人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aの必要性とは?売り手・買い手双方のメリットも紹介

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/04/14


調剤薬局業界においても、近年はM&Aが増加傾向にあるといわれています。事業の継承に不安を持ちながらも、調剤薬局にM&Aは必要なのか、疑問を持っている人もいるでしょう。調剤薬局のM&Aの必要性とはなにか、また売り手と買い手双方のメリットにはどのようなものがあるのか、詳しく紹介します。調剤薬局のM&Aを検討している人は参考にしてください。

調剤薬局のM&Aの必要性

調剤薬局のM&Aが増加傾向にある理由は、需要が高まっているためです。経営者がどのような理由でM&Aによる売却を選んだのかを知ることで、必要性もわかってくるでしょう。

後継者問題

従来では「儲かっている」というイメージが強かった調剤薬局ですが、近年は将来的な収益の低下や薬剤師不足など、さまざまな問題を抱えており後継者がいない場合も増えているようです。後継者問題を解決する理由として、M&Aによる売却が選ばれています。

繰り返される医薬報酬の改定

医薬報酬は国によって定められていますが、社会保障費が国の歳出の1/3を占めている状況であり、今後も少子高齢化は避けられないため、さらに割合が増加することが予測されています。社会保障費をおさえることが必要になり医薬報酬を改定していますが、調剤薬局の収益に関しては、今後下がることはあっても上がることは期待できないでしょう。売却益が得られるうちに売却する必要があると考える経営者が増加しています。

慢性的な薬剤師不足

近年薬剤師は慢性的に不足しており、全国的に薬剤師の確保が難しくなっています。地方の調剤薬局ではとくに薬剤師不足が深刻で、薬剤師を確保する目的で調剤薬局の買収を行っている企業もあるようです。

調剤薬局のM&Aによる売り手側のメリット

調剤薬局のM&Aによる、売り手側のメリットについて紹介しましょう。

後継者問題の解決

小規模経営の調剤薬局では、収益が減少し薬剤師の確保が困難になるなどの理由から、薬局を継ぐことを拒否する子どもや親族も増えています。後継者問題を抱えている調剤薬局でもM&Aによる事業継承を選ぶことで、第三者の適任者を後継者として事業を継続できるのです。

創業者利益を獲得

後継者が見つからないことから調剤薬局を廃業すると、廃業コストがかかります。廃業コストを負担するだけでなく、従業員を解雇しなければならないので、再雇用に対する不安も生じるでしょう。廃業すれば経営者は負債を抱えてしまいますが、売却すれば創業者は利益を得られ、さらに従業員の解雇も防ぐことにつながります。

個人保証・担保を解消できる

規模が小さな調剤薬局なら、薬局自体が経営者名義の資産になりますが、それと同時に借入金などの負債も経営者名義の個人保証になってしまいます。しかし、調剤薬局を売却してしまえば、原則包括継承であることから、個人保証や担保まで引き継いでもらうことが可能になります。結果として、調剤薬局にかかる個人保証・担保を解消できるのです。

調剤薬局のM&Aによる買い手側のメリット

次に、調剤薬局のM&Aによる買い手側のメリットについて紹介します。

事業規模・エリアの拡大

店舗数が増えるため、事業規模やエリアの拡大につながります。これにより、大量仕入れが可能になり、仕入れ単価を下げることもでき、シナジー効果(相乗効果)を得ることが可能です。

薬剤師の確保

全国的に薬剤師の不足が問題となっていますが、M&Aによりその調剤薬局の従業員ごと買収することで、薬剤師の確保も可能になります。複数人の薬剤師が常駐している調剤薬局なら、買収後に別の地域に派遣することもできるので、買い手側としてのメリットも多くなるでしょう。

新規参入や新店舗立ち上げのリスクを減らす

新規参入や新店舗を立ち上げる場合は、建物を始め調剤に必要な器具など設備投資が必要です。しかし、事業に失敗した場合は大きな負債となってしまいます。M&Aなら立ち上げに必要な投資は最小限におさえることができ、最初から固定の顧客が存在しているため、負債リスクを軽減することができるでしょう。

ブランドの強み

M&Aの場合、その地域の信用を得ることができます。チェーン展開している調剤薬局なら、近隣地域にも数店舗展開していることも多く、ブランド化して地域の信用を得ている可能性が高いものです。このような調剤薬局のM&Aなら、ブランドや固定の顧客も得ることができるでしょう。

 

調剤薬局間の競争や慢性的な薬剤師の不足、収益の圧迫などにより経営状況が悪化していることで事業継承にも不安を感じている経営者が多いことから、M&Aにより売却を選ぶ経営者が増えています。事業継承が難しい、売り上げが頭打ちになってきた、人材の確保が難しいなどの問題を抱えており、廃業を防ぎたいと考えているのなら、M&Aがオススメです。

M&Aを成功させるためには専門知識が必要で、売り手・買い手双方のメリットを知ることはもちろん、専門的な知識や経験が豊富なM&Aの専門家に相談することが大切でしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム