人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aのメリットとデメリットは?

公開日:2018/09/01  最終更新日:2018/09/19

調剤薬局のM&Aは、今や業界内で活発に行われており、採算が取れない部門を適切な時期に売却したり、後継者不足の問題を解決したりするうえで大きなメリットがあります。一方、売却の方法によっては、現場でスタッフから不満が出やすいといったデメリットもあり、慎重に買収の是非を検討する必要があります。

 

 

 

 

後継者がいない小規模の薬局の経営者も安心

薬局の売却は、後継者不足の悩みを抱えている各地の小規模な薬局の経営者の間で魅力的な取り組みの一つとして位置づけられています。特に、経営状態の良い大手の薬局に売却をしてもらうことで、創業者利益をしっかりと得ることができ、ハッピーリタイアメントを考えている人にとって大きなメリットがあります。最近では、薬局の買収に抵抗を感じない経営者も増えており、業界内では頻繁に専門的なセミナーが行われることもあります。薬局の買収のタイミングについては、多くの経営者にとって把握しづらいことがあるため、こうしたチャンスを利用しながら、必要な情報をキャッチすることがおすすめです。

また、薬局の売却価格については、相手方との交渉によって大きな差が出ることもあり、場合によっては仲介業者に相談をすることで、希望通りの手続きを進めることが可能になります。なお、薬局の店舗の立地や築年数などは、売却価格を左右するポイントとなるため、納得ができるまで色々な業者の担当者に助言を求めることが大事です。

薬局の経営の立て直しにつながることもある

薬局のM&Aは、経営不振の事業を切り離すうえで大きな利点があるため、経営の再建を目指す各地の薬局の経営者の間で関心が高まっています。例えば、調剤業務以外の事業を手放したい場合には、多角的なサービスを展開している大手の調剤薬局チェーンを相手方に選ぶことで、短期間のうちに経営状態を安定させることも可能です。また、事業の売却に適した時期を判断するためには、様々な分野のノウハウが必要となることもあり、少しでも迷っていることがあれば、優れたキャリアを持つアドバイザーが揃っている仲介会社に支援をしてもらうのも良いでしょう。

例えば、中小企業診断士公認会計士弁護士などの専門的な資格を持つアドバイザーに相談ができる仲介会社は、様々な立場の経営者にとって、薬局の経営を立て直すうえで欠かせない存在として捉えられることがあります。薬局の経営を将来性に成功させるためには、ゆとりのある資金計画や事業のプランが必要となるため、早いうちから実績のある仲介会社の取り組みに目を向けることが大切です。その他、実際に仲介会社を通じて薬局の売却を行った経営者の口コミを参考にすることで、それぞれの会社の強みを把握しておきましょう。

現場の薬剤師が新しい職場に馴染めないこともある

薬局の買収には経営的に様々な魅力があるものの、実際に現場で働いている薬剤師をはじめとするスタッフが新しい職場の業務や雰囲気に馴染むまでに時間が掛かるという問題もあります。特に、経営方針や事業計画、業務内容などが大きく変更になる場合には、一人ひとりの薬剤師の年齢やスキル、キャリアなどに応じた研修をやり直す必要も出てくるため、薬局の買収の良しあしについてじっくりと検討を重ねることが大事です。

最近では、薬局の買収に意欲的な大手の薬局チェーンを中心に、買収先の薬剤師の能力を活かすために、業務に役立つマニュアルを作成するところも増えており、従来よりもスタッフの定着率が上がってきています。また、できるだけ人材育成や管理職登用などの制度がしっかりと整っている大手に事業売却をすることで、薬剤師のリストラなどのリスクを最小限に抑えることもできます。なお、事業の売却先の選び方について判断に迷う時には、無料相談の対応がしっかりとしている仲介会社を通じて、経験が豊富なスタッフにアドバイスを受けると良いでしょう。

 

薬局のM&Aは、様々な立場に置かれている薬局の経営者にとって、大きな魅力のあるイベントとして関心が集まっていますが、後々の問題を防ぐためには、将来を見据えて手続きを取ることが何よりも大事です。特に、薬剤師の人数が多い職場においては、事業の売却の後にスタッフが仕事に馴染めずに離職をしてしまったり新しい仕事を覚えるまでに時間が掛かったりするケースも珍しくありません。そこで、事業の売却先を選ぶにあたり、仲介会社を通じて薬剤師の教育制度がしっかりと整っている大手の調剤薬局チェーンなどに働きかけを行うこともおすすめです。なお、仲介会社によって得意分野に違いがありますが、安心してサポートを任せられるところを見つけるために、定期的に薬局の経営者を対象に実施されるセミナーや勉強会などに足を運ぶと良いでしょう。なお、事業の形態や従業員の人数によっては、ある特定の事業を売却することで、経営の立て直しにつながったり、薬剤師のリストラなどのリスクに備えたりすることもできます。そのため、十分に時間を掛けて同業他社のケースに目を通しながら、理想的な売却のポイントを掴むことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム