人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

名古屋地区でおすすめの調剤薬局M&A会社 3選

公開日:2018/08/27  最終更新日:2018/09/19


医薬分業が積極的に推進された頃にできた調剤薬局のオーナーは高齢化してきています。その為、後継者のことで悩んでいる方も多いです。せっかく築いた事業を永続させるためには継承してくれる人が必要です。

しかし親族に継がせたいと考えていても、薬剤師になっていないケースでは現実的に難しいといえますし、将来見通しが不安な状況では継ぐ決断をしないこともあり得ます。今後も事業を存続させていくなら、M&Aについて検討しておくことが必要です。

 

いつまでも事業を存続させて発展させるには

【詳細】

会社名:株式会社日本M&Aセンター(ニホン エムアンドエー センタ
ー)Nihon M&A Center Inc.

住所:〒100-0005  東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉃鋼ビルディング 24階

連絡先:03-5220-5454

 

名古屋で苦労して調剤薬局を立ち上げたからには、事業を残していくのは経営者の願いです。しかし様々な理由から後継者難で苦労している方もいます。地域の患者さんや処方元の医療機関、一緒に働いてくれている従業員のためにも今後のことを考えて、M&Aを選択肢として検討しておくことが大事なのです。

しかしM&Aはただ行えばいいというわけではありません。一生に一度の決断になるケースも多いです。その薬局の価値を正しく理解して分析し、最適なパートナーを探してくれる日本M&Aセンターがおすすめです。日本M&Aセンターは全国の金融機関や会計事務所と連携して幅広いネットワークを構築しています。

全国でもトップクラスの情報網を駆使してベストの相手につないでくれるのです。また調剤薬局M&A専門チームを持ち、コンサルタントが多数在籍して、クライアントのために日本中を駆け回り最新の情報を提供してくれます。さらに圧倒的な量のデータベースを使って、ベストパートナーを探してくれます。M&Aについて聞きたいことがあれば、電話やインターネットで無料で相談にのってくれるので一度連絡してみてください。

リスクに向き合うプロフェッショナル

【詳細】

会社名:株式会社CBパートナーズ

住所:〒105-0013
東京都港区浜松町1-10-11 VORT浜松町II 3F

連絡先:03-6430-3902

 

 

CBパートナーズは医療・介護・福祉業界に特化したM&Aの専門会社であり、蓄積したノウハウを武器に、全国から最適なパートナーとのベストマッチングを提供します。全国主要都市に展開するCBホールディングス(旧キャリアブレイングループ)のネットワークを活かし、あらゆる地域で最新情報を取得、蓄積出来るのが強みです。

現場を理解し、きめ細やかなサービスを行うことで、顧客の要望に沿う解決策を提案するのが一番の特徴でしょう。日々刻々と変化する業界の状況を捉え、譲渡・譲受した後も事業を安定して運営出来るよう、業界に精通したアドバイザーがサポートします。業界特有の報酬改定や人材不足などの経営リスクに向き合い、全国の情報ネットワークを駆使して解決策の提供を行います。公式サイトからメールフォームでの問い合わせやフリーダイヤルでの問い合わせが可能です。

より良いM&Aのために、豊富な知識と経験を持つ会社

【詳細】

会社名:MACアドバイザリー株式会社

住所:〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル本館6階

連絡先:03-5532-2511

 

 

1997年以降、医薬分業などの医療保険制度改革の進展により、調剤薬局の市場規模は大きく拡大しました。それと共に薬局の店舗数も増加し、現在では生き残りのためのM&Aが盛んに行われるようになっています。M&Aの過程では、さまざまな手続きや作業に対する綿密な計画が必要です。そのため、仲介アドバイザーとなるM&A会社の存在がとても重要になります。

調剤薬局M&A会社には豊富な知識と経験が求められますが、「MACアドバイザリー」は事業に精通した非常に頼りになる会社として知られています。MACアドバイザリーは、薬局業界に特化したM&A会社です。豊富な実績と優れたネットワークを持ち、法律・税務・会計など専門性の高い事案についてもワンストップサービスを実現しています。

また、わかりやすい完全成功報酬制を採用しているため、成約までは一切の費用が掛からずに安心です。将来的な視点から、あらかじめ薬局の企業価値の評価を依頼することも可能です。日本全国すべての都道府県に対応しているMACアドバイザリーは、調剤薬局のM&Aに関する力強い相談相手になってくれること間違いありません。

 

最近では、医薬分業など国の医療保険制度改革の進展によって調剤薬局の市場規模が拡大し、薬局の店舗数も大幅に増加しました。地域によっては出店過多の場合もあり、将来的な事業継続のためにM&Aが避けられない状況も生まれてきています。M&A遂行の過程では綿密な計画が必要で、仲介を行うアドバイザーの役割がとても重要です。そのため、豊富な知識と経験を持った頼りになる調剤薬局M&A会社を選ぶことが、成功への第一歩となると言えるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
調剤薬局M&A会社一覧!
経営承継支援の画像
調剤薬局M&A関連コラム