人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aで着手金が無料の会社もある?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/06

医薬品の調合や販売をおこなう調剤薬局ですが、近年は薬剤師の不足が問題化しており、M&Aが実施されることが増えているとされます。手段は事業譲渡や合併などいろいろありますが、いずれにしても問題はお金がかかる点です。今回は気になる、着手金無料の会社があるのか見ていきましょう。

着手金無料の会社は存在している

着手金はM&Aの仲介会社に仕事を依頼する際に、請求される手数料の一種となります。これを支払うことで仲介会社は業務をスタートさせますから、事前に支払うことが必要です。支払った金銭は調査などのために使ってしまっているために、成約に至らなくても返却されることはありません。相場は事業規模などにもよりますが、数十万円から200万円前後になるケースが多いでしょう。

場合によっては着手時の他にも、中間手数料や月額報酬、調査費用などの名目で多彩な請求がなされるケースもあります。以前は手数料を取るのが基本でしたが、現在は完全成功報酬型の会社も増えてきました。従来は会社の合併や事業譲渡などは、日本ではメジャーな存在ではなかったのですが、その事情が変わってきたのが理由です。

現在は多数の薬局が事業譲渡などに前向きになっているため、成約に至る可能性が高まってきています。その結果、仲介会社の方も手数料などを無料にして、完全成功報酬型にしてもビジネスが成り立つようになってきたのです。完全成功報酬の場合は成約に至らなければ利益は生じませんが、事業の承継を考えている経営者が増えたことが理由となります。

着手金などの手数料が無料の場合のメリット

着手金をはじめ手数料や月額報酬が無料の場合には、気軽にM&Aの依頼をおこなえるのが、最大のメリットです。もしも成約に至らない場合でも、支払いが発生しませんから、無駄なコストを支払うリスクを避けられます。中には巨額の手数料を払ったのに、成約に至らなかったと言うケースもしばしばあるので、オーナーとしては安心材料でしょう。

また、手数料などが事前に発生しない完全成功報酬型の仲介会社は、積極的に成約を目指す必要があります。調査費などの名目で収入が得られないため、成功に漕ぎ着けるためにしっかりと調査・交渉をおこなってくれる可能性が高まるのです。

結果的に手数料などは無料であっても、成功率が90%を超えるような会社も見当たるようになっています。手数料で利益を得るようなビジネスモデルでは、悪徳な方法を用いる会社がしばしばありました。お金を支払った後、しばらくすると連絡が取れなくなったと言うケースがあります。また、オーナーは手数料を無駄にしないように焦るので、廉価で売り渡してしまうような場合もあったようです。

成功報酬型の場合は、このようなリスクを低減できるでしょう。初期の支払いを抑えることで、合併や事業譲渡の際に支払われる買収金額の用意がしやすくなるのも、メリットです。買収側は基本的に、金銭を払って合併・事業譲渡をおこなっていきます。この際に着手金などが不要なら、より積極的に売主側への対価を検討できるわけです。

仲介会社は総合評価で選ぶことが大切

調剤薬局のM&Aをおこなう上では、完全報酬型の仲介会社には多くのメリットがあります。しかし、実際には手数料などの有無だけで判断するのは良くありません。成功報酬が法外なケースもあるでしょうし、なんとか成約に漕ぎ着けるために、思わしくない買収先を紹介されることもあるはずです。そこで大切なのは仲介会社を総合的に評価して、信頼性をしっかりと吟味していくこととなります。仲介会社を選ぶ上では、いろいろな要素があるのでチェックしておきましょう。

まず、薬局関係についての知識や経験が多く、専門的に扱っているような会社が好ましいものです。調剤薬局の経営には許可が必要になるなど、通常の事業とは異なる部分が多くなります。この結果、事情に疎い仲介会社では、相談していて頼りないと感じたり、法令遵守を考えても望ましくないケースが生じかねません。これまでに薬局関係のM&Aで実績を重ねている会社が頼りになります。

また、サポートが丁寧でスタッフの品質が良い会社を見つけていくことも重要です。希望する条件をしっかりと聞いてくれたり、何かと相談しやすい相手を選ぶのがおすすめです。一方的なセールストークでまくし立ててきたり、成約を焦らせるような会社だと、思わしくない結果になるおそれがあります。じっくりと付き合えるような、信頼性が高い会社を選んでいきましょう。

 

調剤薬局のM&Aに発生する着手金や各種手数料、仲介会社の選び方などを見てきました。M&Aで大切なのは、費用と信頼度のバランスと言えます。適切な料金体系で、かつ親身になってサポートしてくれる会社を選んでいくのが好ましいでしょう。

そのような理想的な会社を探すのは難しいと感じるかもしれませんが、ポイントは口コミや、これまでの実績を参考にしていくことです。調剤薬局M&Aの仲介会社の比較ページを見ていくと、人気の高い会社や、その武器になっているポイントが判ります。その上で、公式サイトには実際の事例や、利用者の声の紹介ページがあったりしますので、チェックしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム