人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aの成約率はどれくらい?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/06

ビジネスで利用していた調剤薬局の維持が難しくなったときは、M&Aのサービスを利用して対応する方法もあります。

信頼できる会社を使えば成功する確率が高くなりますが、依頼するときはどのようなところか十分に調べなければいけません。

 

調剤薬局のM&Aを頼むときに気をつけたい成約率

薬品の販売をする調剤薬局は信頼されているビジネスですが、後継者不足などで経営の維持ができなくなるときがあります。もし経営の維持ができなくなったときは、事業をやめてしまうのも可能ですがリスクが存在します。

廃業するためには複雑な手続きをしなければならず、在庫の処分などをすれば損失が発生してしまいます。効果的に対応したい場合はM&Aの会社に相談して、事業を継続できる方法を話し合うと問題に対応しやすいです。

事業の継続を相談できる会社では、新しい経営者を探してくれるなどの対応をしてくれます。薬局を第三者に譲渡できれば事業の継続ができるため、地域で薬を必要としている方を困らせずにすみます。

仕事を依頼できる会社は多く存在しますが、頼むときに気をつけたいのは成約率です。実績のある会社ならば高い確率で成功できますが、そうでないところだと失敗する恐れもあるので気をつけなければいけません。

信頼できる会社に相談すれば成功する可能性が高く、好条件で薬局の売却ができる場合もあります。成約率が高いところは90%を超えていますが、低い会社もあるので十分に確認するべきです。

どの程度なのかは事前に相談すれば教えてくれるので、話を聞いておけば詳しい情報を得られます。薬局の経営を引き継いでもらえるサービスは便利ですが、会社の特徴などは調べておく必要があります。

 

成約率が高い会社を選ぶための情報収集

調剤薬局の経営が維持しづらくなったときは、支援してくれる会社に相談する方法もあります。実績のあるところに依頼できれば良い結果を得やすく、十分な成果を得るのも難しくありません。

評価されている会社の成約率は高いところは90%程度なので、それに近い会社に仕事を頼めば失敗しづらいです。90%よりも低い会社は何らかの問題が存在する可能性があるため、良く考えて利用しなければいけません。

また中には100%成功すると宣伝しているところもありますが、そういう会社には信用できないところも存在します。M&Aは必ず成功するわけではないので、絶対に上手くいくと宣伝しているところは避けるべきです。

仕事を依頼するところを探すときは評価の高い会社を選びたいですが、そのためには情報収集が必要になります。十分に情報を集めてから依頼するところを決めないと、後で問題になるので気をつけるべきです。

依頼する会社の情報を集めるときは、雑誌などを利用して対応する方法もあります。信頼できる情報を提供している雑誌ならば、評価の高い会社を見つけるのも難しくありません。

ただ雑誌を使って情報を集めるのは手間がかかりやすく、簡単にはできない場合もあるので注意がいります。楽に情報収集したい場合は、ネットを使って対応すると効率良く調べられます。

ネットを使えば会社の特徴や口コミ情報も得られるため、どこに依頼すれば良いか分かりやすくなります。

 

トラブルが発生しないための会社比較

M&Aを依頼するときは成約率の高いところを選ぶべきですが、そのときにポイントになるのが会社の比較です。特定の会社とだけ交渉して決めてしまうと、何らかのトラブルが発生する場合があります。

仕事を依頼できる会社はそれぞれ特徴があるので、詳しく調べてから利用するところを選ぶべきです。特徴を把握しておけば自分に合っているところを選びやすく、効率良くM&Aの手続きをおこなえます。

そのためにも会社を比較するのは大切なので、どのようなサービスを受けられるか確認するべきです。会社の比較をするときはネットが使いやすく、短時間で情報を得られるのでメリットがあります。

ネットを使えば会社ごとの成約率も調べやすく、どの程度成功できるか簡単に把握できます。十分に情報を得てから依頼するところを選べば、成功しやすい会社に仕事を頼むのも難しくありません。

調剤薬局の事業を譲渡するときに使える会社は、今までの実績を公開している場合もあります。成約率は確かに重要なデータですが、具体的にどのようにおこなわれるか知っておくのも大切です。

公式サイトで今までの実績などを確認しておけばどういう形でおこなわれるか分かります。十分に情報を集めてから会社を選べば、向いているところがどこなのか理解できます。薬局の経営を誰かに引き継いでもらうときは、成功しやすい会社に頼むと問題が起こりづらいです。

 

後継者がいないなどの理由で調剤薬局の維持ができない場合は、専門会社に相談してM&Aをおこなう方法もあります。信頼できる会社を使えばトラブルが起きづらく、スムーズに事業の譲渡ができるのでメリットを得られます。

会社を選ぶときは成約率が重要になりやすく、高いほど失敗しづらいので事前に調べておく必要があります。評価されている会社の成約率は90%以上あるので、そういう会社に仕事を頼んでおけばM&Aをしても上手くいく可能性が高いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム