人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

大阪地区でおすすめの調剤薬局M&A会社 3選

公開日:2018/10/01  最終更新日:2018/11/01

調剤薬局業界のM&Aが現在活発になっていますが、M&Aの成功は双方に大きなメリットがもたらされます。
鍵はベストマッチングですが、そこには業界に詳しく情報ネットワークに長けた専門のM&A会社の存在が必要不可欠です。
ここではそんなM&A会社の中から、大阪地区でおすすめの会社に注目しています。

 

マッチングの品質にこだわる力と情熱の会社

【詳細】

会社名:株式会社日本M&Aセンター

住所:〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー36階

連絡先:06-7669-9600

 

日本M&Aセンターは、M&Aのゴールを成約ではなく、その後同じビジョンを持って新たに成長して行くことと捉えています。
経営者にとって、関係するすべての人たちが幸せになるために尽力してくれる企業姿勢は、頼もしい限りでしょう。
最高のM&Aを導くために、会社を理解し、課題を分析し、ベストな相手とつないで未来を創造します。

中小企業M&Aの支援を手掛けて27年の実績があり、経営者の考えに寄り添い強みを見出すことを大事にしています。
成約実績は累計4000件にも上り、年間成約支援数は649件にもなりますので実力は十分でしょう。
熟練のコンサルタントが顧客と二人三脚で課題を乗り越えます。

マッチングを成功させるのは、全国の地方銀行9割、信用金庫8割、会計事務所約730との提携から生まれるネットワーク力です。
大阪のみならず海外も含めた8拠点体制で、業界最大級のネットワークを構築しているのも魅力です。
PMIについても独自手法を提唱するなど、成約後の在り方にも力を入れているのは、企業が存続発展することを第一に考えているからでしょう。

依頼する際、譲る場合は調査資料作成開始時に、買う場合は情報提供開始時に着手金を支払い、成約時に成功報酬を支払う料金体系です。
成功報酬の設定は、1億円~5億円5%、5億円~10億円4%、10億円~50億円3%、50億円~100億円2%、100億円~1%となっています。
まずは無料で相談することができますので、webから申し込むか、フリーダイヤルから相談するのがおすすめです。

 

調剤薬局のM&Aを関西エリアでお考えならば

【詳細】

会社名:MACアドバイザリー株式会社

住所:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング8階

連絡先:03-5532-2511

 

ドラッグストアをはじめ調剤薬局を有効的に活用する企業が非常に多くなっています。
このような状況下で調剤薬局をM&Aしたいとお考えの方にとってとても強い味方となってくれる会社があります。
その会社の名前はMACアドバイザリーです。
関西エリア特に大阪での調剤薬局をM&Aしたいと考えの企業や病院などに対して、非常に有益な情報をこの会社は提供する事が出来ます。
従来のM&Aに必要な労力をこの会社は全て引き受けて、M&Aを成功へと導いてくれます。

MACアドバイザリーの強みは何と言ってもドラッグストアや調剤薬局のM&Aに特化して活動しているところです。
これらの薬局系のM&Aに関して、メリットもデメリットも全てこの会社はきちんと把握して活動してきた実績が豊富です。
クライアントの中に、調剤薬局のM&Aを何度もリピートして依頼しているクライアントが多くいるのも頷けます。
MACアドバイザリーではクライアントに対してはもちろん、調剤薬局やドラッグストアに対してもwin to winの関係でM&Aを多く進めてきました。
買い手と売り手、合併する側と吸収される側、これらの全てに対してきちんと配慮できる事ができる点もこの会社の魅力の一つとなっています。

この会社にはM&Aの実績が豊富なスタッフが揃っています。
この会社に相談をすればドラッグストアや調剤薬局のM&Aにおいて最良の提携先などをきちんと探し出してもらう事が出来ます。

 

調剤薬局成約実績累計100件以上の頼れるパートナー

【詳細】

会社名:株式会社CBパートナーズ

住所:〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜3-2-12 北浜永和ビル3F

連絡先:06-6484-5365

 

CBパートナーズは、医療・介護・薬局業界に特化し、最適なパートナーとのマッチングを提供するM&Aの実力派企業です。
調剤薬局の経営には業界特有の様々なリスクが存在しますが、そうしたリスクに対して培った専門知識と全国ネットワークで解決策を提示します。
全国主要都市に展開するCBホールディングスのネットワークを駆使し、スピーディに最適なマッチングを行うのが魅力でしょう。

顧客に寄り添う営業姿勢にも定評があり、現場を理解しているからこそできるきめ細やかなサービスが強みです。
顧客の要望に出来るだけ沿う形で、様々な解決策を提案する実力があります。
グループ全体に蓄積された情報力で、成約後も安定した事業運営ができるよう、熟練のアドバイザーがフォローまで行うのは頼もしい限りでしょう。
多くの経営者から戦略的な経営拡大や創業者引退に伴う承継問題などの相談を受け、可能な限りの企業努力で友好的なM&Aの仲介を行っています。

前身が医療・介護業界に特化した人材紹介サービスの会社ですので、人材サービスとM&Aを組み合わせた経営支援を行えるのが大きな特徴です。
CBパートナーズで成約に至った経営者達は、肩の荷が降りて笑顔が増えた、従業員を守り展開を加速させることができたと実感しています。
事業に関わる全員のwin-winを考えるなら、是非パートナーに選びたい会社です。

 

2016年以降、調剤薬局業界ではM&Aが非常に活発になっています。
多くは大手が中小や個人経営の調剤薬局を買収する形で成約に至っていますが、今後もこうした動きは更に活発になる見込みです。
薬局を手放す決断をするオーナーが増えれば、いずれM&Aも売り手の供給過多となるでしょう。
迅速な判断を行うためにも、信頼できるM&A仲介会社を探し、現時点の価値を査定するなど対策が必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム