人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局業界から考えるM&A化のメリットとポイント

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/11

近年、調剤薬局業界においてもM&Aが多く行われています。ほとんどが友好的な雰囲気で進められていて、基本的に事業の売買になりますが、売り手からすると経営者としての出口戦略です。買い手からすると成長戦略の有効手段といえるでしょう。それぞれの立場にはいろいろなメリットがあり、事業の永続や発展のための手法として活用されています。

双方においてメリットを得ることができます

調剤薬局は薬剤師による販売・授与の目的から、調剤業務を行う場所です。調剤業務は薬剤師による独占業務になっているため、調剤薬局を運営するには薬剤師を常駐させる必要があります。薬局を開設する場合は薬局開設許可が必要となるため、このようなことから調剤薬局業界へ新規に参入することは非常に難しいとされてきました。

しかし、M&Aによる新規参入が増えていて、事業規模拡大などを目的にした業界内におけるM&Aも目立ってきています。M&AはMergers and Acquisitionsの略で、企業の合併や買収などを意味するものです。一般的にM&Aを行うには多額の資金が必要になりますが、成功率は約20%といわれています。

そのため大きなリスクを負わないよう、しっかり戦略を立てなければいけないでしょう。譲渡とは譲り渡すことで、M&Aに関係する用語においては、事業譲渡や株式譲渡が挙げられます。事業譲渡は対象事業だけを売却することを意味していて、株式譲渡は株式について譲り渡すことによって両社の関係性をさらに強化することが可能です。

M&Aにはいろいろなメリットがあり、売り手側や買い手側のそれぞれの立場からみてさまざまな利益を得ることができます。販売エリアを拡大できたり、薬剤師を確保したりすることが可能となることがメリットの一例です。後継者問題を解決できるほか、事業再生に取り組むことも期待できるでしょう。

後継者問題に悩んでいるならおすすめです

売り手側のメリットについて考えると、売り手側はたくさんのメリットを得ることが可能であることがわかります。たとえば、後継者問題について解決できるでしょう。多くの中小企業では後継者問題を抱えており、後継者が見つからない原因として後継者を探すための時間がないといった経営者側の問題が挙げられます。

しかし、ほとんどの場合は後継者側の理由によるもので、将来的な不安や重責を負いたくないなどと考えるような後継者が多く、事業承継ができないでいる薬局が増えています。そのほとんどは小規模の薬局で、この問題を解決する方法として、M&Aを利用して後継者を探さず事業承継することが可能です。

創業者への利益が生まれることになり、通常後継者が見つからず廃業するとそのコストがかかるので、経営者としては負債を抱えるようになりますが、薬局を売却すると創業者は利益を得ることができます。

尚、将来的に収益が縮小されると予測されているので、薬局自体の価値が下がっていくといわれています。後継者問題が解決できないと思ったなら、なるべく早めに売却するのもよいでしょう。薬剤師不足を解消でき、とくに地方の薬局では薬剤師が不足しています。薬剤師常駐が必須になっているので、薬剤師がいないと運営できません。事業規模の大きな薬局に売却すると、薬剤師を派遣してもらえるなどの対応により、薬剤師不足を解決できるので便利です。

立ち上げ時のコストを削減できます

買い手側のメリットとしては、事業規模やエリアを拡大できることが挙げられます。薬局の店舗数が増えるので事業規模やエリアが大きくなり、大量仕入れが可能になるので仕入れ単価を下げ、シナジー効果を期待することが可能です。薬剤師を確保でき、そこで勤めている従業員と一緒に買収できれば薬剤師を確保できます。

薬剤師が複数いるなら、別のエリアに派遣できるので、薬剤師を多く抱えている薬局の買収を希望することが多いです。M&Aで薬局を買収し常駐する薬剤師や許認可などを引き継げば、新規参入できるため、別業界にいた企業にとってはメリットがあります。

成長スピードを加速でき、優秀な人材がいる薬局を買収した場合、従業員が切磋琢磨し業務効率が上がり企業成長スピードが加速するかもしれません。収益力の高い薬局を買収する場合、収益金を別のM&Aに利用できるので事業規模拡大が可能です。

立ち上げ時におけるリスクを減少でき、新規参入や新店舗などを立ち上げる際、建物や調剤などに必要な器具などのコストを抑えることができます。M&Aによって新規参入や店舗立ち上げなどを行うと、必要な設備投資などを最小限に抑えることができるだけでなく、ノウハウや固定顧客が存在しているのでいろいろなリスクを抑えることにつながります。双方にとってメリットがあるので、うまく活用することが可能です。

 

調剤薬局のM&Aにはさまざまなメリットがあり、売り手側は後継者問題の解決ができたり、創業者への利益が生まれたりということが挙げられます。薬剤師不足を解消できるほか、個人保証や担保などを解消することも可能です。買い手側のメリットは事業規模・エリアを拡大したり、薬剤師を確保したりということが挙げられます。新規事業へ参入できるようになるため、成長スピードを加速できるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム