人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

メールで調剤薬局のM&Aの相談をすることは可能?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/14

調剤薬局のM&Aのことを自分で調べることも大切ですが、専門知識を持つ方に相談して、わからないことを教えてもらえる環境を見つけることもポイントです。メールで調剤薬局のM&Aの相談をできるところもあるため、まずはメール相談をしてから相談会へ参加するかを考えてみるなどして、次の段階へ進めるステップにしてみましょう。

秘密を守ってくれる仲介会社に相談する

調剤薬局の経営はずっと安定していても、経営者の高齢化により引退すると後継者がいない状態となってしまうところもあります。後継が育たないままにはなかなか引退もできないと、体力・体調面で無理をしながら働く方もいるでしょう。そんなスタッフ後継者不足の問題を解決する方法の一つに、調剤薬局M&A仲介会社にサポートしてもらう方法があります。

うまく交渉を進めていくことができれば、薬局を守って引退もできるようになります。薬剤師の雇用を守ることも重要ですし、老後のまとまった資金にもなると安心感を持てるため情報収集は必要です。わからないことが多くある方は、相談をすることによって知りたい情報を集めることができます。

メールで調剤薬局のM&Aの相談をすることも可能なので、秘密を守ってくれる仲介会社を見つけてメールで相談するところから始めることをおすすめします。相談することで調剤薬局業界の経営者に日々接しているプロのスタッフの意見を聞くことができますし、M&Aに関してわからないことをメールで質問もできます。

必要な情報を入力して送ることになるため、秘密をしっかりと守ってくれる信頼できる仲介会社かどうかを調べることが必要です。M&A仲介会社は、信頼がとても重要になるため、大切なお客様情報をしっかりと守ってくれます。実績があるところを見つけることが重要で、秘密が漏れないためのセキュリティ対策がしっかりとれているか注目することで、安心感を持って依頼できるようになるでしょう。

マイナス要素もきちんと相談しよう

サポートしてもらうM&A仲介会社のスタッフとは、信頼関係をしっかり作っていくことがとても大事です。中には気持ちが焦ってしまい、プラス要素しか話をしない場合があるかもしれませんが、それではなかなか相手と信頼関係を築くことができません。相談段階からマイナス要素も含めてきちんと伝えることが求められます。マイナス要素があったとしても前向きにM&Aを受け入れてくれる会社もあります。

また、仲介会社が事前にマイナス要素を把握しているケースもありますが、マイナス要素がある場合は、早めに仲介会社に伝えることが大事です。いくら交渉がうまく進んでいても、後からマイナス要素を伝えると譲受候補先の気持ちが変わってしまう恐れがあります。

マイナス要素は調査すれば結果分かることが多くあるため、隠してしまうなどよくない行動を取ってしまうことにより、信頼関係を損ねてしまうことがあります。時間をかけて交渉が最後にだめになってしまうとダメージも大きいです。早めに伝えることで交渉がうまくいかなかった場合でも、別の相手を探せるでしょう。

実績豊富な仲介会社にサポートしてもらうことで、マイナス要素があっても伝え方を工夫してくれるため、安心感を持てるものです。適したM&Aのタイミングを逃してしまうこともあるため、最後にマイナス要素を伝えて失敗することは避けなければなりません。早めに仲介会社に相談をすることで、計画をしっかりと立てながら、大きな問題が起きないように準備を進めていくようにしましょう。

調剤薬局業界に特化した仲介会社を見つける

M&Aを考えていくときは、調剤薬局に特化した仲介会社を見つけることで、安心感を持って相談をできます。専門知識を持ち、マーケット情報に詳しく、最新情報を集めていると世の中の変化に柔軟に対応できるようになるものです。仲介会社の比較を行うときには、漠然と大手だからという理由で選ぶのではなく、実績があり信頼して任せることができるところを探すことをおすすめします。

実績豊富な業者を見つけると頼もしいかぎりです。比較サイトをチェックすることにより、調剤薬局業界に特化した仲介会社を探すことができるでしょう。首都圏エリアはとくに競争が激しくおおくの仲介会社が見つかりますが、実績を出してきた業者を選べば、スムーズに交渉を進めていくことができるでしょう。

信頼できる仲介業者を探すことにより、買い手のほうから依頼を受けるケースもあるため、いろいろなチャンスを作ることが可能です。実績があると、きめ細かなアドバイスをできるなど、サポートが充実しているため、不安がある方もアドバイスによって安心感を持てるでしょう。広いネットワークを持つことを強みとしている仲介会社もあり、ネットワークを活かして、幅広くチャンスを見つけられるように情報を集めていけます。仲介業者それぞれの特徴を把握して、安心して依頼できるところを探すことが大切です。

 

調剤薬局のM&Aを検討しており、最初の一歩を踏み出すときには、メールで相談をできる点にも注目です。メールでのやり取りなら、空いている時間にメッセージを送り、情報をチェックできます。サポートが充実している仲介会社を見つけて、直接会って相談するなどの次のステップへも進めやすくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム