人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aができる条件とは?

公開日:2018/11/09  最終更新日:2019/05/07

調剤薬局は、高い利益を出せている場合でも、先行きがわからずに、不安を感じているオーナーの方もいます。

順調に運営を続けている時の方が、事業譲渡の良い話をもらえる場合があるため、後継者不足など、様々な問題を解決するためにも、選択肢の一つとして注目です。

売上高や利益も交渉を進める時に重要になります

調剤薬局のM&Aができる条件として、1店舗だけでも売上高の良いところでないと、交渉を進めて良い話をもらうのが難しくなってしまいます。

最近のお店は、薬局だけではなく、お菓子や飲み物など、様々な商品が販売されているところも多くあり、夜遅くまで営業を続けているお店もあります。

品揃えが豊富で、営業時間も朝から夜遅くまでやっていると、お客さんも気軽に利用できるようになり、薬以外にも、ついでに食料品を買うお客さんも多いです。

大手のドラッグストアに比べると、零細規模の薬局の経営環境は厳しく、いろんな工夫をして、売り上げアップを目指すことも大事です。

しかし、地域の方々の信頼が厚かったりと、1店舗でも売り上げが良い優良な薬局なら、買い手をたくさん見つける事ができるチャンスを作れます。

年間の売り上げが数億円あり、利益も数円万円出せている場合、企業買収を進めていきたい時に、買い手が見つかる可能性は高いです。

経営が順調ならば、そのままお店を続けていけばよいのですが、後継者不足の問題があり、後継ぎがいない状態だと、お店を閉店せざる負えなくなってしまうリスクがあります。

さらに、雇っているスタッフを守りたい方にとっても、後継者の問題を解決するために、事業譲渡の検討を始めて、仲介業者との話を進めていく事も重要です。

また、規模が小さいと、オーナーが努力して運営を進めていく際に、先行きが分からないことに不安を感じる方も多く、将来の事を考えて、決断する事が求められます。

地方は特に、人口が減少していくため、様々な工夫をしないと、利益を出すのが難しくなってしまいますし、近くに大型店舗が誕生する可能性もあります。

将来、環境が大きく変わってしまうリスクがあるため、高い売り上げを出すことができている調剤薬局もこれからの事を考えた備えを進めていく事が必要になります。

取引先との関係を壊さないことも重要です

一店舗の経営は、M&Aを進めていく時の条件として、取引先にきちんと納得してもらう事が求められるため、直接話をする時間を作る事も大事です。

特に、地域の医療を支えてきたドクターと調剤薬局オーナーとで、話をしっかりと進めていく事は重要であり、仲介業者に事業譲渡を任せるだけではなく、オーナーが自分で話すことにも注目です。

長い間、信頼関係を築いていた分、直接会って話をする事により、きちんと納得してもらう事ができる場合もあります。

土地の問題など、一つ一つ問題点をきちんと解決する必要があるため、仲介業者にしっかりと相談を行い、準備を進めていくだけではなく、取引先や雇っているスタッフとの話にも注目です。

細かなやり取りも事業譲渡をうまく進めるために重要な事なので、取引先を心配させることのないように、きちんとした対応をする事が求められます。

ドクターに理解してもらうためには、信頼関係を壊さないためにも、情報をしっかりと公開していき、問題点を相談し合う事にも注目です。

後継者がいないことに悩んでいるなど、ドクターにも相談をする事で、お店の課題をきちんと理解してもらえますし、ドクターが安心してくれる方法も提案できます。

例えば、事業譲渡を進めていく場合でも、オーナーがしばらく残れるように環境を整えておくことで、取引先も安心感を持てるケースは多いです。

取引先にも安心してもらえるように、事業譲渡の話を進めていく事は重要なので、周りにもしっかりと配慮した取引の進め方を考えていく事が必要になります。

仲介業者のスタッフと相談することもポイントです

ネットワークがある仲介業者なら、事業譲渡の良い話を持ってきてくれるチャンスがあるため、複数ある仲介業者の中から、頼もしい存在となる所を見つける必要があります。

企業の実績を調べる事で、様々なことが分かり、得意とする分野があることが分かるなど、安心してサポートを受けられる所を見つけられる方もいます。

情報収集をスムーズに進めていくコツとして、比較サイトを参考にする事で、調剤薬局のM&A会社のそれぞれの特徴を把握しやすくなり、成功率の高い企業を見つけるチャンスもあります。

どの仲介業者に決めるか迷っている方は、ランキングサイトをチェックする事により、人気の理由を知ることができ、規模の大きさの比較もしやすいです。

まとめ

1店舗だけでも高い売り上げを維持できる調剤薬局もありますが、大型店舗が近くにできるなど、将来のリスクに備えていく事は大事です。

後継者がいない問題に悩むところもあったりと、お店を守るための方法として、事情譲渡を進める方法があります。

サポート体制の比較もしながら、仲介業者を比較して、安心感を持てるところに決めることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム