人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

東京地区でおすすめの調剤薬局M&A会社 3選

公開日:2018/08/27  最終更新日:2022/09/06


近年、少子高齢化の影響もあり、あちこちの中小企業で後継者不在の悩みが聞かれます。調剤薬局も例外ではありません。後継者不在はもとより、エリアによっては薬剤師採用難などもあります。

そこで近頃とみに活発化しているM&Aは、事業継承問題で窮地に陥っている企業の解決策として注目を集めています。M&Aとは企業の買収、合併を指します。具体的には会社(株式)を譲渡したり、事業(店舗)を譲渡したりすることです。調剤薬局のM&Aにはどのような仲介業者が適しているのでしょう。

 

東京を中心に全国に拠点を持つM&A仲介企業

 

【詳細】

会社名:株式会社日本M&Aセンター(ニホン エムアンドエー センター)
Nihon M&A Center Inc.

住所:〒100-0005  東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉃鋼ビルディング 24階

連絡先:03-5220-5454

 

日本M&Aセンターは、顧客にとって価値のあるM&A仲介サービスを提供する企業です。M&Aとは、企業の合併や買収のことを指しますが、その仲介を担うプロフェッショナルとして経験や実績が豊富です。東証一部上場企業であり、中小企業M&A業界の最大手でNo1の成約実績があります。

質の高いサービスで、高い満足度を獲得しています。全国各地に7つの拠点を持ち、幅広い地域でのサポートが可能です。東京の本社では、数多くのコンサルタントが所属しており営業力には定評があります。専門性を要する調剤薬局のM&Aもに強く、多くの成功事例もある日本M&Aセンターは、東京エリアにおいても重要な存在と言えるでしょう。

昨今、調剤薬局業界は調剤報酬改定による将来不安、ドラッグストアの調剤強化や競合薬局の増加、薬剤師不足、後継者不在など多くの問題を抱えています。そんな中、大手薬局チェーンによる中小薬局チェーンの買収や中堅・中小チェーンによる個人経営の薬局の承継が進むなど業界再編の真っただ中にあります。

業界における問題解決に定評があるのが、日本M&Aセンターです。調剤薬局業界において、M&Aをするメリットは譲渡側、譲受け側双方にあります。社内に調剤薬局専門チームを持つこの会社であればM&Aを考えている調剤薬局にとって心強いパートナーとなるはずです。

薬局業界のM&Aに特化した会社です

 

【詳細】

会社名:MACアドバイザリー株式会社

住所:〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル本館6階

連絡先:03-5532-2511

 

MACアドバイザリーは東京を中心に全国の調剤薬局やドラッグストア向けにM&A仲介、コンサルティングを行っている会社です。企業のM&A仲介、アドバイザリーを行っている会社は数多く存在しますが、医療関係の特に薬局業界に特化してM&Aを行っている会社は決して多くはありません。

MACアドバイザリーは調剤薬局M&Aの黎明期から事業を行っており、業界No1企業です。独立開業を希望する薬剤師向けの支援、コンサルティングなども行っています。この会社のスタッフに薬局の状態をチェックしてもらえば、ストロングポイントとウィークポイントを把握する事ができます。その上で、最適なM&Aを行うパートナーの調査、探索も行ってもらえます。

MACアドバイザリーは薬局業界のM&Aに特化してM&Aを実践してきた経験が豊富です。東京エリアでの情報、必要な知識もこの会社のスタッフは兼ね揃えています。調剤薬局のM&Aを検討するならば、薬局業界のM&Aに特化したこの会社を仲介先に選択する事が重要です。

 

関東圏を中心に東京エリアで薬局業界に特化してM&Aを行っている会社をご紹介しました。薬局業界に特化している事もあり、その情報網と情報量、そして必要な知識が豊富な会社となっています。調剤薬局のM&Aを行うなら薬局業界のM&Aに特化した会社がお勧めです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム