人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

M&Aの手数料は譲渡側と譲受側で金額が変わる?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/06/06

長く運営してきた調剤薬局を今後どうしようかと検討されている場合、M&A業者を利用するという選択をすることで積み上げてきたものをそのまま受け継いでもらうことが可能です。

M&Aは合併・買収というとネガティブなイメージがありますが、実際は譲渡側と譲受側の双方にとってメリットのある選択です。

 

調剤薬局を譲渡する際の手数料は業者によって変わる

調剤薬局を譲渡する場合、譲渡側にも譲受側にも手数料が発生します。現在M&Aのニーズは高まっており、新規参入したものの業績が振るわず撤退してしまう業者や、悪質な会社もあるということです。業者の対応はどこでも同じというわけではないため、慎重に選ばなくてはなりません。

なかでも重要なポイントの一つが、手数料です。もちろん手数料のみ考慮すれば良いわけではありませんが、譲渡の際の手数料が高い業者を選ぶと、手数料でかなりのお金を持っていかれることになりかねません。

せっかくお店や従業員の方にとって最善の選択をしたつもりなのに、かえって余計なコストや負担が増えることになったり、ことが有耶無耶にされてしまったりしたら困ります。業者選びを間違うと、そういったことも起こり得るでしょう。

しかしM&Aそのものは乗っ取りなどではなく、きちんとした仕組みのある取引です。優良業者であれば手数料を抑え、丁寧なサービスを受けることができますので、次の項目からご紹介していきます。

 

1店舗の譲渡の手数料なら無料になる業者も

優良な会社の場合、それぞれが工夫を凝らしてサービスの向上に努めています。余計な宣伝に費用をかけず着実に実績を積み信頼を得ていたり、ネットワークを広げていたりと、それぞれの強みがあります。

選択や求めるものに合った業者はどこなのか、いろいろ見比べて検討しましょう。中には、1店舗のみでの譲渡の場合手数料が無料になる業者まであるそうです。

また、複数の店舗を譲渡する場合であっても、手数料を安く抑えられる業者は多くあります。しかし業界大手の会社であれば、手数料などが高くかかる代わりに、信頼があって実績やクオリティも高い場合があるそうです。

そうした業者は小規模な薬局にとっては利用しづらいものではありますが、やはりそれぞれ業者ごとに特徴が変わってくるということで、どれか1つだけを判断材料にせずに多くの項目を見比べて、自分たちの条件にあった業者を探すのが良いのかもしれませんね。

 

M&Aの利用によって譲受側にもメリットがある

合併・買収というと、今まで積み上げてきたものを奪われるような印象もありますよね。一部の人やドラマによる扱いが原因で、間違ったイメージがはびこってしまった部分もあるようです。

しかし優良業者も多くあり、優良業者を選ぶことができれば、譲渡側は廃業にかかるコストを心配する必要がなくなり、さらに譲渡対価を得ることができます。長年積み上げた信頼や実績・ノウハウ、従業員の力もこれからも生かされることとなり、譲受側も、店舗が積み上げてきたものをそのまま受け継ぐことができるというメリットがあります。

お店を買い取ってもらった後は買い手が運営をおこなってくれるため、その後やることはほぼなくなり、後継者などについて考える必要もなくなります。お店を引き継いでもらえることで、そのお店を頼りにしていた地域のお客様も安心することができます。

これから加速する高齢化社会のためにも、安心して利用できる調剤薬局は残していきたいものです。ということで、どちらか一方だけにメリットがあるような言い方のサービスだと疑ってしまいますが、M&Aはしっかりとした取引システムです。

一部の業者や世間の声などから発生したネガティブイメージや誇大広告に踊らされることなく、知識を得て本質を見極める必要があります。

 

さて、M&Aの業者に関する話をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか。優良な業者であれば譲渡側の思いを汲み、大事な薬局の未来を一緒に丁寧に考えてくれるはずです。

業者によって手数料などに差が大きく出ることもあり、選び方を間違えると満足のいく利益を得られないこともあるので、最善の形で店舗を受け継いでもらうために、会社選びはしっかりとおこないましょう。

M&Aに限ったことではありませんが、中には悪質な業者もあるので、公式HPの情報を鵜呑みにするのではなく自分で直接話を聞きに言ったり、多くの業者の情報を集めるのが良いかもしれません。

しかしうまく買い取ってもらえれば店はこれからも続いてゆくこととなり、さまざまな心配からも解放されます。M&Aをおこなうという選択について考えてみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム