人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局を譲渡するなら!M&A会社選びは実績と経験が重要

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/18


最近では医療を取り巻く環境が変化した影響で、やむなく調剤薬局を手放すケースが増えてきています。そして、そのような事情から薬局の買収を行う企業も増加傾向にあるようです。薬局のM&Aを行う会社は増えていますが、M&A会社を選ぶ際には実績と経験が重要です。この記事では実績や経験が豊かな会社を選ぶためのポイントとそのメリットについて考えます。

調剤薬局のM&Aの実績や経験が豊かな会社を選ぶポイント

安定した経営が強みだとされた調剤薬局は、医療制度の改革の影響を受け、経営から撤退するケースも目立ちます。そのため、薬局の合併や買収を専門に扱うM&A会社も登場しています。他の業種の企業とは違い、医療制度の中に位置する調剤薬局は特殊な業態であり、他の分野でM&Aを行ってきていてもそのノウハウが役立つわけではなく、調剤薬局に特化した実績や経験がものをいうのです。

とくに調剤薬局のM&Aに強い会社を見つけるためには、案件数に注目することも大切なポイントでしょう。ネット社会の今では、ホームページなどで買収や合併を手掛けた件数などを公表している会社も多くなっているので、比較的容易に知ることができます。

加えて、どんな案件を扱ってきたかといった情報を知ることができれば、自分の薬局を扱うノウハウがあるかを判断できるでしょう。一口に調剤薬局といっても、小規模に行っているところもあれば、チェーン店のように数件から数十件の薬局を経営するケースなどさまざまだからです。また、情報を得る上で注意点もあります。M&Aの数や案件の種類だけに目を留めすぎないということです。

理由としては、買収や合併に至った経緯はさまざまで、経営が悪化したケースもあれば、健全な経営をしていても店主の高齢化や後継者不足の影響などもあります。そのため、公表されている情報だけを鵜呑みにしないということも大切です。

安心感があり信頼できる対応ができるのが強み

調剤薬局のM&Aの実績や経験が豊富にある会社に依頼するメリットは、譲渡する側とされる側双方にとって安心感を持てる点でしょう。さらに、信頼できる対応を期待できる点も魅力といえます。さまざまな案件に取り組んできた企業であれば、医療制度改革の流れを理解し、その中で薬局がどういう状況に置かれているかを熟知しています。

また、他の業種の中小企業と同様に後継者不足の問題に悩まされていて、事情が入り組んでいるケースが多いことも理解しているでしょう。個人で経営する大変さとともに、地域医療を支える立場として容易に経営から撤退できない事情もあるようです。買収や合併が事前に知られてしまうと信用問題にも発展してしまい、働く従業員などにも動揺が広がってしまいます。

最悪の場合、薬剤師を含めた従業員が大量に退職してしまい、経営が続けられなくなるケースも考えられるでしょう。そのため、M&Aは慎重かつ情報が漏れないよう、水面下で行う必要も出てきます。

それで、実績や経験を積んだ会社は個人情報を扱う規定をホームページに記載し、銀行や士業関係者をはじめ、各方面の専門家との連携を強化しているのです。案件をトラブルなく、そして滞りなく進めていくためのツールとテクニックを持ち合わせていて、痒い所に手が届く対応ができるため、譲渡する側とされる側にとって、安心感や信頼感を持てるのです。

明確な料金提示と成功報酬型を採用できるメリット

調剤薬局のM&Aを手がけた実績が多い会社であれば、明確な料金提示をすることが可能です。そのため、譲渡する側もいくらで買い取ってもらえるかと心配せずに済むでしょう。明確な料金提示は簡単にできそうに思うかもしれませんが、とくに調剤薬局の場合は業態が特殊で、案件の数だけの事情があります。

そのため、実績が少ない会社はヒアリングを丁寧にして実地調査を行わないと料金の見積もりができず、金額が決まるまでに時間を要してしまいます。その点、経験豊富なところであれば、過去に手がけた案件をもとに的確な料金提示ができます。

そして、明確な料金提示ができることで、依頼者側も安心して任せられるので、必然的に依頼の件数も増え、さらに経験を積む相乗効果があるのです。

また、実績や経験が豊かな会社であれば、成功報酬型の料金を提示できます。成功報酬型とは、依頼者が希望した結果を得られた場合のみ報酬を払う仕組みで、M&A会社側は希望通りの条件で成約できないと報酬が得られないリスクがある仕組みです。

このような仕組みで案件を受けられるのは、過去の実績や経験から案件をまとめられる力があってこそでしょう。そして、成功報酬型の案件はスピーディーに売却できるメリットもあるため、譲渡する側もされる側にも利点があります。

 

調剤薬局を譲渡する場合は、調剤薬局M&Aの実績や経験が多い会社を見極めて依頼できます。個人情報を扱う規定がしっかりしていて、各方面の専門家と連携してスムーズな譲渡が可能になるでしょう。実績の多い企業は料金体系もはっきりしていて、譲渡に有利な成功報酬型を選ぶこともできるからです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム