人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aで相談するべき内容とは?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/11

経験豊富な担当者が対応してくれる調剤薬局のM&Aは、上手く利用できればメリットを得られる方法です。しかし専門的な知識を求められやすいため、担当者に相談する内容は十分に考えなければいけません。聞いておくべき話は多く存在していますが、時間をかけて話し合えばどのようにおこなうか理解できます。

納得のできる形で事業の譲渡ができれば、安心して薬局の経営から引退できます。どのような話を聞くべきか知っておけば問題が起こりづらく、良い形で薬局の経営を任せられます。

 

調剤薬局のM&Aをするときに重要なポイント

薬を販売している調剤薬局は評価されていますが、後継者がいないなどの理由で維持ができなくなる場合もあります。そのような形になったときは、薬局の経営をやめるのも一つの方法です。

ただ経営をやめると多くの人に迷惑をかけるので、M&Aのサービスを利用して対応する方もいます。事業の権利を譲渡する手続きをすれば、自分の代わりに薬局の経営をしてくれるので安心です。権利を譲渡するときには専門会社に頼みますが、そのときには相談内容を考えなければいけません。

準備をせずに話し合うと問題になりやすく、交渉が上手くいかなくなる可能性もあります。M&Aをおこなうときにポイントになるのは、権利を譲渡して利益を得られるかです。薬局の権利を誰かに売却すれば、その価値によって得られる利益は変わってきます。十分な資金が得られるなら良いですが、そうでないと問題になります。

専門会社に仕事を頼む場合はどの程度資金を得られるか聞いて、確認しておかなければいけません。また調剤薬局の権利を売却する場合は、設備がどうなるか聞いておくべきです。

例えば薬局の建物に住んでいる場合は、権利を譲渡した後も生活できるか分かりません。具体的な話を聞いておけば問題が起こりづらく、良い形で権利を譲渡できます。専門会社の担当者と話し合うときは、時間をかけて詳しく聞いておくと良い形で交渉をおこなえます。

 

M&Aをおこなうときに確認がいる負担の問題

長く経営していた調剤薬局をM&Aで売るときは、負担が発生しないか確認しなければいけません。本来であれば利益を得られる権利の譲渡ですが、場合によっては支払いを求められるときもあります。

例えば薬局の建物が老朽化していると、リフォーム工事などをしなければいけません。大掛かりな工事だと費用がかかりやすく、負担になってしまうので気をつけるべきです。M&Aを頼める会社の担当者とは時間をかけて話せますが、そのときは相談内容を工夫する必要があります。

特に聞いておきたいのは、手続きがどの程度で終わるかです。薬局の権利を売却するためには、購入する相手を見つけなければいけません。どの程度の期間探せば購入相手を見つけられるかは、依頼する会社によって変わってきます。

話し合うときは手続きが終わるまでの期間を聞いておくと、対応しやすくなるのでメリットを得られます。交渉が上手くいかないと権利の譲渡に時間がかかるため、どの程度までかかるか聞いておくのは大切です。長期間権利の譲渡ができなくなってしまうと、その間薬局を維持する負担がかかってしまいます。

短期間で薬局の権利を譲渡できないと困るので、担当者と話すときは確認がいります。またM&Aをおこなう薬局で社員を雇っている場合は、そういう方がどうなるか知っておかなければいけません。雇用を継続してくれるかが重要になるため、担当者と十分に話し合っておくべきです。

 

相談がいる権利を譲渡した後の対応

経営していた調剤薬局を売却するときは、M&Aを頼める会社を利用するケースが多いです。相談内容を決めて担当者と話し合い作業をすれば、短期間で権利を譲渡するのも難しくありません。

ただ権利を譲渡した後の対応も重要になるため、その点についても聞いておく必要があります。薬局の権利を譲渡した後で起こりやすいのは、地域の医療機関との協力関係が悪化することです。薬局と病院は協力関係がありますが調剤薬局のオーナーが変わると、それが原因で関係が悪化する場合があります。

権利を譲渡して医療機関との関係が悪化すれば、地域の住民に悪影響を与えてしまいます。そのような点も担当者に聞いておくべきで、問題が起こらないか確認しておかなければいけません。お店に来る客との信頼関係も重要になりやすく、安心して頼める相手に権利を譲渡する必要もあります。

M&Aの会社の担当者と話し合うときは、このような権利を譲渡した後の問題も聞いておくべきです。事前に話し合っておかないとトラブルになりやすいため、具体的な内容を聞いておかなければいけません。

また権利を譲渡すれば資金を得られますが、その手続きについても十分に話し合うべきです。多額の資金が手に入ったときは税金の手続きもいるため、どのようにするべきか聞いておくと困らずにすみます。

 

自分で経営している調剤薬局の後継者がいない場合は、M&Aのサービスを使える会社を利用する方法もあります。具体的な相談内容を決めてから話し合えれば、十分な情報を得られるので効果的です。話し合うときに聞いておきたいのは権利を譲渡したときに得られる利益で、どの程度の金額になるか確認がいります。

また権利を譲渡した後の対応についても相談するべきで、時間をかけて話し合っておけばM&Aをおこなっても問題が起こりづらいです。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム