人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&A仲介会社で働くには資格が必要?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/02/18

売買という種類になる仲介業者で働くにも、何かしら特技や趣味が必要でしょう。

もしそれが調剤薬局という枠であれば、医療や介護、運営など、どのような種類の知識や技術があればいいのでしょうか。

職務履歴に書ける、自己アピールできる内容が働くには必要になるようで採用される目安にもできるかもしれません。

 

経営コンサルタントの資格だけでない

将来的に勤めている調剤薬局がM&Aされたのなら、ある程度の譲歩した働き方ができます。

だとしたら調剤薬局のM&A仲介会社で働くこともできるのではないでしょうか。

また仲介会社で働くにしても、何かしらの資格が必要なのかも気になる点でしょう。

従事しているスペシャリストたちの経歴を見てみれば、経営者としての経験をもとに中小企業のオーナーの立場に立った提案をしてくれている者もいます。

証券会社や大手金融機関を経ていたり、IT業界から転職してきたり、理大を卒業して見習い期間を設けられているアシスタントまでがいらっしゃいます。

他にも大手企業を中心に、顧客の収益改善に貢献し、入社以来、調剤薬局業界を専門とする者もいます。

何かしらの資格が必要かと問われれば、M&Aを活用した事業発展・存続のためのノウハウということに尽きるようです。

もちろんビジネス・経営・経済などの戦略が求められるため、仲介会社で即戦力として働きたいのなら、経営戦略や企業会計、経営判断などの分野に特化した資格が必要でしょう。

例えば売買契約、業務提携は委託、契約という2文字が付いてきます。

公認会計士や行政書士などの資格も魅力になりそうですし、顧客心理について、あるいは経営コンサルタントに従事していれば、円滑なミーティング技法も修得しているはずです。

組織やチームで動くため、ファシリテーションを学んでおくのも1つの手です。

もちろん調剤関連の有資格者であればなおよし、実務ですぐに役立つでしょう。

 

その分野に特化した知識や経験が必要

後継者がいない問題もあり、調剤薬局を譲渡や売却を検討するケースもあります。

止めてしまっては様々なコストがかかるため、良い条件で取引ができれば安堵するはずで、幸い、調剤薬局のM&A仲介業者は数多く存在しています。

経営するためには利益を出すこと、今や将来の経営や運営も考えなければなりません。

どの仲介業者も同じではなく、不得意あるいは得意とする内容は異なります。

調剤薬局のみならず、ドラッグストアのM&Aも扱っているのなら、そこで従事した資格も役立つはずです。

また仲介業者自体が薬局経営も行っているのなら、専門知識が豊富でなければなかなか採用されにくいでしょう。

薬剤師が独立を考えているのならば、その知識などが即仕事として活かせるでしょう。

案件の紹介、収支のシミュレーション、仕入れ率についてなど、専門となる頼れるコンサルタントになれ、踏み込んだサポート役になれます。

自らが運営まで視野に入れているからこそ、仲介業者自体が運営しているからこその採用率ではないでしょうか。

開業支援や経営サポート、他にも宣伝広報に特化して、セミナーやイベント運営を行った経験なども大いに活かせる自己アピールになります。

勢いだけの若手もコンサルタントやアドバイザーであれば即戦力になれますが、気をつけたいのは、個々の経験値を重ねてから大型プロジェクトに関与できるという点です。

優秀なスペシャリストを多数抱えている仲介業者では、勢いだけでは働けないため経験値が要になります。

 

弁護士などの法律家の知識も役に立つ

調剤薬局のM&A仲介会社を設立した者たちは、どんな経歴を辿ってきたのでしょうか。

例えば経済学部を卒業し、流通業界に特化した独立系M&Aコンサルティング会社にて経験を積む者もいます。

資格らしい資格なし、経験だけで昇り積める者もいるようです。

相談から契約締結、クロージングに至るまで、実績豊富なコンサルタントがサポートしますが、担当者の経験と資格が大きく依存するのも事実、特に経験が乏しいとトラブルが起きるリスクもあります。

円滑なコミュニケーション能力も必須、譲渡企業のオーナーを含め、譲渡するオーナーの価値観や思い入れなどが異なることもあります。

ただ単に会社を売買するだけの交渉であっても単純ではないため、中立的な立場に入るコミュニケーション能力も必要になるのです。

また、会社法や各種税法などの法律が関係してきます。

財務状況や難易度によるものの、必要に応じてM&Aに精通した弁護士や税理士が対応してくれますから、こうした士業の資格も役立つでしょう。

 

調剤薬局のM&A仲介会社で働きたいのなら、やる気だけ、勢いだけではなかなか採用されにくい問題もあるようです。

経営コンサルタントがカギを握り、譲渡するオーナー目線でみれることや、譲渡されるオーナー目線でのコミュニケーション能力なども必要になります。

何かしらスキルアップした者が、こうした仲介業者では即戦力で活躍しています。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム