人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

魅力的な調剤薬局のM&A仲介会社の特徴は?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/02/18

調剤薬局は全国に多くありますが、大手のシェアは全体の5%程でありほとんどが個人経営です。

1980年代に医療分業があり、調剤薬局が沢山できましたが、現在は後継者不足もあり廃業する所が多いです。

廃業するよりもM&Aにより現役引退する際にまとまったお金が手に入る魅力があります。

また事業継続の場合は、大手の傘下に入って経営を安定させることもでき、状況によって選択肢の幅が広がります。

そんな魅力的なM&Aですが、様々な書類や手続きが必要であり個人で行うことは困難です。

そこで活用されているのが仲介会社です。

 

調剤薬局M&Aが活発な理由や魅力について

売買には買い手と売り手が当然います。

それぞれにメリットがあり活発に交渉が行われていますが、その背景は双方異なります。

買い手側は診療報酬の改定や厚生労働省がかかりつけ薬局の推進へ舵をきったこともあり、生き残りをかけてグループ薬局や門前薬局が移行に乗り出している背景があります。

地域のかかりつけ薬局として地域ケアを行える様な体制を整え様としており、個人経営や少数の姉妹店を営む薬局は利益を見込めるのでターゲットにしています。

売り手である調剤薬局は昔からしている個人経営店がほとんどで、オーナーも高齢になってきているが後継者がいないという問題が背景にあります。

若手は病院や大学、診療所に大企業に勤める傾向にあり、薬局を継ぐことが非常に少なくなっています。

診療報酬も2年毎に変わり、今後落ち込むことが予想されており、今まで通りの収益を上げることが難しくなります。

また個人ではサービスの質でグループ企業や中堅、大手を上回ることは難しく経営も難しくなります。

そうした現状と将来の不安から、M&Aは活発に行われています。

双方共に事業を拡大することや雇用の安定、生き残りをかけて選択しています。

 

直接交渉は落とし穴が多い!プロに任せる理由

調剤薬局M&Aは他の業界よりも非常に活発であり、オーナーの認知度も高いです。

事業継承の有効な対応策として知られていますが、その手続きに慣れている方はいません。

誰もが未経験なのですが、だからこそ起こることが思ったより高く売れなかったというものです。

その理由は素人である自身が直接交渉することや、交渉する会社が1社であり比較ができないという理由があります。

壌渡価格は経営利益や将来性、設備など様々な要因が合わさって決定されます。

素人では自身の会社の価値を正しく知ることに限界があり、例え提示された金額に不満があっても希望の額を伝えることが困難です。

結局せっかく買ってくれるのだからと妥協して、予想していた価格とは違う金額で納得してしまうケースは多いです。

手続きには多くの書類が必要であり、不備があってトラブルに発展することもあります。

こうしたトラブルや妥協を回避する手段がプロに任せることです。

仲介会社はその道のプロであり、自社の価値を正しく相手に伝えてくれるプレゼンを行ってくれます。

相手に本当の価値より安くだまし取られることも避けられますし、1社だけでなく複数の会社と比較することもできます。

スムーズに壌渡売却する為には、プロに任せることが必須とも言えます。

 

よい仲介会社の見極め方や選び方はあるのか

仲介会社は言わばマッチング事業であり、買いたい人と売りたい人を引き合わせる会社です。

それぞれの思惑を合わせることは非常に難しいことですが、それの間に入ってスムーズにM&Aが達成できる様に支援してくれます。

仲介会社は多く、どの会社に依頼すれば良いのか迷うことになりますが、各会社には得意分野があります。

調剤薬局M&Aに精通していることは当然必須になりますが、大企業を主に扱ったり小企業専門であったりとさらに分かれています。

目的に応じて選択していきますが、大企業専門でも小企業専門でも特に気にする必要はありません。

重要な項目は他にあります。

まず経験年数や実績は長く多い方がよいと言えます。

それは信頼性にも繋がる項目であり、それだけこの業界で生きてきて多くの会社とも関わりを持っている証拠になります。

壌渡売却する会社の選択肢もそれだけ多くなります。

財務や法務など専門家が在籍しているかも重要ですが、何よりも営業力と情報力は外せない項目です。

仲介業界も競争社会になっており、この業界を制するには営業力と情報力が要です。

マッチングしても結局契約締結に至らなければ一銭にもなりません。

契約締結できるかどうかは調剤薬局の価値ではなく、仲介会社の力量次第だからです。

非常に多くの仲介会社があり、自分に適した会社を選択すること自体が難しいのは事実です。

だからこそ上記のポイントを踏まえて仲介会社自体へも見積りや比較することが選び方の基本になります。

 

買い手も売り手もメリットのある調剤薬局M&Aは今後も続くことが予想されます。

壌渡売却を行うことは個人経営では経験のないことで、何をどうすればよいのかわからないものです。

プロに任せることは必須と言えますが、そのプロをしっかり選ぶことも重要です。

仲介会社に依頼することで、納得できる交渉結果が得られます。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム