人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

調剤薬局のM&Aを検討している経営者の年齢層について

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/02

調剤薬局の中には、経営が順調でも後継者が見つからずに存続の危機を迎えているところもあります。問題を解決するためにもM&A会社に相談をして、地域の調剤薬局を守るよう早めに相談をし、できることを進めましょう。たくさんの情報を集めた結果、視野が広がって最も適した方法を選択できるようになります。

M&Aを検討している経営者の年齢層

調剤薬局業界の現状は経営者の高齢化が進んでいる状態で、今後の経営を考えるときに悩みを抱える方がたくさんいます。薬局は地域の方々の健康を支えていく重要なところですし、調剤報酬も国の制度で患者の負担が少ない内容となっているため、安定している業界です。

経営が順調でも調剤薬局のM&Aを検討している経営者の年齢層は60代から70代が多く、引退したくても後継者がなかなか見つからないといった理由からM&Aを検討される方が多いようです。子どもが継いでくれると安心感を持てますが、子どもが別の業界へと進んでしまうと後を継いでもらうこと自体が難しくなります。薬局では慢性的な薬剤師不足だけではなく、経営者の後継者不足も深刻な課題となります。

医療系の資格の取得は学校で学ぶ期間があるなど時間がかかる場合があり、経営者が高齢化していたとしても、すぐに後継者が育つとは限らない現状があります。少子高齢化社会が進んでいることも問題があり、医療の財源の問題や若手がなかなか育たない問題など、対策を進めなければならないことが多くあります。

経営者の高齢化の問題を解決するために、事業継承を早めに考えることが求められます。子どもに継いでもらいたい場合育てていくための時間が必要になりますし、一方従業員に継いでもらう選択肢もありますが、地域で長く愛されてきた薬局を守るために、しっかりと経営してくれる企業を見つけてM&Aを進めていく選択肢もあるのです。

薬剤師の雇用を守ることができるメリット

後継者がいない問題に対して経営者は、今のままでは薬剤師の雇用を守れないことに危機感を感じる方もいます。スタッフを家族のように大切にする経営者も多く、雇用を守ることができるように、自身が引退する前に解決策を見つけなければなりません。M&Aにおいて大手調剤薬局に協力してもらえるようになった場合、株式譲渡と事業譲渡の方法があり、株式譲渡の場合スタッフは今までと変わりなく働くことができます。

事業譲渡の場合でも、譲渡側との間できちんと合意されているのであれば、引き続き働きたいと思っている従業員の雇用を守ることができます。また、譲渡を受けた先が大手事業者であれば研修制度などが充実している場合もあり、今まで以上にスタッフが働きやすい環境を整えていくことができるでしょう。M&Aの仕方によって引退するときに安心感を持てますので、M&Aの交渉を進めるときの条件として、従業員を守ることができるように話を進めていくことがとくに大切です。

また、待遇を維持してもらえるように話を進めることにより、スタッフがこのまま働けるようになったときに不満を持つことのないようにケアできます。こだわりたい条件は早めに伝えて、相手に理解してもらえるようにすることが重要です。

M&Aを仲介する会社に交渉力があると、こだわりたい条件を伝えるだけではなく、できるだけよい条件でまとめるように動いてもらえます。そのためには頼もしいスタッフを見つけられるようにすることも必要ですし、仲介会社のサポートが充実していれば仕事があって忙しい中でもしっかりと準備を進めていくことができます。

M&A仲介会社の比較を行いましょう

大手のM&A仲介会社だから安心して依頼できるという方もいますが、規模の小さな企業の中にも評判がよいところがあり、スタッフが一生懸命サポートしてくれます。比較を行うときに、企業の規模にこだわるのではなく、経験豊富なスタッフがいて、安心感を持って相談できるところを見つけることをおすすめします。経験豊富でデータの集め方が上手なスタッフがいる仲介会社だと、調剤薬局業界に詳しく、ノウハウを活かして交渉を進めてもらえます。

重要なことを決める際には駆け引きも必要になるため、いろいろと力になってくれるでしょう。また、長年薬局を経営していても他局より優れている点などに気付けていない方もいるため、競合の調査が得意なスタッフであれば、自分の薬局のアピールポイントを教えてくれますし、交渉に有利になるようなポイントも見つかるでしょう。

このようにアドバイザーとの相性はM&Aにおいてとても重要になるため、複数社の比較をしながら気になる仲介会社を選んでみましょう。周囲にM&Aを経験された方がいらっしゃったら話を聞いてみるのもよいですし、比較サイトを活用することでたくさんのM&A仲介会社のおすすめポイントをチェックできます。

仲介会社にもそれぞれ特徴があるのでそれらを把握できるでしょう。納得がいく、協力関係を築けそうな仲介会社がきっとみつかるはずです。調べた結果、積極的に提案をしてもらえる仲介会社が見つかり、自信を持って交渉できたという方もいます。

 

調剤薬局のM&Aを検討している経営者の年齢層は、60代から70代の方が多く、高齢化が進んでいます。引退したくても、まずは後継者を見つけることが重要なので、問題を解決するためにM&A会社にサポートしてもらうことが必要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム