人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

M&Aで後継者問題も解決できる?

公開日:2018/12/15  最終更新日:2019/11/28

一般的に考えてM&Aと耳にしてイメージするのは、中小零細企業間というよりも大手の事業会社間により執り行われる、何十億円レベルのスケールの大きい事例でしょう。

しかしながら、履行に至る会社につきましては、中小零細企業の方が割合としては多いといわれています。

そしてひとことで言えば、企業、事業の売買になります。

しかしながら、詳しい内容をみると両者に色々なメリット、デメリットがあります。

そのうえでその先は、会社組織の存続のための手段というゴールが存在しています。

後継者問題が大きな課題になっています

実行する上でやはり最も大きなメリットは、後継者問題を乗り越えられるところになります。

事業承継と言いますのは、企業の運営管理を後継者へと引き継ぐことを意味しますが、今現在の薬局の業界におきまして、後継者不足に関しては業界トータルでとても大きな問題になっています。

1980年代において、医薬分業すなわち医薬の処方及び調剤を分業して、個々に医者と薬剤師というその道のプロに扱わせるようになった動きが進行してから黎明期となって、日本各地で薬局がオープンしてから現時点で数十年が経過しようとしています。

薬局の開業の黎明期に開業されている経営者も高年齢へ突入して、経営者の平均的な引退の年齢に近いといえます。

ですから、経営者の引退に向かって後継者を見い出すタイミングを現在迎えています。

後継者問題を解消するための方法とは

後継者の問題を解消する方法は、一般的に考えて子供に引き継いでもらう、自分の会社の社員に引き継いでもらうという手法が存在します。

そして子供に継承してもらおうと考えていても、子供には自分自身の希望している道に進んで欲しいということで頭を悩ましてる方であるとか、この先予測することができる経営難に直面させるのは気後れする方、自分自身の子供に引き継いでほしくても経営者の形での素質がなくて一任できないと考慮しておられる人も少ないとは言えません。

自分の会社の社員に会社を引き継いでもらおうとする人もいますが、資金の面での懸念材料に難航する確率が高いです。

中小零細企業の経営者に関してはオーナーであることが大半であるため、自分の会社の株式を自分自身で持っています。

自分の会社の社員に経営権を譲るためには株式を引き取ってもらうことが求められ、そのことに伴って譲渡価格に影響されますが、たくさんの資金が必要とされます。

後継者問題にあたって解決方法になるかについて

プラスポイントとマイナスポイントがありますが、トータルで考えた場合、はたして経営判断として効果的なのかという問題があります。

結論からいいますと、後継者問題において悩まれている人には効果的な解決方法になりえます。

しかしながら、進め方には充分気を付ける必要があります。 薬局のM&Aのケースでは、処方元医院の医者との関係性が一番とても大きな懸念材料となります。

長期にわたり共同で地域に貢献して来たことから関係性は非常に密接ということができ、医者の理解抜きには成り立ちません。

この方法について考慮しはじめた時点で、経営者自身、あるいは薬局経営の環境に関して意見の交換をしておくことが必要不可欠になります。

やり方によって将来に関しても変わることが無くエリア内で好意を持たれる薬局でいられますし、それとは逆に医者や社員から見切りをつけられる始末となってしまう恐れもあるでしょう。

相手方の企業探し、企業評価に関してもマッチするタイミングがありますので、仮に何かしら疑問点がある場合は手遅れに陥らないうちに解決しておくのが大事になってきます。

早い内に専門家に相談を持ち掛けてみるのも実効性のある手段として奨励できます。

調剤薬局の業界の後継者不足に関する問題を解消すべく誕生したのが、M&Aといえます。

実行することを通じて廃業しないまま調剤薬局がキープできる為、経営者は既に契約している医療機関、付き合いのある患者に波風を立てることもなく退職することができます。

とりわけ過疎化の進行しているエリアでマネジメントしている調剤薬局につきましては、廃業を行うと病を患っている方にとても大きな負担を強いてしまいます。

実行するにあたって、調剤薬局が廃業するわけではないので、現段階で調剤薬局で就業している社員を解雇する必要性もありません。

実行することで経営者が変化したとしても、新しい経営者との就労条件面がとりわけ問題なければ、継続して社員に関しましては勤務する事が出来ます。

仮に後継者不足に悩まされる調剤薬局の経営者は、ぜひ一回実施を考えてみましょう。

創立者の後継者問題を克服しつつ、ハッピーリタイアするための有力視される方法として盛んにとり行われています。

立地並びに処方箋応需枚数、さらに損益状況にもかなり影響受けますが、黒字のケースでは相応の営業権がついて売買が実施されています。

薬局は今のところ入手したいという需要が非常に強く営業権が高い業種のひとつとなっています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム