人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aのパートナー探しのコツ

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/12

諸事情により調剤薬局の経営が困難になってしまい、続けるために支援してもらいたいのなら調剤薬局のM&Aのパートナー会社を探し、譲り渡すことや続行させることを行いましょう。

初めてのことばかりで、ベストパートナーを探すためのコツを知ることから始める必要もあり、エリアや規模によって満足できる買収を行いましょう。

 

実績と同時に担当者の人柄もポイント

調剤薬局のM&Aのパートナーを探したいのなら、まずは仲介会社の特徴をしっかり確認しましょう。

大半は、大手チェーン薬局が中小の事業・株式譲渡、経営代行に乗り出すのですが、仲介会社経由であれば、この大手企業との繋がりが強固でなければなりません。

認知度の高い大手企業から直々に仲介指名がくる、こうした内容は仲介会社のノウハウが信頼されていることや、信用できるといった安心感に繋がるのではないでしょうか。

調剤薬局のM&Aのパートナー探し、利益を得るための要は請負人、仲介会社にこそあります。

世間一般に、合併や買収などのマイナーなイメージも根強く持たれていますが、売り手・買い手双方が利益を獲得できる手法を用いることができる、そうした仲介会社に相談するのがコツです。

一般的に、事業や株式を譲渡する形式なのですが、上手くいけば、大手のチェーン薬局に譲渡し、強固な経営基盤の元、運営が長きに渡り継続され、利潤を得ることも可能です。

探し方のコツとして第1にこれまでの成約実績を調べましょう。

業界1を参考にしてみれば、年間成約件数650件という成約実績があるようです。

ですが、大手という名前だけで決断してはなりません。

結論からいえば、探すコツは実績だけでなく、実際のやり取りに尽きるからです。

2人3脚で進めるにしても、担当者の経験と実績がなければ満足はできないでしょう。

誠実な会社で他社にはない安心感も必要、大手でも弱点としてコストパフォーマンスの悪さも挙げられますから、小規模となる薬局とは相性が悪いケースも無きにしも非ずです。

手っ取り早く探すには情報収集です。

公式HPを閲覧して、問い合わせや資料請求、直接会社に訪問することや、その際に経営者を対象に無料相談会を実施していれば活用してみましょう。

多くの時間がかかりますが、優秀なパートナー探しのコツでもあります。

大手ではないにしても、担当になるコンサルタントが丁寧であれば、初めてでも安心できるでしょう。

 

スタッフが経験豊富であれば安心できる

調剤薬局のM&Aのパートナーを探すにしても、あまり周知されていない業界事情として、多くが早期に撤退してしまうなど実績のないケースがあります。

初めてならばスムーズに手続きを進めることが尚更難しくなりますが、探し方として製薬業界で実績のある会社の取り組みを確認すること、先に述べたように仲介会社にサポートを依頼することがポイントです。

初めてであったり、小規模の薬局であるならば、探すコツとしてコストを最小限に抑えられる良心的な料金システムが導入されている会社を優先的に選びましょう。

また、調剤薬局を中心としたM&Aの仲介事業を展開する中でも差別化がカギを握ります。

それが担当者であるスタッフの質にもいえる内容で、製薬会社・調剤薬局・医療機関などでの勤務経験を持つスタッフばかりで構築されている会社の情報を仕入れましょう。

好意的であるなど、医療系雑誌にも取り上げられていたりします。

また、会社によって得意とする買収方法には違いもあるので、やはり過去の買収事例や方針を早めに確認しておくことは忘れてはなりません。

調剤薬局のM&Aでは、コスト面を考慮すべきと指摘されていますから時間をかけて担当者と話すことが大事です。

仲介会社の数が多いエリア、特に首都圏においては、買収プランを多彩に用意しているのかコストパフォーマンスなどの特徴もしっかり調べておきましょう。

 

買収後までサポートしてくれること

首都圏などの主力都市で、初めて調剤薬局の買収を考えているならば、頼れる存在を探す必要があります。

仲介会社に相談するのが最適ですが、トータルサポートが優れているのか、しっかり判断しましょう。

色々とサポートを付ければ、また情報収集するにも出費が大きくなることもありますが、その分、十分に比較や検討するなど、冷静な行動が取れるはずです。

例えば、独立開業を希望する薬剤師もいるはず、仕入れ率の改善や報酬改定対策のコンサルティングなど、一歩踏み込んだサポートができる特徴を持つ、そうした会社もあります。

自らが薬局運営まで行っている実績や経験があるからこそ、またこれまでに培ったネットワークがあれば、競争率の激しい首都圏エリアでも成功できます。

 

調剤薬局のM&Aのパートナーになってくれる優良会社を探すためのコツは、やはり薬局業界に精通する仲介会社を間に立てるということに尽きます。

その際にポイントになるのは、成約実績であるなど、相談者のサポートやサービスを提案する担当者の質、経験などが挙げられています。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム