人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局の中小M&Aで手数料が壁になっている理由

公開日:2020/01/15  最終更新日:2019/12/25

M&A・事業譲渡の中でも増加中といわれているのが中小の調剤薬局ですが、業界内の現状や店舗を売却もしくは買収する理由を明確にすることも重要です。その半面で、中小の調剤薬局のM&A・事業譲渡は少ない利益や医療分業率の停滞などが理由で縮小されるともいわれています。

小規模事業者が中心で市場は縮小の見込み

調剤薬局業界の現状では忙しない動きを見せているといいますが、これは廃業に伴うM&A・事業譲渡をはじめ、薬剤師不足や薬価および調剤報酬の改定などが理由として挙げられるものです。

さらに、この業界は個人経営の薬局や規模が大きくても10店舗程度の中小の割合が多く、大手が占める割合が少ないのも特徴で、大手の調剤薬局の市場シェアは伸ばせていないのが現状です。調剤薬局業界の調剤利用費に注目した場合、市場規模は維持されているように見えますが、実際には市場規模は縮小することが予測されているのも現状といいます。

市場が縮小するのではないか、このようにいわれている理由は少ない利益および医薬分業率の停滞が挙げられます。医薬分業率は増加しているけれども、目立った上昇が起きていないことからも新規店舗が少ない、調剤薬局業界の動向からは医薬分業率の停滞が見て取れます。

ちなみに医薬分業とは病院の医師や歯科医師および薬剤師、それぞれの専門家により医薬品の使用のダブルチェックを行い、患者さん一人一人に処方する薬の効果や安全性を一層高めるための制度を意味するものです。

他にも、薬価の改定や調剤報酬の引き下げにより利益率が減る、個人薬局などの小さなお店では薬剤師の雇用や獲得が難しい、経営者の高齢化が進んでいる、追い打ちといわれているドラッグストアなどの参入もあります。

調剤薬局事業を行うドラッグストア

個人経営のお店などの場合、高齢化が進んでいるのにも関わらず後継者が見つからないケースも少なくありません。

また、小規模の調剤薬局の場合は、かかりつけ薬剤師の定着率も低く人材不足になっていることも多いようです。そのため今後もお店を残しておきたいけれども後を継いでくれる従業員がいないので悩みを抱えている経営者も少なくないのが現状です。

こうした悩みを解決するのが事業継承でありM&Aの一つのやり方でもある株式譲渡による会社売却です。株式譲渡の場合は、親族や社内の後継者だけなく他の会社にも譲渡することが可能です。現在後継者が見つからないで悩みを抱えている場合は、M&A仲介業者への相談を行い、新たな買い手になる会社を見つける方法がおすすめです。

中には大手の調剤薬局が買い手になることもあるので、高額な売却利益を手に入れるチャンスも出てきます。ただ、業界にはドラッグストアの参入があることも把握しておきましょう。M&Aでの譲渡を考えるときには、薬局事業を専門にしている会社だけでなくドラッグストアの動向も抑えておくことが大切です。

ちなみに譲渡する薬局を購入したい会社は新規マーケット開拓の効率化を図りたい、人材確保などの目的があり希望するといいます。遠隔地にマーケットを広げたい場合や他県に店舗を出店したい場合、異業種からの参入を検討するなどの会社から注目が集まっています。

調剤薬局M&Aのメリット・デメリット

調剤薬局のM&Aのメリットには利用客のためにお店を残せる、雇用や取引関係が継続する、資金力を持つ企業に事業譲渡することで人材不足をカバーできる、個人補償や担保を外すことができるなどが挙げられます。

デメリットには従業員の離職や医療機関からの理解が得られにくいなどが挙げられますが、一番は買収してくれる会社が見つからなかったり、M&Aの仲介会社を挟まないと安い譲渡価格を提示されてしまうなどではないでしょうか。

また、仲介会社に依頼すると高い手数料を支払わなければならない、これも壁になっている一つといえましょう。事業譲渡のためのM&A仲介会社を選ぶ際のポイントの中には、仲介手数料を安く抑えることができるのかどうかも重要です。そもそも調剤薬局は専門的な業界でもあり、手数料は高めになりこれが壁になっていることも多いのです。

しかし、おすすめのM&A仲介会社は調剤薬局業界に特化していること、その実績は2009年からの10年以上になること、さらに1店舗のみの場合は手数料が無料などのメリットもあります。

おすすめのM&A仲介会社の強みは成功率100%の実績がある点で、規模的には数千万円の後半から1~2億円などの調剤薬局1~2店舗での譲渡実績を持つ会社です。尚、対応エリアは不問ではありますが、首都圏を中心に都市部の調剤薬局のM&Aを手掛けています。

 

後継者が見つからないなどの理由で、薬局の事業譲渡をM&A仲介会社に依頼するケースが多くなっています。ただ仲介会社に依頼するとなると高額な手数料がかかる、これも悩みの一つになっているようです。しかし、おすすめの仲介会社は1店舗なら手数料無料、一度相談されては如何でしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム