人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

FAとM&Aの違いとは?

公開日:2018/10/15  最終更新日:2018/10/12

日本は超高齢化社会に突入しています。調剤薬局は、高齢者層にもターゲットした経営が選択肢に入ってきていますが、一方で自分の薬局の後継者問題も出てきています。今後の薬局の維持は、子供が継承を考えていているから安心だ、というケースばかりではないでしょう。薬局の運営に難色を示していることもありますし、あるいは運営を任せるには力量不足と親の目に映る場合もあります。

しかし、これまで築き上げてきた薬局をただ閉店してしまうことは残念ですし、自分がやってきたことを何らかの形で残していきたいと考える場合もあります。また、医薬分業の理念の下、薬局は単に医師の出した処方箋に従った薬を患者に渡すだけでなく、医師に対して飲み合わせ等について照会をするなど、医師と並んで患者の治療に重要な役割を果たしています。地域の医療ネットワークを構成する一つの役割を果たしていますので、薬局をたたんでしまうことで、地域の医療に大きなダメージを与えることも懸念されます。

後継者問題に悩む薬局の存続方法

薬局をどうするかについては、いずれは明確に答えを出す必要があります。薬局に関する権利や薬剤師などの人材、その他様々な問題がありますので、これらの収拾がつかず、法的な問題に発展する蓋然性も否定できません。後継者の目処が立たない場合は、早めに譲渡についての措置を講じる必要があります。その中でも事業継承の一つの手段として、M&Aがあります。幸い、調剤薬局のM&Aを請け負っている業者は数多く存在します。うまくいけば店舗を大企業に任せ、盤石な経営基盤を元に運営が継続されるでしょう。

これは、Mergers and Acquisitionsの頭文字をとったもので、企業の合併や買収を指す言葉で一般的に使われています。新規事業の多角化などの業務提携を含めた企業戦略企業の競争力の強化を目指して行われます。この方式を薬局にも適用することができます。一般的には、吸収合併といったイメージがあり、否定的に捉えられますが、買い手と売り手の双方の利益を両立させる方式です。買い手側は、薬局が保有するノウハウや顧客、取引先、人材、技術などを継承できますので、時間やコストをかけずに自社の事業を発展させることができます。一方、売り手側も後継者がいない場合であっても、上場している企業や同業の大手薬局の安定した経営や強力な財務基盤のもとで事業の継続や発展を期待することができます。双方にとって大きなメリットがありますので、今後、この形態による存続方法が模索されることが予想されます。

ファイナンシャル・アドバイザーの果たす役割

M&Aを実施することにより、薬局を存続させることができるとともに、創業者利益を手にすることができます。自身が築いた薬局を、ノウハウごと譲渡するわけですから、創業者として優先的に、数千万、場合によっては数億に上る多額の創業者利益を手にすることも可能です。一方で、売り手と買い手双方にFAをつける場合があります。これは、ファイナンシャル・アドバイザーの略で、助言業務を行うことを役割としています。仲介と異なり、売り手あるいは買い手のどちらか一方につくため、売り手、買い手双方の利益の最大化を目指した行動を取ることが基本原理です。最終的な目的は売り手、買い手とも同じですので、双方の利益の落とし所を見つけにいくことになります。

双方の利益を最大化するために譲渡価格やその他の条件面で妥結点を探りますので、ある意味矛盾しているようにも見えます。しかし、根底にある最大利益の実現と案件の成立に変わりはありませんので譲渡価格面で多少の譲歩を行ったとしても、その他の条件面でそれ以上のメリットを勝ち取ります。

地域貢献になる薬局の存続と経営

自分で立ち上げた薬局も、長年にわたって経営できたということは、経営者の努力もさることながら、地元において必要とされてきたことを意味します。その意味においては、引退して薬局をたたんでしまうと、地域の医療サービスの低下にもつながります。少子高齢が進行している日本においては切実な問題となります。そのため、自分の薬局であっても、もはや自分だけのものではないということも言えます。

最近は、個人経営であった調剤薬局大手のチェーン店に移行しているケースが多々見られます。医薬分業により薬局が医療において果たす役割はその重要度を増しているため、何らかの形で薬局を存続させていくことで地域に対する責任を果たしたことになります。自分の薬局だけれども、もはや自分だけの薬局ではないことも念頭に入れつつ、なおかつ自分の負担にならない形で経営を存続させていくことも経営者として考えていく必要があります。

 

個人経営の薬局の中には、後継者に悩んでいるところも少なくなくありません。そこで、大手の薬局に経営譲渡をする場合が増えています。創業者利益を得ることもできますし、地域の医療にも貢献することができるというメリットがあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム