人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&A活用による仕入れのメリット

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/09/11

調剤薬局は、かつての個人経営が難しくなりつつあります。そのためM&Aを繰り返して事業規模を大きくすることで、その生き残りを図る傾向が強まっています。その最大のメリットは、処方薬や関係する大衆薬その他の医療関係材料などをまとめて仕入れることができる点です。仕入れの値段を安くできるため、利益を増やしやすくなるわけです。

個人経営の調剤薬局の今後と難しさ

門前薬局などで地域の医療機関などとともに発展をしてきた調剤薬局も、徐々にその経営が厳しさを増してきつつあります。少子化及び高齢化に伴い、患者数の変動が大きくなるほかに、医療機関の医師も高齢化により廃院することが増えてきているためです。

門前薬局以外にも処方薬を扱う調剤薬局では、処方箋を持ってこられるとそれに応じて処方薬を必ず処方しなければなりません。全国どこの医療機関からのものであっても受付を拒否はできず、薬の在庫がなければ取り寄せて対処を行う必要があります。

ここに限界があり、また薬の仕入れ値が上昇する原因でもあるわけです。しかしながらM&Aにより、その規模を大きくすることで、いろいろな薬の在庫を抱えたり、あるいは仕入れ値を安価に抑えたりできるようになります。処方薬はなかなか難しいのですが、大衆薬の場合は大量に一括かつ現金払いにするなどの方法で、その仕入れ値を下げることが可能です。

個人経営のところではなかなかこうした対応ができないために、利益が出づらくなっています。経営規模を大きくすることで、費用の圧縮にもなるほか、仕入れ値を下げてその結果として利益を増やすことが可能になるわけです。ここにM&Aを行うことの意味が生じます。ドラッグストアなどでこうした傾向が強まることで、大型化し利益率を上げていく仕組みができています。

収益から経費を差し引いた残りが利益です

売り上げなどの収益から、人件費などを差し引いた残りが利益になるわけですが、その費用を圧縮することで利益の増大が可能となります。M&A経営規模を大きくすることのメリットは、薬の一括仕入れなどによる経営の効率化以外にも、効率的な人員配置なども行えることもあります。

薬剤師以外にも登録販売者の配置を効率的に行うことにより、より利益を生み出せるようになっていくわけです。たとえばある地域でしか働けない事情を持つ人材であっても、規模を大きくしたドラッグストアなどで働けるようにしたり、勤務時間の調整をしやすくすることで、短時間であっても人員の適正な配置につなげやすくなったりするメリットが生まれます。

個人経営の調剤薬局ではこうした機動的な対応に限界があるため、規模の大きい薬局の方が人を集めやすくなるわけです。営利法人の場合は利益を上げることが最大の目的ですので、人件費の効率化や商取引の効率化で得られる利益を増やすことは必然です。

M&Aによる企業規模の巨大化は、この利益をより大きくすることにつなげていくものとなります。薬を大量に仕入れておき、傘下の店舗などに効率よく配送することで仕入れ値を抑えやすくすることが可能となるのです。このことは仕入れ値の減額による利益をより大きく生み出すことにつながります。企業の目的達成のためには避けられない手法になりつつあるわけです。

同じ商品の大量仕入れによる減額の期待と効率化

処方薬の場合には薬の値段すなわち薬価が定められており、仕入れ値の大きな値引きができませんし、処方する際には不当な減額は禁止されているので、それほど目に見えた利益にはつながらない場合もあります。一方、大衆薬の場合は大量に購入することは販売元との交渉材料に使うことが可能です。

M&Aにより企業規模が大きければその分だけ在庫の把握及び管理もしやすくなるメリットがあり、安価で買い受けかつ適切に各販売元へと配送するといった、商機を失わずに済む経営ができやすくなります。規模が小さい場合には、売りたい大衆薬などがあってもそれほど多く仕入れることができず、商機を失う可能性がありますので、商売上、競争に負けることになりかねないわけです。

大量仕入れでさらに現金一括などの場合には、値引き枠をより大きくしてもらえる可能性が高まります。その分だけ売り上げの増大に貢献できるようになるわけです。さらにマスクなどの衛生材料品にもこのことはいえます。

規模が大きいとそれだけいろいろな商品が扱えるようになり、それが売り上げにさらに貢献していくことにつながっていきます。すなわちM&Aによる経営規模の拡大は、売り上げ増大のチャンスをより大きくしていくものなのです。人材の効率的な配置などからも費用を圧縮し、売り上げ増大につなげることで差し引いた後の利益も増やすことが可能となります。

 

M&Aによる統合では、大量仕入れによる値引きをしてもらいやすくなるほかに人員の適切な配置もしやすくなります。店舗や薬局の拡大により売り上げ増大と、薬剤師や登録販売者などの人員管理の適正化をし、費用圧縮することで利益の増大が見込めます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム