人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&A仲介の手数料はどれぐらいかかる?

公開日:2018/10/01  最終更新日:2018/10/12

個人経営などの小さな調剤薬局は後継者不足があるため、将来どうするべきか悩んでいる経営者は少なくないです。上手く後継者が見つからない場合はM&Aを行うと問題を解決できますが、費用がどの程度かかるのかは確認が必要です。

 

 

 

 

個人経営の薬局で起こりやすい後継者不足

高齢者社会の影響で薬局の需要が高くなっていますが、個人経営のお店では後継者不足の問題が発生しています。息子に継がせたいと考えていたが上手く行かず、経営を維持するのが難しくなっている所は多いです。その場合はお店を畳むという方法もありますが、経営を辞める時の費用も大きく手間もかかるため、簡単には決断できない事案でしょう。

後継者の問題は地方で起こりやすく、後を継ぐ人のいない薬局は少なくありません。そういう場合は知り合いなどに頼む場合もありますが、通常は親族でない人に経営を頼むのはかなり難しいです。規模の小さい個人経営のお店を維持したいならば、何らかの対策をしなければいけません。また、もしお店を畳むことになってしまったとしたら、地域の薬局がなくなり大きな問題にも繋がります。高齢者社会になっているため薬局の需要は高く、1つお店が無くなるだけで困ってしまう人が沢山出てきてしまうのです。

このように後継者がいないからビジネスを維持できないという状態になった時は経営の相談ができる仲介会社の力を借りることも考えてみるといいでしょう。実は薬局の経営を引き継ぐ相談ができる仲介会社は沢山あり、どこでも簡単に利用できます。数が多いので良く考えて選ぶ必要はありますが、信頼できる会社に頼めれば経営問題を解消できます。上手く行けば大きな利益を得られるため、ただお店を畳むよりもメリットが多い方法です。長く経営してきたお店の維持ができなくなった、そういう時は経営の相談ができる所に頼むと対応できます。

経営の引き継ぎを相談できる会社

後継者のいない薬局はそのままでは、いずれ維持ができなくなってしまいます。長く経営し地域から信頼されているお店でも、後を継ぐ人がいなければ店を畳まざるを得ません。そのような問題を避けるためには、引き継ぎの相談ができる仲介会社と繋がりを持つべきです。簡単に相談できる所なので仕事を頼めば、自分のお店を維持してくれる相手を見つけられます。

薬局はチェーン店として経営している会社も多く、引き継ぎをそういう所に頼むのも可能です。資本が十分にある所に依頼できれば、地域の利用者が多い薬局でも問題なく維持できます。経営の引き継ぎを相談できる所では具体的な手続きの方法や、相手の会社の情報を提供してくれます。分かりやすい資料を用意してくれるので、どのような形になるのかすぐに分かります。

仕事を依頼する時は費用がかかりますが、成功報酬で支払うので上手く行かなければ負担はありません。また、引き継ぎの相談を完全にその会社に依頼すると考えずとも、相談自体は無料ですることができます。また、数多くある会社の中で比較を行いたい場合も複数の会社に相談するのも可能なので、自分に合っている所を選べます。

依頼した時の費用はお店の価値によって変わりやすく、規模が大きな所だと高額な費用がかかります。ただ売却をすれば多額の収入を得られるため、お金の心配はそれほどしなくてもすみます。費用が安くすむ所は便利ですけど、安すぎる会社は問題が多いので気をつけるべきです。適正な手数料を要求する所ならば、安心して仕事を依頼できます。

引き継ぎを依頼した時にかかる費用

先述した通り、長く経営している調剤薬局には、顧客が沢山いるためなくなれば多くの人が困ります。経営を維持するためには後継者が必要ですが、もしいないのならばM&Aして対応する方法があります。大手企業で行われるケースが多い手続きですが、個人経営のお店での問題なくできます。特に難しいものではなく依頼した会社に対応を頼めば、書類などを代わりに作ってくれるので負担は少ないです。経営を他の所に引き継いでもらう場合は、仲介を頼んだ所にお金を支払わなければいけません。最初の相談は無料ですむ所が多いですが、費用がかかる時もあるので事前に確認しておくべきです。

相談をして引き継ぐ相手を探してもらう時は、まず最初に着手金の支払いをします。着手金は利用する会社によって変わりますが、安価なところから高価なところまで50万円から500万円程となります。この金額はお店の規模や依頼する会社によって変わるので、よく調べてから依頼することをおすすめします。事業を引き継ぐ相手が見つかって、ある程度交渉が進んだ時は中間金を支払います。中間金は50万円前後で大きな負担ではありませんが、契約が進んだ時に支払うので準備しておくと困りません。

そして事業を引き継ぐ相手が見つかって、手続きが終わったら成功報酬の支払いを行います。こちらも、お店の規模によって変わるので、事前に調べておくと問題を起こさずにすみます。成功報酬は譲渡価格の2%から5%で、お店を売った金額から計算されます。費用は規模の小さなお店ならば200万円から300万円程で、仕事を依頼できるので事前に確認しておくべきです。

 

調剤薬局は需要のあるビジネスですが後継者不足が深刻なので、上手く行かない時はM&Aを行う方法もあります。仕事を依頼した時の費用はお店の価値の5%程度になりやすいですが、規模によって変わるので詳しく話を聞いておくべきです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム