人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aのデメリットを減らす方法はある?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/11

調剤薬局がM&Aをおこなう場合、今後起こりうる事業継承問題を解決できるというメリットが存在しています。事業継承問題は会社の事業を後継者に引き継ぐことで、現在の薬局業界の後継者不足問題も解決できます。

また創業者の利潤を確保できるというメリットも存在していますが、決してメリットばかりとは限らず、実際にはデメリットも存在しています。

 

実際におこなうことによるデメリット

調剤薬局でM&Aをおこなう場合、さまざまなメリットもありますが、もちろんデメリットも存在しています。たとえば、事業を譲渡した後の会社の風習によっては、今まで働いていた従業員が不安を抱いてしまう可能性があるということです。

また、そもそも調剤薬局自体は病院の隣などに建てられることが少なくありませんが、今まで築き上げてきた医師との関係が変わってしまうこともあります。そもそもどこの会社に事業を引き継いでもらうか、買い取ってもらうかによって、今後が大きく左右されてしまいかねません。

したがって、総合的に判断する場合、決してデメリットばかりではなくメリットのあるM&Aですが、本当におこなう必要があるかすらわからなくなってしまうこともあり得ます。ですから、実際におこなおうとする場合は、メリットばかりに注目するのではなく、デメリットに関してもしっかりと把握しておく必要があります。

そのタイミングなども見計らって上手におこなうことが、満足のいくM&A をおこなうためにも重要なことだと言って良いでしょう。

 

デメリットを軽減するための方法

実際にデメリットが存在しているM&Aですが、上手におこなえばメリットのほうを多く感じることも十分可能です。では、どのようにすれば存在しているデメリットをできる限り減らすことができるのでしょうか、それとも減らすことは無理なのでしょうか。

たとえば、従業員が今後事業を引き継ぐ企業に対して不安を抱いている場合は、引き継ぐ側の企業が現在の調剤薬局に対して理解できるかどうかが重要なポイントです。今後そこで働く人ができるだけ安心して仕事を続けることができるようにするためには、現体制から一気に変化させてしまうということは決して得策ではありません。

したがって、現体制に対する理解を深めておくこと、さらに事業を継承してからでもその風習の一部は引き継いでおくことなどが必要となってきます。またなによりできるだけ成功させるためには、理想的な譲渡先を探すことが必要不可欠といえます。

取引先交渉をおこなうというときも、しっかりとその譲渡の条件に関しても話し合うことが重要となってきます。資金繰りのことだけを考えてしまうと、高額で取引してくれるところを選んでしまいがちですが、本当に必要なのはそこではなく、事業を任せられるかどうかということです。

相手先の企業探しをする際は、しっかりと情報収集をすることと交渉をすること、そして今後を考えて行動することが大切です。

 

処方元の医師の理解がどうしても必要

デメリットを軽減するやり方を紹介してきましたが、最後に、もう1つデメリットを減らす方法を紹介します。

M&Aをおこなう際は譲渡先の企業を選ぶことも非常に重要なポイントになってきますが、もう一つ、処方元の医師との関係にも目を向けなければなりません。地域に密着して長年共に歩んできた相手ということで、病院と調剤薬局は実は非常に密接な関係となっている場合も多々あります。

その場合、自分たちの意見だけでなにかを決めてしまうのではなく、やはり協力体制となっている医師の理解も得る必要があります。そのため、いろいろなことが決まってしまってから医師の方に話をするのではなく、M&Aを検討し始めた頃からしっかりと医師に話し、意見交換をしておくことがポイントです。

そうすることによって、医師の理解がある状態でいろいろと進めていくことができるようになるので、譲渡先に運営が変わっても今まで通りの関係が続けやすくなります。もちろんその場合は相手先の企業に対して不安なことがある状態になっているのはできるだけ避けておくほうが無難です。

したがって、疑問や不安な点があるというときは、できるだけ早い時点で専門家に相談し、アドバイスをもらっておくというのもデメリットを減らす方法です。

 

M&Aを利用することによって、調剤薬局の後継者問題を解消することができたりというメリットもありますが、デメリットも存在しています。

ただ、予想できるデメリットを上手に減らすことができれば、M&Aのメリットを十分感じることもできるでしょう。ではどのようにすれば良いかというと、まずは今の調剤薬局に関して譲渡先に理解してもらうことが重要となります。

また医師には最初からしっかりと相談して理解を得ておくこと、そして情報収集をして譲渡先を選ぶことです。またわからないこと、不安なことなどがある場合は専門家に早い段階で相談すると、トラブルを回避しやすくなります。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム