありません。

清算は会社組織が担っている業務を中止し、法人格を消滅させる一連の手続きになります。

これについては、残存している企業の財産を整えて、負債等を払って残された金銭を創業者が得られます。

しかしながら、換金処分により浮かび上がった額に法人税等と、個人の財産に求められる配当課税、株式譲渡損益と関連する課税がかかるため、資金が削られます。

後継がいないから清算したら、資産自体がマイナスになり借金を背負ったといった場合もあります。

しかしながらM&Aを行うと、資産評価の面でアドバンテージに働く上、分離課税によって税率についても抑えられます。

それに加えて、株式譲渡といったスタイルが主流なことから、売却の部分に20パーセントをカットした部分が手元に残ることになります。

清算に関しては自分の会社を廃業することに対し、M&Aにつきましては自分の会社の売却ですから、手に入れられる資金という視点によってみればM&Aのほうが奨励できます。

ほかにも、手にした資金を活用することによって新しい事業立ち上げの資金にするなど、将来に向けた生活資金に充てられます。

 

資金面と信用面で大きなプラス効果がある

さらに、資金を調達する力の向上につながります。

買い手サイドの会社組織の世間的な信用度が非常に高いケースになると、M&Aを活用することによって買い手の会社の子会社となることを通じて、自分の会社に対しての信頼度が上昇します。

結果的に、多種多様な金融機関サイドからの資金調達が簡単となります。

あらためていうまでもなく、買い手の会社組織からも融資を受けることができることから、そのことによってビジネス拡大の局面も拡がっていきます。

 

現実にM&Aを行う状況でのメリットは 第一に、後継者がなく廃業の危機的状況に瀕していた薬局のケースでは、契約を締結した会社が新しいオーナーになるため後継の心配が不要になります。

実際に後継者を見い出そうとしても、株式などを引き取ってもらう必要性が生じたりするため自分自身で後継を探すのは困難を伴います。

そういうような心配をすることが不要になります。

それに加えて会社の発展に寄与した創業者の利益を確保することができます。

ほかにも傘下に入ることを通じて、金融機関においての信用度が高まり融資を受け易くなります。

買い手を介しても融資を受けることができることから、資金調達が楽になり新たな形での試みをスタートさせやすくなることもあり得ます。

資金のみならず、買い手サイドのコネクションなども活かすことが可能なので過去自分自身では開拓することが叶わなかったフィールドにも事業拡大させるチャンスが可能性としてあります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム