人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aに依頼する意味とは?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/11

長く経営していた調剤薬局の維持が難しくなった場合は、何らかの対策をする必要があります。効果的な対策としては専門会社にM&Aを頼む方法もあって、上手く利用すれば事業を継続できるなどのメリットを得られます。

ただどのような形で行われるか知る必要があるため、特徴を理解してから仕事を頼まなければいけません。

 

事業の維持ができる

調剤薬局は人気のあるお店ですが後継者不足などの影響で、事業の維持が難しくなる場合があります。地域で必要とされる薬局を維持したい場合は、支援をしてくれる会社を利用して対応するのも可能です。

支援を頼める会社では事業の引き継ぎの相談ができるため、どのようにするべきか時間をかけて話し合えます。専門家と相談しながらおこなうので、M&Aのやり方などについて詳しく理解できます。

事業継続の支援を受ける意味としてあるのは、地域の薬局をなくさないメリットがあります。地方だと薬局が殆どない場合がありますが、そのような所の調剤薬局がなくなれば多くの人が困ります。M&Aを依頼して事業の維持ができれば、地域の人々の生活に問題を起こさないですむので安心です。

また事業を第三者に渡すのは利益を得られる良さもあるので、そのような目的でおこなっている人もいます。薬局の事業をやめるときは複雑な手続きがいるので、簡単にはできず負担が大きくなります。役所に何度も行かなければいけないため、そのような負担を軽減できるサービスは利用しやすいです。

事業を第三者に売ると現金を得られるため、大きなメリットを得られる場合もあります。廃業してしまうと何も得られませんが、誰かに譲渡すれば大金をもらえるときも多いです。薬局の維持ができて現金も得られるM&Aは便利で、上手く利用すれば十分な資金をもらえます。

 

負担が大幅に減る

事業としておこなっていた調剤薬局のM&Aをするのは、リスクを避けるためにも価値がある方法です。

例えば普通に廃業してしまったときは、お店にある薬品などを処分しなければいけません。人を雇っていたときは解雇する必要がありますが、退職金を支払うのは大変で負担が大きいです。廃業すると多くの支払いをしなければいけませんが、事業を第三者に渡せばそのような負担はありません。

事業を譲渡したときはお店にある薬品は、そのまま新しい経営者が権利を引き継ぎます。そのため処分する必要がなくなるため、損失が発生せず安心して問題に対応できます。働いている人も辞めてもらう必要がなく、そのまま継続して仕事を続けられるのでトラブルが起きません。

安心して経営をやめられる良さがあるため、M&Aを使った方法は高く評価されています。他の点で優れているのは仕事を依頼すると、作業の殆どを代わりにおこなってくれることです。自分で事業の譲渡をするのは大変で、相手と何度も交渉をしなければいけません。

専門会社に仕事を依頼すれば交渉を代わりにしてくれるため、殆ど何もしなくても権利の譲渡をおこなえます。簡単に事業を第三者に渡せるこの方法は、負担が軽い点も評価されていて人気があります。

 

M&Aで行われる具体的な作業内容

M&Aの仕事を依頼するときは、どのような形でおこなわれるか知っておくのが大切です。専門会社に相談するとまずは薬局の経営状態を調べて、どの程度資産価値があるか確認してくれます。

十分に調べて資産価値がある程度分かったら、そのお店を利用したい方を探します。殆どの作業は会社の側でおこなってくれるため、特に何もしなくても必要な対応をおこなえます。仕事を頼める会社を利用するメリットとしてあるのは、こちら側の考えに合わせて対応してくれる点です。

例えば誰に事業を譲渡するかなどは、自分で決められるので対応しやすい所があります。また事業の譲渡を相談できる会社では、手続きがしやすくなるアドバイスをしてくれるときも多いです。

事業を第三者に渡す場合は、経営状態が良いほど好条件で売却できます。そのため何らかの事情で経営状態が悪い調剤薬局でも、アドバイスを受けながら対応すれば状態を改善できます。経営状態を改善してから売れば、好条件で売却できる可能性が高くなります。

専門会社を利用しなくてもM&Aは一応可能ですが、特別な知識が必要になるので一般の方だと難しいです。仕事を依頼すれば経験豊富な担当者が、どのようにすれば成功できるか考えて手続きをしてくれます。M&Aの作業を依頼するメリットは大きく、上手く利用すれば好条件で調剤薬局を売却できます。

 

後継者がいないなどの理由で調剤薬局の維持ができないときは、サポートを受けられる会社に相談する方法もあります。事業の譲渡について詳しく相談できるため、どのようにすれば上手くいくか話し合いながら対応できます。

M&Aを頼める専門会社を利用する意味としてあるのは、手続きの負担を減らせるので簡単に対応できることです。自分で事業の譲渡をおこなうのに比べて負担が軽く、簡単に問題に対応できるので仕事を頼める会社を利用するメリットは十分にあります。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム