人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&A仲介会社に依頼する際の料金はいくらかかる?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/12

自営業者等の大きくない調剤薬局は後継者が不足している状況があることから、将来において何をしたら良いか苦悩している経営者はよく見られます。

手際よく後継者が見つからないケースではM&Aを実施すると問題を解消できますが、料金がどれほど必要なのか等のチェックが必須です。

 

個人運営の薬局で生じやすい後継不足問題

高齢化社会が影響を及ぼして薬局のニーズが高くなっていますが、個人運営の店では後継不足のトラブルが生じています。

子供に継がせるつもりだったが手際よくいかず、運営管理を固守するのが不能になっている所は少なくありません。

そのような時は店を畳む手段もありますが、会社の経営を辞める場合のコストも大きいため、安直には決めかねる事案でしょう。

後継のトラブルは地方都市で生じやすく、後を継ぐ人間のいない薬局は珍しくありません。

そうした場合は知人などに頼むケースがありますが、通常の場合は親族でない人間に対して運営管理を依頼するのは相当難しいです。

小規模の店を維持し続けたいならば、それなりの効果的な対策をしなければいけません。

さらに、仮に畳むことになったら、エリア内の薬局がなくなりとても大きな問題にも結びつきます。

高齢化社会になっていることから薬局需要はとても高く、店がなくなるだけで困る人が沢山出ます。

実際の経営を継ぐ相談が可能な仲介会社は多く、容易に利用できます。

 

引継ぎの相談ができる会社に依頼する場合の費用

後継のいないままでは、後々維持ができなくなります。

長期にわたって経営しエリアから一目を置かれている店でも、後継ぎがいなければ畳まざるを得ません。

そうした問題を回避するためには、引継ぎの相談が可能な仲介会社と結びつきを持つことが大切です。

資本がしっかりとある所に依頼することができれば、地域の薬局でもトラブルなく成り立ちます。

経営の引継ぎを相談することができる所では実際的な手続きの手段であるとか、相手方の会社の重要な情報を供してくれます。

理解しやすい関係書類を準備してくれるので、どのような形になるのか直ぐに分かります。

依頼する時は料金が必要ですが、成功報酬という形で払うので上手くいかないと負担は必要ありません。

それに加えて、引継ぎの相談を100パーセント該当の会社にお願いすると考えずとも、相談そのものは費用なしですることが可能です。

さらに、たくさんの会社の中で比較検討を行いたいケースでもいくつかの会社に相談することも可能ですから、自分自身にふさわしい所を選べます。

お願いした時のコストは店の資産価値によって変化しやすく、スケールが大きなところであれば大きい額面のコストがかかります。

しかしながら売却することになれば大きい金額の収入を得られることから、金銭の心配はさほどしなくてもすみます。

コストが安くつく所は重宝しますけど、低価格過ぎる会社は問題が非常に多いので留意すべきです。

適した取り扱い手数料を求めている所ならば、心配することなく依頼できます。

 

引継ぎの際にかかってくるコスト

長期にわたって運営管理している調剤薬局には、クライアントが数多くいるためなくなれば数多くの人が困ることになります。

会社の経営をキープするためには後継者を欠かすことができませんが、仮にいないならばM&Aを実施して処理する方法があります。

大規模企業で実施されることが多い手続きですが、個人運営の店での支障なくできます。

とりわけ困難なものではなく委託をした会社に応対をお願いすれば、必要な関係書類などを代わりに作成してくれるので負担は多くないです。

経営を異なる所に継いでもらうケースでは、仲介を依頼した所に払わなくてはいけません。

スタート時の相談につきましては無料ですむ所が少なくありませんが、料金がかかるケースもあるのであらかじめ確かめておくべきです。

相談を行なって継ぐ相手を探し求めてもらう時は、第一に着手金を払います。

着手金に関しては活用する会社によって異なりますが、お安いところから値段の張るところまで50万円~500万円くらいとなります。

こうした金額は店のスケールや活用する会社によって違ってくるので、しっかりと見定めてからお願いすることをおすすめします。

事業を継ぐ相手を見つけられて、あるレベル以上交渉そのものが進んだときには中間金を払うことになります。

中間金に関しては50万円位で大きな負担ではないですが、契約が前進した時に払うので用意しておくと困りません。

それから引継ぐ相手方が見つかって、手続きが完了したら成功報酬を支払うことになります。

こちらにしても、店のスケールによって変化するので、あらかじめチェックしておくと問題を起こさずにすみます。

成功報酬に関しては譲渡価格の2~5%で、店を売り渡した金額より算出されます。

コストはスケールの小さな店の場合200万円~300万円程になります。

 

調剤薬局に関してはニーズのあるビジネスになります。

しかし後継不足問題の根が深いので、手際よく行かない時はM&Aを実施する方法があります。

依頼時のコストは店の価値の5%くらいになりやすいといえます。

しかし、店のスケールによって変化するのであらかじめ確認することが重要になります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム