人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aをする際の手続きとは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/04/28

調剤薬局は高齢化への道を歩んでいる日本にとってはますます需要が高まっていく施設といえるでしょう。ところが人手不足となっているのも事実です。そういった問題を解決する手段の1つがM&Aです。ここでは調剤薬局のM&Aをする際の手続きについて解説していきます。

M&Aによって後継者不足の解消が図れる

調剤薬局がM&Aをすることによって得られるメリットはたくさんありますが、その中の1つに区傾斜不足の解消があります。冒頭にも書いた通り、調剤薬局を運営するためには薬剤師の免許を持っている人が必ず必要であることから、限られた人材での運営を余儀なくされます。

しかしながら 郊外では薬剤師の免許を所有している人の絶対数が少ないので、後継者がなかなか見つかりません。後継者が見つからなければ自分の代で店を閉めるしかなくなります。しかし調剤薬局は地域にとても密着した施設なので、閉店すると困る人もたくさん出てきます。

ですから高齢者が多い土地で運営している人は自分のことだけではなく、市域に住んでいる人たちのことも考えると、店を閉めたくないという思いが強いでしょう。

一方で調剤薬局はこれからも間違いなく需要が高まる施設です。郊外に一店舗だけというところであれば、競合店もないため人口が減らない限りは確実な収益が見込めます。地域に密着していて地元の人に愛されている店舗であれば、必ず欲しいと手を挙げる企業が出てくるでしょう、そこでM&Aによって買い取ってもらうことで人材を派遣してもらえばお店は占めることなく運営し続けることができます。

まずはコンサルタントの選定から

調剤薬局のM&Aは専門的な知識がたくさん必要なことから、自分たちだけで進めていくのはほぼ不可能です。したがってコンサルタントをはじめとした専門家の協力を得ることが必要になります。

そのためまずは協力してくれるコンサルタントを選定していかなければいけません。各コンサルタントのホームページを確認しながら、気になった温サルタン途へ実際にコンタクトを取り、手続きについての相談をおこないます。相談をしたコンサルタントには自分の会社の情報を伝える必要がありますが、これらの情報は悪用されると自分の会社の存続が危うくなるほどの重要なものです。

したがって「秘密保持契約」という契約を結び、提供した情報を故意に他人に漏らしたりしないように約束を取り付けることが必須です。秘密保持契約を結んだあとは、実際に買収してくれる企業の選定に入ります。

ここで重要となるのが売却価格です。できるだけ高い金額で売却できればそれに越したことはありませんが、あまりに常識とかけ離れた額だと買い手があらわれません。コンサルタントのアドバイスを聞きながら客観的な目線で売却価格を設定しましょう。適正な売却価格を算出するためにコンサルタントは偉業価値評価の選出を実施します。

ここまでの手続きが終われば、実際に仲介業務に入りますが、その前に「アドバイザリー契約」という契約を結びます。この契約を結ぶことでお互いの権利義務関係を明確にし、本格的に仲介業務を実施することが可能になります。

譲渡期先の選定から実際に売買契約を結ぶまで

アドバイザリー契約を結んだあとは、まずどういった企業に譲渡した以下の選定をおこないます。譲渡先の選定ではコンサルタントが保有している企業のリストの中から、自分が設定した条件に見合う企業を数十社程度選びます。

そしてその中から特に高い効果が見込める企業や、自分たちの店舗の強みについて深く理解しているような企業をピックアップしていきます。売却する企業の選定が終われば、実際にその企業に対してコンタクトを取り、具体的な交渉に入っていきます。

M&Aでは売り手だけではなく、買い手側も何らかの利益を求めているので、自分たちの利益だけを追求するのではなく、譲渡予定の企業が提示する希望も聞きつつ、コンサルタントと相談しながら双方が納得する落としどころを見つけていくのが交渉を成立させるためのコツです。交渉が成立すれば契約を結んで譲渡手続きをおこない、M&Aを実施します。

 

調剤薬局は少子高齢化に向かっている日本にとって必要不可欠な施設ではありますが、その一方で慢性的な人手不足に悩まされています。特に人口の少ない場所で運営をしているお店は固形者を見つけることが難しく、何も対策を講じなければ閉店に追い込まれてしまうでしょう。しかしながらM&Aを実施することでお店を存続させることができます。

M&Aを実行するには、まず協力してくれるコンサルタントを選定する必要があります。コンサルタントから買収してくれる企業を紹介してもらい、その企業が提示した条件で異論がなければ契約して売買手続きをするといった流れになります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム