人気と評判の調剤薬局のM&A(企業買収)会社をランキングでご紹介!【薬局の譲渡・売却を検討中の方におすすめ!】

前へ
次へ

調剤薬局M&A会社ランキング!

調剤薬局M&A業者は名前だけで決めてしまってはいけない

本格的な高齢化社会の時代が到来しました。
長年、調剤薬局の運営をされている皆様にとって目下の悩みごとと言えば、やはりご自身の引退後に薬局を今後どう残していくかといったことではないでしょうか。

例えば、業績も良好で、子供が薬剤師になっていて、本人も薬局を継ぐ意志ありといった後継者に心配がない状態であれば良いのですが、現在は業界を取り巻く環境が非常に大きく変化しており、これまでのように楽に儲かるといった業態ではなくなっていますから、先行き不安のため自分の子供には継がせない、継がせたくないという考えの方もいらっしゃるかもしれません。

人生100年時代と言われていますので、70歳まで、場合によっては80歳でも生涯現役で働けるまで働くということでもよいのかもしれませんが、やはりご自身の引退時期と合わせて処方元医療機関や地域の患者様のために薬局を今後どうするのか検討し、決めておくことが引退前の最後の仕事であるといえると思います。

このサイトでは、事業継承の手段として、M&Aの紹介をしています。
幸い、調剤薬局のM&Aを請け負っている仲介業者は数多く存在します。うまくいけば薬局を大手のチェーン薬局に譲渡し、創業者利潤を得るとともに強固な経営基盤の元で薬局運営が継続されるでしょう。

M&A仲介業者は玉石混交でWEBサイトなどでちょっと調べても実際のところはよくわかりません。
依頼するのであればやはり信頼できる業者に安心して任せたいものです。

業者選びに失敗しないようにするためには、大手だから知名度が高いからで適当に業者選びを行ってはいけません。
しっかりと情報を精査した上で、複数の業者から比較検討して選ぶようにしましょう。

調剤薬局M&A会社ランキング一覧!

東京MAパートナーズの画像 東京MAパートナーズの画像
長年の経験と実績に裏打ちされた的確なアドバイスと安価な報酬

数々の調剤薬局M&A業者に関する多方面からのリサーチを行った結果、私がもっとも「信頼できる」と感じたのは、「東京MAパートナーズ」です。

実際のやり取りでも感じたのですが、大変誠実な会社で他社にはない安心感があります。調剤薬局に特化した運営を2009年から約10年間にわたって続けているとのことで、多数の成約実績があります。

規模的には数千万円後半から1億円、2億円といった調剤薬局で1、2店舗の調剤薬局の事業承継案件が多いようです。

エリアは不問ですが、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に名古屋エリア、関西エリアなど都市部の薬局のM&Aを中心に行っているようです。

おすすめポイント

Point 1. 調剤薬局業界に特化

東京MAパートナーズの基本情報

基本情報 設立:2009年
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-15 東洋新宿ビル4階
電話番号:03-3357-6183
強み 成約率100%という結果を出している経験豊富なコンサルタント
手数料 1店舗のみの場合は無料!

東京MAパートナーズの詳細情報

【代表の竹内さんは20年以上のキャリアを誇る大ベテラン】

一体なぜ、この東京MAパートナーズは輝かしい実績をあげ、新興の企業でありながら高い信頼性と安心性を勝ち得ているのか。優秀なスタッフを多数抱えていることもありますが、やはり代表である竹内寛暁さんの力によるところが大きいのではないかと考えています・・・

【手数料を安く抑えてくれるから、利益が売り手に還元される】

M&A仲介業者を選ぶ上で見逃してはならないポイントと言えば、やはり手数料でしょう。とくに調剤薬局の場合は専門的な業界ということもあって、手数料が高くなってしまいがちです。・・・

【長年にわたって築いてきたネットワークで、競争率の激しい首都圏エリアに強み】

あまり知られていないことではありますが、M&A業者の多くは長い間運営を行うことができず、早期に撤退してしまうケース、サービスを謳っているものの実際にはほとんど実績のないケースもあるようです・・・

日本M&Aセンターの画像 日本M&Aセンターの画像
M&A仲介会社の最大手で調剤薬局専門チームあり

今回の調剤薬局M&A業者を決めるにあたっては、かなりの数の仲介業者にアプローチして、実際に相談しました。私自身の経験と知識に基づき、なんとかこのサイトを完成させることができました。

比較検討を行ったうえで2位にランクインした企業が、この「日本M&Aセンター」です。

この日本M&Aセンターは東証一部上場企業で中小企業のM&Aの草分け的な企業です。これまでのM&A成約実績は業界No1でなんと年間成約件数が650件近くにもなっていて、調剤薬局業界でも多数の成約実績があります。

おすすめポイント

Point 1. 調剤薬局専門チームあり

日本M&Aセンターの基本情報

基本情報 設立:1991年
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
電話番号:0120-691-787
強み 全国にネットワークがある
手数料 着手金で100万円が必要

日本M&Aセンターの詳細情報

【調剤薬局に特化した専門のコンサルタントチームを結成し、2013年から調剤薬局M&Aに注力しています】

M&A業者を選ぶ上で最も注意すべきポイントとして、「その会社(担当者)に経験と実績があるか」という点があげられます。日本M&Aセンターでは業界の特性を知り尽くした専門チームを作り、中堅・中小規模の調剤薬局の事業承継問題の解決や、グループ化戦略をサポートしており、M&A支援サービスを全国規模で提供しています・・・

【報酬が高く、規模の小さな調剤薬局のM&Aだと割高になりがち】

豊富な実績を持ち、クオリティも高く、東証1部上場企業と信頼度の高いこの日本M&Aセンターではありますが、弱点としてコストパフォーマンスの悪さが挙げられます。たとえば1位で紹介した東京MAパートナーズの場合・・・

【小規模事業者向けのインターネットを利用したM&Aマッチングの専門子会社を設立】

中小・小規模企業全体の話にはなりますが、団塊世代の高齢者が一斉にリタイア年齢を迎えるため、後継者不在により今後10年間で127万社もの事業者が廃業の危機を迎えると言われているそうです・・・

MACアドバイザリーの画像 MACアドバイザリーの画像
調剤薬局M&A専業で大手企業からの信頼も厚い

3位にランクインしたのは、「MACアドバイザリー」です。

このMACアドバイザリーは調剤薬局のM&A専門業者ですが、HPによれば全国的な知名度の高い大手企業から直々にM&A仲介の指名がくることがしばしばあるのだそうです。

M&A仲介業者というのは、M&Aに積極的な大手チェーン薬局が中小を取り込む形で業界再編が進んでいくため、大手企業とのつながりが強くなる場合があります。

よって、実績豊富な企業となると、買い手となる大手企業から「この薬局を買いたいのでその打診してみて欲しい」といった風に指名を受けることもあるのです。

また、業界の専門誌などから、記事の執筆依頼やインタビューを受けることが多々あるとのこと。こういったものはよほど専門的な知識がない限り、依頼されることはありません。この会社の知識やノウハウはかなり信頼されているといってよいでしょう。

おすすめポイント

Point 1. 大手企業からの信頼がある

MACアドバイザリーの基本情報

基本情報 設立:2009年
住所:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル本館6階
電話番号:03-5532-2511
強み ドラッグストアも扱っている
手数料 完全成功報酬型(最低500万円程度)

MACアドバイザリーの詳細情報

【きめ細かなアドバイスや積極的な提案を行ってくれる】

MACアドバイザリーはその豊富な実績を公式HPなどで全面的にアピールしています。業界のリーディングカンパニーを自負しており、「薬局M&A」でNo.1の満足度をお約束しますとあります。とくに手がけた案件の数は業界トップクラスであるとしており・・・

【調剤薬局だけでなく、ドラッグストアも扱ってくれる】

調剤薬局を中心としたM&Aの仲介を事業として展開しているMACアドバイザリーですが、あらゆる面において他社との差別化を行おうとしています。その中のひとつが、「調剤薬局のみならず、ドラッグストアのM&Aも扱う」といったものです・・・

【自ら薬局を運営しており、業界の専門知識に精通】

調剤薬局のM&Aは通常の企業のM&Aとは多少異なる点もあるようで、業界に精通していない業者に依頼すると、ハッピーリタイアどころか大きなトラブルに巻き込まれて、最後に悔いを残してしまうといったこともあるようです・・・

CBパートナーズの画像 CBパートナーズの画像
日本全国主要都市に拠点を持ち、ネットワークが広い

4位にランクインしたのは、「CBパートナーズ」です。

このCBパートナーズは調剤薬局のM&A支援のみならず、介護施設や病院、クリニックのM&A支援なども行っているようです。 HPにはアドバイザーの一覧が顔写真付きで掲載されています。かなりの人数がいるようです。

東京本社の他に「東京支社」「さいたま支社」「横浜支社」「仙台支社」「札幌支社」「名古屋支社」「大阪支社」「岡山支社」「広島支社」「福岡支社」の合計10の拠点をかまえており、全国をカバーしています。

このCBパートナーズの強みは、こうした数多くの拠点があることにより、より身近に相談できるということ、またそうした地域の情報を持ち医療、介護の分野でも独自に形成したネットワークを駆使して、M&A業務を行っているということでしょう。

おすすめポイント

Point 1. 医療・介護・薬局に特化

CBパートナーズの基本情報

基本情報 設立:2016年
住所:〒105-0013 東京都港区浜松町1-10-11 VORT浜松町II 3階
電話番号:0120-979-544
強み たった5年で100件の実績!
手数料 成功報酬型(最低1000万円)

CBパートナーズの詳細情報

【CBホールディングスのグループ会社であり、ブランド力は高い】

一体なぜこのCBパートナーズは全国各地の主要都市に拠点を立ち上げ、企業活動ができているのでしょうか。それは、この会社が「CBホールディングス」のグループ企業であるという点が大きいでしょう・・・

【成約件数が右肩上がりで勢いが感じられる会社】

HPによると2012年にCBホールディングス(旧キャリアブレイン)の経営支援情報室として調剤薬局のM&A支援をスタートさせたということで、これまでに100件を超える成約実績があるということです・・・

経営承継支援の画像 経営承継支援の画像
全国1000以上の独自ネットワークを持つ新興企業

いよいよこの調剤薬局M&Aランキングも最後となりました。 この経営承継支援が自分たち独自の強みとしてアピールしているのは、そのネットワークの豊富さ。

公式HPによれば、なんと全国に1000以上ものネットワークを有しているとのことです。

基本的に、M&A仲介事業というのはネットワークが強ければ強いほど、利益を生み出すことができるとされています。

また、この経営承継支援はコストパフォーマンスにおいても優れています。

おすすめポイント

Point 1. 最適なプランを提案

経営承継支援の基本情報

基本情報 設立:2015年
住所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館20階
電話番号:03-6279-0596
強み 全国に1000以上のネットワークをもつ
手数料 完全成功報酬型(最低500万円)

経営承継支援の詳細情報

【大企業よりも中小企業に対して独自の強みを持っている】

この経営承継支援は過去にさまざまな企業のM&A仲介を成功させた実績があることをアピールしています。その中でも企業規模の小さな、いわゆる「中小企業」や「零細企業」のM&Aに対して特に強みを持っているようです・・・

【急成長中で成約件数を伸ばしている】

この会社が設立されたのは2015年。このランキングでもっとも設立から日の浅い企業になりますので、そのあたりが気になるところです・・・

よく読まれている記事

おすすめの調剤薬局M&A会社情報を一覧にしました

さて、本サイトではおすすめのM&A会社を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。それぞれ独自のネットワークを持ち、実績もあるM&A会社ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各企業の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名東京MAパートナーズ日本M&AセンターMACアドバイザリーCBBパートナーズ経営承継支援
問い合わせ先03-3357-61830120-691-78703-5532-25110120-979-54403-6279-0596
対応エリア都心部を中心に全国対応可。名古屋、関西エリアにも対応可能。都心部を中心に全国対応可。営業所は全国に7ヶ所ある。情報なし全国対応可。10ヶ所の拠点を構えている。全国対応可。大阪・福岡に1ヶ所ずつ事務所を構える。
実績について20年以上の実績があり、調剤薬局の部門では10年の実績がある。成約率はなんと100%業界NO.1の成約実績を誇り、年間成約件数は650件過去10年で成約実績150件以上。面談実績は2000件を超える実績を持つ。わずか5年で100件を超えるM&Aの仲介を行い、現在年間45件以上、累計200件以上の実績を持つ。2015年に設立された新興企業ながら、1~2億の小規模な取引から300億を超える大型案件まで、様々なケースに対応。
費用※譲渡側の場合
1店舗のみの場合・・・無料
2店舗以上の場合・・・500万円(固定)
着手金(100万円~)+成功報酬(最低成功報酬額2000万円)完全成功報酬型。手数料率1~5%。譲渡価格が8000万円を下回る場合、最低報酬額は500万円程度。成功報酬。手数料率は2~5%。ただし、最低報酬額は1000万円。完全成功報酬型。手数料率は3~5%。最低報酬額は500万円。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。やはり注目すべきは実績や経験の豊富さといったところでしょう。

また、おすすめのM&A会社として、上記のポイントに注意すべきなのは大前提ですが、手数料の金額にも違いが見えるので、納得いく形で売却を進められるように自分の希望や理想にあった業者を選びましょう。

私は実際に調剤薬局のM&Aをお願いした


はじめまして、このサイトの運営管理を行っている者です。普段は都内のIT系企業にてWEB制作の業務に従事しています。

このサイトも普段の仕事の応用で制作しましたが、何分自分が使うHPやブログを制作したということがなかったので、少々つたない出来になってしまっていますが、それでもよろしければぜひご覧くださいませ。このサイトへアクセスされた多くの方は、「なぜIT会社の人間が調剤薬局M&A業者のサイトを作ったんだろう」と思われるかもしれません。

実は、このサイトを作ったきっかけは、私自身が経験した出来事に深く関係しているのです。そもそも、私の父が東海地方で調剤薬局を運営していました。

1店舗の薬局ではありましたが、地域に根差した薬局として20年以上続いてきました。父に変化が訪れたのは、今から2~3年ほど前のこと。健康上の問題を抱えて、日々の営業を続けるのが厳しくなってきました。幸い父の病気はさほど重いものではありませんでしたが、その時点で65歳と会社員であれば定年退職する年齢でした。

「ずっと自分と一緒に、地域の人たちと歩んできた店だから」と、なんとか続けようとしていた父でしたが、自身の体力の限界を感じて薬局を誰かに譲る決心を固めたのです。

退職後は父の知り合いに承継し、運営を任せようと考えたようですが、なかなか適任者が見つからず、最悪はこのまま閉めるしかないのかもと考えていたとき、知り合いから言われたある一言がその後の状況を大きく変えました。

「だったら、M&Aをすればいいじゃないか」

調剤薬局M&Aで、父の老後は安泰になった。


M&Aと聞いて、当初は少し抵抗がありました。「合併」や「買収」といった言葉のイメージから、悪いものだと考えていたのです。

一緒に過ごした時間が長い分、父にとっても私たち家族にとっても思い入れのある薬局ですから、気持ち的に簡単に手放すことはできませんでした。「はたして大手の会社に経営を任せられるのだろうか」と心配だったのです。

しかし、いろいろと自分で調べてみると、決してネガティブなものではなく、むしろたくさんのメリットがある手法だと知ったのです。「もっともよい形で父の薬局を残すには、M&Aしかない」そう考えた私は父に代わって、調剤薬局のM&Aを行ってくれる会社を探すことにしました。

しかし、自分が思っていた以上に数があり、一体どの業者が優れているのか、自分の乏しい知識では分かりませんでした。しかし、知り合いから聞かされていた「M&A業者の中には悪辣な会社もあるから、情報を精査した上で選ぶように」というアドバイスに基づき、めげることなくとにかく情報を収集。

公式HPのみならず、電話やメールでの問い合わせに資料の請求、直接の会社訪問、無料相談の活用など、あらゆる手段を用いて会社選びを行いました。大変な作業であり、多くの時間がかかってしまいましたが、その結果としてようやく父の薬局のM&Aをしっかり行ってくれそうな優良業者を見つけることができたのです。

その会社は決して大手というわけではありませんでしたが、担当となったコンサルタントはとても丁寧な人物でした。M&Aに関して無知といってもよい私や父の疑問に一つ一つ答えてくれました。

当初はM&Aに半信半疑であった父も、「この人なら安心してうちの店を任せられる」とすっかり前向きになってくれたのです。結果として、M&Aは大成功。想定していたよりも良い条件で譲渡され、父の現役引退後の充実した余生が約束されました。

もし、このサイトをご覧になっている方の中で、今まさにM&Aの依頼をしようか迷っているという方がいるのなら、ぜひとも前向きに検討することをおすすめいたします。M&Aは事業継承という難題をもっともよい方法で解決することができる手段のひとつと言ってもよいのです。

そういったことをより多くの皆様にお伝えするため、私はこのサイトを立ち上げました。調剤薬局のM&Aを請け負ってくれる優良業者は数多く存在しています。ぜひ、このサイトを参考に、満足のいくM&Aを行ってくださいませ

調剤薬局のM&Aとは何?


近年、調剤薬局のM&Aが加速しています。M&Aとは企業の合併と買収のことですが、特に薬局の業界では大手が個人経営や中小の薬局を買収するのが一般的です。

成功すれば双方に大きなメリットがもたらされますが、業界的に見てどのような実態になっているのかまとめてみましょう。

■変革が進む薬局業界をとりまく現状

日本では医薬分業の制度が施行されているので、患者の診察や薬の処方は医師が行いますが、調剤や管理指導は処方箋に基づいて薬剤師が行うのが主流です。つまり薬局は経営的に独立した形で運営されるわけですが、2018年現在、日本には約5万店舗以上もの薬局が存在しています。

これは全国のコンビニエンスストアの店舗数を上回る数ですので、薬局がいかに多いかが理解できるでしょう。目につくのは名前の通った大手チェーンや大手ドラッグストアですが、実はトップクラスの大手でも業界におけるシェアは3%程度に過ぎません。

このように、薬局の実態はほとんどが個人薬局もしくは中小企業で構成されていることがわかります。

業界の市場規模を見ると、厚生労働省の発表を見る限り、例年成長率は一桁ではあるものの決して低くはありません。ただし実態は、合併や売却の件数が非常に多くなっており、特に2016年を境に買収の動きが非常に活発化しています。

ここには医療費削減政策の煽りによる売上の減少も関係しているでしょう。ただ、統計によると薬局1店舗あたりの薬剤師の数は平均で2~3人であり、地方薬局になると経営者1人で運営している例が非常に多いことも関係しています。

調剤だけでなく販売も事務もすべて経営者1人で行うとなると業務量は膨大ですので、年齢によってはリタイアを余儀なくされます。しかも薬価は値段が国で決められているので、調剤薬局一筋では年々価格の下落による売上の減少から、存続が厳しくなる事は想像に難くありません。

■なぜ大手企業が買収を進めているのか

冒頭でも触れたように、Mergers&Acquisitions=企業の合併と買収が活発になっています。ただし日本の薬局業界の実態を見る限り、ほとんどは合併ではなく、大手が中小企業または個人経営の会社を買収する動きとなっています。

それなら何故大手が買収を希望するかというと、企業は利潤追求が命題ですので新規マーケットの開拓が必須だからです。新店舗を1店開店するだけでも国家資格を有する人員の確保が必須ですし、物件も営業許可も必要です。

いかに大手であっても新しいマーケットに進出するには綿密なリサーチが必要ですし、客層がどんなものなのか、どのような商品が売れるのかの調査も必要です。そうしたことに時間や費用をかけたくない、人員も新たに採用する手間を省きたいといった時に、今ある薬局を買収できれば多大なコスト削減につながります。

もちろん買収にも多大な資金は必要となりますが、ゼロから開拓するよりも低コストで一定の成功が見込めるほうがメリットの大きい選択となります。そのため、現在では薬局の買収は大手の有用な常套手段となっています。

日本の調剤薬局を取り巻く環境を考えると、今後もM&Aの動きは活発化の一途を辿ると考えられます。合併も売却も、売る側と買う側が双方大きなメリットを得ることが一番の成功と言えます。

いずれ売却を考えるつもりであれば、おそらく近々に迅速な決断が必要となるでしょう。実績ある仲介会社も多数ありますので、まずはそうしたプロフェッショナルに相談してみるのも一つの手段です。

調剤薬局のM&Aのメリットとデメリットは?


調剤薬局のM&Aは、今や業界内で活発に行われており、採算が取れない部門を適切な時期に売却したり、後継者不足の問題を解決したりするうえで大きなメリットがあります。一方、売却の方法によっては、現場でスタッフから不満が出やすいといったデメリットもあり、慎重に買収の是非を検討する必要があります。

■後継者がいない小規模の薬局の経営者も安心

薬局の売却は、後継者不足の悩みを抱えている各地の小規模な薬局の経営者の間で魅力的な取り組みの一つとして位置づけられています。特に、経営状態の良い大手の薬局に売却をしてもらうことで、創業者利益をしっかりと得ることができ、ハッピーリタイアメントを考えている人にとって大きなメリットがあります。

最近では、薬局の買収に抵抗を感じない経営者も増えており、業界内では頻繁に専門的なセミナーが行われることもあります。薬局の買収のタイミングについては、多くの経営者にとって把握しづらいことがあるため、こうしたチャンスを利用しながら、必要な情報をキャッチすることがおすすめです。

また、薬局の売却価格については、相手方との交渉によって大きな差が出ることもあり、場合によっては仲介業者に相談をすることで、希望通りの手続きを進めることが可能になります。なお、薬局の店舗の立地や築年数などは、売却価格を左右するポイントとなるため、納得ができるまで色々な業者の担当者に助言を求めることが大事です。
■薬局の経営の立て直しにつながることもある

薬局のM&Aは、経営不振の事業を切り離すうえで大きな利点があるため、経営の再建を目指す各地の薬局の経営者の間で関心が高まっています。例えば、調剤業務以外の事業を手放したい場合には、多角的なサービスを展開している大手の調剤薬局チェーンを相手方に選ぶことで、短期間のうちに経営状態を安定させることも可能です。

また、事業の売却に適した時期を判断するためには、様々な分野のノウハウが必要となることもあり、少しでも迷っていることがあれば、優れたキャリアを持つアドバイザーが揃っている仲介会社に支援をしてもらうのも良いでしょう。

例えば、中小企業診断士公認会計士弁護士などの専門的な資格を持つアドバイザーに相談ができる仲介会社は、様々な立場の経営者にとって、薬局の経営を立て直すうえで欠かせない存在として捉えられることがあります。薬局の経営を将来性に成功させるためには、ゆとりのある資金計画や事業のプランが必要となるため、早いうちから実績のある仲介会社の取り組みに目を向けることが大切です。

その他、実際に仲介会社を通じて薬局の売却を行った経営者の口コミを参考にすることで、それぞれの会社の強みを把握しておきましょう。

■現場の薬剤師が新しい職場に馴染めないこともある

薬局の買収には経営的に様々な魅力があるものの、実際に現場で働いている薬剤師をはじめとするスタッフが新しい職場の業務や雰囲気に馴染むまでに時間が掛かるという問題もあります。特に、経営方針や事業計画、業務内容などが大きく変更になる場合には、一人ひとりの薬剤師の年齢やスキル、キャリアなどに応じた研修をやり直す必要も出てくるため、薬局の買収の良しあしについてじっくりと検討を重ねることが大事です。

最近では、薬局の買収に意欲的な大手の薬局チェーンを中心に、買収先の薬剤師の能力を活かすために、業務に役立つマニュアルを作成するところも増えており、従来よりもスタッフの定着率が上がってきています。また、できるだけ人材育成や管理職登用などの制度がしっかりと整っている大手に事業売却をすることで、薬剤師のリストラなどのリスクを最小限に抑えることもできます。

なお、事業の売却先の選び方について判断に迷う時には、無料相談の対応がしっかりとしている仲介会社を通じて、経験が豊富なスタッフにアドバイスを受けると良いでしょう。

薬局のM&Aは、様々な立場に置かれている薬局の経営者にとって、大きな魅力のあるイベントとして関心が集まっていますが、後々の問題を防ぐためには、将来を見据えて手続きを取ることが何よりも大事です。特に、薬剤師の人数が多い職場においては、事業の売却の後にスタッフが仕事に馴染めずに離職をしてしまったり新しい仕事を覚えるまでに時間が掛かったりするケースも珍しくありません。

そこで、事業の売却先を選ぶにあたり、仲介会社を通じて薬剤師の教育制度がしっかりと整っている大手の調剤薬局チェーンなどに働きかけを行うこともおすすめです。なお、仲介会社によって得意分野に違いがありますが、安心してサポートを任せられるところを見つけるために、定期的に薬局の経営者を対象に実施されるセミナーや勉強会などに足を運ぶと良いでしょう。

なお、事業の形態や従業員の人数によっては、ある特定の事業を売却することで、経営の立て直しにつながったり、薬剤師のリストラなどのリスクに備えたりすることもできます。そのため、十分に時間を掛けて同業他社のケースに目を通しながら、理想的な売却のポイントを掴むことが大切です。

よくある誤解、M&Aは売り手にも買い手にもメリットがある


M&Aに関してインターネット上で検索してみると「ハゲタカ」や「乗っ取り」という言葉もチラホラ見つかります。友人の中にも、私がM&Aを依頼すると聞いて「M&Aってホリエモンのアレでしょ?やめといた方がいいよ」と、仕組みをよくわかっていないにも関わらず止めてくる者がいました。

どうやら、M&A業界の世間的イメージというのは、それほどよいものではないようです。おそらくとあるテレビ局の買収騒動や、かつて放映されたテレビドラマによってそうしたネガティブなイメージが蔓延してしまっているようですね。

しかし、それは単なる「悪印象」にすぎず、誤解です。現実のM&Aの多くは、乗っ取り行為ではありません。

売り手買い手双方が利益を獲得できる、きわめて優れた取引なのです。そのメリットについて、この項目で解説していきましょう。

もっとも大きなメリットは、私や父が経験した通り、「事業継承が円滑に行える」ということです。後継者選びに頭を悩ませる必要もありませんし、M&Aなら買い手が店舗の実績や評判を正当に評価し、それがもっとも活かされる形で買い取ってくれるので、店の存続に関する様々な問題を一気に解決できます。

特に人材不足に悩む薬局にとって後継者の確保は深刻な問題ですが、こうしたこともまとめて買い手が管理・運営を行ってくれるので、こちらはほとんど何もしなくてよいのです。また「廃業コスト」がかからない点も非常に魅力的です。

廃業するとなれば、設備や在庫の処分、従業員への補償などを行わなければならなくなります。しかし、M&Aならば、廃業コストとは無縁といってもよいでしょう。

相手に自分の薬局を買ってもらうのですから、薬局を自分で畳む必要はありません。今まで培ってきた事業実績や優れた従業員、ノウハウも最良の形で継続されます。

廃業によるコストがかからないだけでなく、薬局を自分で畳むことによる精神的な負担もかからないのは魅力的です。そして、最大の魅力が「創業者利益」の獲得です。

自身が長年運営してきた薬局をM&Aで企業に譲渡すれば、たとえ中小店舗であっても譲渡対価が得られます。創業者利潤の金額は数百万、数千万円、条件によっては数億円に上るケースもあり、そうなるとサラリーマンの退職金とは比べ物になりません。

M&Aを利用するのとしないのとでは大きな違いがあり、今後の生活もかなり左右されます。M&Aを利用して事業を譲渡すれば、余裕のある老後の生活が約束されるのです。

このように、M&Aによるメリットはかなりのものです。もっとも、M&A業者というのは「ピンキリ」であり、低レベルな業者の場合は事がうまく運ばない可能性もあるでしょう。

中には自分の利益しか考えていない業者もいるはずです。そうならないためにも、情報をより多く収集しM&A業者をしっかり選ぶようにしましょう

調剤薬局のM&Aの流れはどうなっている?

M&Aの流れの画像

おおよそ調剤薬局のM&Aの流れは「事前準備」「買い手選考」「契約の取り交わし」の過程に区分けすることが可能といえます。

当然 契約の締結のスケールや複雑さによって必要となるは期間状況次第ですが、薬局の売却の検討から始まり契約の取り交わしまで必要とされる時間は、約3ヶ月から1年になります。

→ 調剤薬局のM&Aの流れはこちら

調剤薬局のM&Aをするタイミングは?

M&Aのタイミングの画像

調剤薬局の運営が順調でも、後継者不足の問題を解決しなければ、お店を閉店せざる負えない状況となってしまう事があります。

問題点を解決するために、適した時期に行動を起こせるように、仲介業者のサポートを受ける事も大切なポイントです。

→ 調剤薬局のM&Aをするタイミングについて詳しく見てみる

調剤薬局のM&Aが失敗しない為には?

M&Aが失敗しない為の画像

調剤薬局のM&Aはなかなか大変なものです。調剤薬局のM&Aに失敗してしまって借金がかなり増えてしまったなんてケースもあります。

だからこそ失敗しないようにしておきたいものですが、一体どのようにすればM&Aを成功に導くことができるのでしょうか。
ここではそんな調剤薬局のM&A絡みの話題について紹介していきます。

また、調剤薬局の買収をする前にすべきことについてもあわせて紹介しておきましょう。

→ 調剤薬局のM&Aを失敗しない為にすべきことはこちら

調剤薬局のM&A会社を選ぶポイント


調剤薬局のM&Aのサポートを専門的に行っている会社は全国に多くありますが、買収後のビジネスを順調に進めるために、過去の実績や担当のスタッフの得意分野などに注目をしながら、信頼のできるところを探すことが大事です。また、会社の選び方について迷っていることがあれば、薬局の経営者を対象とした無料の相談対応がしっかりとしているところに問い合わせをしてみましょう。

■製薬業界で実績のある会社の取り組みをチェックしよう

薬局の買収を行うためには、高額なコストだけでなく様々なノウハウが必要となるため、素人ではスムーズに手続きを進めることが難しい傾向があります。そこで、製薬業界で実績のある仲介会社にサポートを依頼することで、余裕をもって資金集めをすることができたり、理想的な買収の候補の薬局を選んだりすることができます。

特に、製薬会社や調剤薬局、医療機関などでの勤務経験を持つスタッフが揃っている会社の魅力については、様々なビジネス誌などで好意的に取り上げられることがあるため、短期間で依頼先を決めたい場合には、複数の会社のスタッフの経歴に目を向けることが肝心です。

なお、大手の会社の中には、土日祝日や夜間などの相談対応がしっかりとしているところもあり、日ごろから薬局の業務に忙しい人であっても、都合の良い時間に相談に乗ってもらうことが可能です。なお、会社によって得意とする薬局の買収の方法に大きな違いがあるため、依頼後に後悔をしないためにも、早いうちから過去の買収の事例や会社の方針などをチェックしておきましょう。

■買収に必要なコストにもこだわって会社選びをしよう

調剤薬局のM&Aのために必要なコストは、それぞれの薬局の事業規模や経営状態、薬剤師の人数などに大きく左右されるため、時間を掛けて仲介会社の担当者と話し合いをすることがおすすめです。中でも、規模の大きい薬局の買収の際には、数千万円から一億円以上のコストが発生することもあり、将来的なコストの相場を把握するために、複数の会社に見積もりを出してもらうのも良いでしょう。

また、仲介会社に支払うことになる手数料の金額については、担当のスタッフの業界経験やプランの内容などに大きく影響を受けることがあります。そこで、なるべくコストを最小限に抑えたい場合には、良心的な料金システムが導入されている会社を優先的に選ぶことがポイントです。

なお、都市部から離れたところにある小規模な薬局については、数百万円から一千万円程度で売却ができるケースもあり、身の丈に合った売却先を見極めるにあたり、一人ひとりの薬局の経営者へのサポートが充実しているところにお世話になることが肝心です。なお、仲介会社の数が多いエリアにおいては、リーズナブルな薬局の買収プランを色々と用意しているところが多く、コストパフォーマンスの良い会社の特徴を調べてみるのも良いでしょう。

■トータルサポートが優れている会社の特徴とは

薬局のM&Aの一連の手続きを効率よく進めたい場合には、トータルサポートがしっかりとしている仲介会社の特徴を理解することが何よりも大切です。特に、専用のツールを用いて薬局の買収後のビジネスプランについて、無料相談の際にアドバイスをしてくれる会社は、初めて薬局の買収を考えている人にとって頼れる存在として位置づけられています。

また、情報分析力やコミュニケーション能力が優れているスタッフが多く在籍している会社を選ぶ場合には、出費が大きくなることがありますが、いざという時にも冷静に行動をとることが可能です。一般的に、仲介会社のサポートの良しあしについては、それぞれの会社の経営方針や事業内容などによって大きな差が出ることがあるため、会社ごとのメリットやデメリットを把握しながら、安心して任せられるところを見つけましょう。

その他、至れり尽くせりのサポートをしてくれるところは、事業の規模を問わず、多くの薬局の経営者の間でニーズが高まっており、予約が取りにくいこともあるため、早期に腕利きの担当者とコンタクトを取ることが成功のカギとなります。

調剤薬局に特化したM&A会社を選ぶ際に最も気にするポイントは?

当サイトでは、「手数料」「経験」「調剤薬局M&Aの実績」「業歴」、4つの比較軸をベースにおすすめのM&A会社を紹介してまいりましたが、自分以外の人たちは4つの比較軸の内、どの点を重視してM&A会社を選んでいるのは気になる点であります。

そのため今回、私の方で独自にアンケート調査を実施してみましたので、その結果をみなさまにお伝えしたいと思います。参考にしてみてください。

アンケートの結果、一番多い投票数を獲得したのが「手数料」となりました。最低数百万円単位で発生するM&A会社への依頼料金ですから、その点少しでも安いほうが良いと考えてらっしゃる方が多いようです。

次いで投票数の多い「調剤薬局M&Aの実績」も、会社選びの外すことのできないポイントと言えます。事業年数や今まで対応したM&Aの件数が多い会社ほど信頼できることに間違いはないですからね。「業歴」を重視されている方が一定数以上いることからもその点は明らかです。

また、コンサルタントの経験値が低くては、依頼を行ったとしても、成約までに時間を要してしまう・成約に至らない事態等も起こりえてしまうため、優れたコンサルタントが在籍しているM&A会社を選ぶことも重要です。

先にお伝えした選ぶポイント、このアンケート結果も踏まえた上で、納得の行く調剤薬局のM&A会社に依頼を行ってみてください。

 

記事一覧

近年、少子高齢化の影響もあり、あちこちの中小企業で後継者不在の悩みが聞かれます。調剤薬局も例外ではありません。 ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aは、実績の豊富な会社に任せる事が一番の成功への近道です。調剤薬局に特化してM& ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aは、実績の豊富な会社に任せる事が一番の成功への近道です。調剤薬局に特化してM& ・・・[続きを読む]
調剤薬局の生き残りのためM&Aは重要な経営戦略と言っても言い過ぎではありません。 M&Aを幸せ ・・・[続きを読む]
医薬分業が積極的に推進された頃にできた調剤薬局のオーナーは高齢化してきています。その為、後継者のことで悩んでい ・・・[続きを読む]
地域社会で必要とされているお店の場合、お店が閉店してしまうと、困ってしまうお客さんがたくさんいます。後継者不足 ・・・[続きを読む]
後継者がいない問題で、大切なお店をつぶしたくない方は、早めに事業の譲渡や売却を検討して、お店を残せるように考え ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aは、買い手と売り手の双方に様々なメリットをもたらす機会の一つとして捉えられることがあり ・・・[続きを読む]
個人経営などの小さな調剤薬局は後継者不足があるため、将来どうするべきか悩んでいる経営者は少なくないです。上手く ・・・[続きを読む]
薬局の買収などの重要な取引を進めていくために、じっくりと情報を集めて、交渉を進めていくための時間が必要です。仲 ・・・[続きを読む]
日本は超高齢化社会に突入しています。調剤薬局は、高齢者層にもターゲットした経営が選択肢に入ってきていますが、一 ・・・[続きを読む]
調剤薬局業界のM&Aが現在活発になっていますが、M&Aの成功は双方に大きなメリットがもたらされ ・・・[続きを読む]
M&Aを活用することで調剤薬局の事業承継を実現する方が増えています。 後継者に悩み、自分一代で事業を閉 ・・・[続きを読む]
薬剤師が働くところとして調剤薬局があります。 調剤薬局の運営者は様々で、個人運営もあれば大手がチェーン展開して ・・・[続きを読む]
調剤薬局は、高い利益を出せている場合でも、先行きがわからずに、不安を感じているオーナーの方もいます。 順調に運 ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aはなかなか大変なものです。 調剤薬局のM&Aに失敗してしまって借金がかなり増えてしまっ ・・・[続きを読む]
事業譲渡を進めていく際に、まず全体の流れをきちんと把握し、書類の作成や交渉など、様々な事を進めていく必要がある ・・・[続きを読む]
調剤薬局の運営が順調でも、後継者不足の問題を解決しなければ、お店を閉店せざる負えない状況となってしまう事があり ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aを進めるにあたり、依頼する仲介会社選びは重要なポイントです。 自社の命運を決める大きな ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&A(合併買収)の動きが活発ですが、2018年4月の薬価改定により業界動向は大きく変化して ・・・[続きを読む]
調剤薬局の運営を生涯現役で頑張るご年配の方もいますが、体力的な限界が来た時に、お店を守れない可能性が出てきます ・・・[続きを読む]
一般的に考えてM&Aと耳にしてイメージするのは、中小零細企業間というよりも大手の事業会社間により執り行 ・・・[続きを読む]
M&Aを進める事で事業領域の拡大を実現することが可能になっています。 自社が抱えていない事業領域への進 ・・・[続きを読む]
調剤薬局は、市場のほとんどを小規模経営企業が占める特徴的な構造を持っています。 それが近年、急激に進められるM ・・・[続きを読む]
調剤薬局の事業譲渡は活発に進められていますが、直接交渉は慣れていない方にとって、損をしてしまう恐れがあるため、 ・・・[続きを読む]
M&Aを成立させるまでにどのくらいの期間が必要か、経営者にとっては気がかりな部分です。 もちろん条件に ・・・[続きを読む]
調剤薬局を譲渡・売却する場合、パートナーとなるM&A会社選びは当然ながら非常に重要です。 具体的に会社 ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aを考えているならばぜひとも買収コンサルタント業者を利用しておくと良いでしょう。 買収コ ・・・[続きを読む]
調剤薬局M&Aをしたいという際にはやはり専門業者を利用しておくことが肝心です。 専門業者を利用しておく ・・・[続きを読む]
もしも調剤薬局を買収したい際にはM&A会社などを利用する手があります。 こうした買収専門業者を利用する ・・・[続きを読む]
引退するからこそ、運営は安心できる大手に任せてしまいたい、こうした希望を叶えるためには調剤薬局のM&A ・・・[続きを読む]
おおよそ調剤薬局のM&Aの流れは「事前準備」「買い手選考」「契約の取り交わし」の過程に区分けすることが ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aと一言でいっても、その手法は主だったものとして大きく二つに分かれます。 1つは事業譲渡 ・・・[続きを読む]
諸事情により調剤薬局の経営が困難になってしまい、続けるために支援してもらいたいのなら調剤薬局のM&Aの ・・・[続きを読む]
調剤薬局を買収することは意外と難しいこともあり、実際に買収したい際にはM&A専門の買収コンサルタント業 ・・・[続きを読む]
これから調剤薬局を買収したい、より調剤薬局を大きくしたいといった際にはM&Aが効果的です。 M& ・・・[続きを読む]
自営業者等の大きくない調剤薬局は後継者が不足している状況があることから、将来において何をしたら良いか苦悩してい ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aをしたい場合には買収コンサルタント業者に依頼することがおすすめです。 こうした業者に依 ・・・[続きを読む]
正直にいえば調剤薬局のM&Aは決して簡単ではありません。 事前にしなければいけないことも多いですし、準 ・・・[続きを読む]
売買という種類になる仲介業者で働くにも、何かしら特技や趣味が必要でしょう。 もしそれが調剤薬局という枠であれば ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aを実施することによって、様々なメリットがあるといわれています。 実際に実行することによ ・・・[続きを読む]
調剤薬局は全国に多くありますが、大手のシェアは全体の5%程でありほとんどが個人経営です。 1980年代に医療分 ・・・[続きを読む]
後継者がいない調剤薬局は経営の維持ができなくなりますが、第三者に譲渡して運営し続ける方法もあります。 そのとき ・・・[続きを読む]
地域で親しまれている調剤薬局の維持が難しくなったときは、M&Aのサービスを利用して問題に対応する方法も ・・・[続きを読む]
長く運営してきた調剤薬局を今後どうしようかと検討されている場合、M&A業者を利用するという選択をするこ ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aは成功率と合わせて手数料に注目しておくことが基本ですが、その金額はどのタイミングで発生 ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aのやり方というのは大きく分けて、事業のみを譲り受ける方法・株式を譲り受ける方法・薬局経 ・・・[続きを読む]
ビジネスで利用していた調剤薬局の維持が難しくなったときは、M&Aのサービスを利用して対応する方法もあり ・・・[続きを読む]
現在、調剤薬局業界は大きな転換期を迎えており、「M&A」をおこなう事業所は年々増加傾向にあります。 こ ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aで気になるのは、企業価格の決め方です。 自社がどれほどの企業価値を持つのか、その算出方 ・・・[続きを読む]
1990年代に医療の質向上を目的として薬価の改定や院外処方箋を発行する価格を上げるなど、医薬分業制度が改正され ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&Aを仲介会社に依頼すると費用がかかります。 当然依頼する側としてはコスパの良さが気になり ・・・[続きを読む]
調剤薬局を取り巻く環境が厳しくなるにつれて、調剤薬局のM&Aなどは盛んになっており、仲介会社への需要も ・・・[続きを読む]
後継者がいない調剤薬局は経営の維持ができなくなるため、問題になる場合があります。そういうときはM&Aの ・・・[続きを読む]
経験豊富な担当者が対応してくれる調剤薬局のM&Aは、上手く利用できればメリットを得られる方法です。しか ・・・[続きを読む]
調剤薬局がM&Aをおこなう場合、今後起こりうる事業継承問題を解決できるというメリットが存在しています。 ・・・[続きを読む]
長く経営していた調剤薬局の維持が難しくなった場合は、何らかの対策をする必要があります。効果的な対策としては専門 ・・・[続きを読む]
調剤薬局のM&A(合併・買収)が加速化しています。調剤薬局は現在、約7兆円の市場だと言われていますが、 ・・・[続きを読む]
調剤薬局業界において2018年度に改正された「報酬・薬価制度」によって、大きな動きがありました。業務体系の見直 ・・・[続きを読む]
個人事業主が経営している調剤薬局を事業主が引退後どのようにするのかは、事業主にとって大きな課題となっています。 ・・・[続きを読む]
大手調剤薬局チェーンによる中小規模の調剤薬局へのM&Aが活発に行われています。大手調剤チェーンの利益追 ・・・[続きを読む]
今回の調剤報酬改定や薬価改定では1~2店舗のみの運営である中小法人では、それほど大きな影響はなかったようです。 ・・・[続きを読む]
M&A・事業譲渡の中でも増加中といわれているのが中小の調剤薬局ですが、業界内の現状や店舗を売却もしくは ・・・[続きを読む]
個人経営の調剤薬局では、その経営元が法人なのかあるいは個人なのかによって大きく変わります。法人の場合には、利害 ・・・[続きを読む]
日本ではさまざまな理由によりM&Aを選択する企業が増えてきています。M&Aというのは、これまで ・・・[続きを読む]
M&Aというのは、運営している会社の危機を乗り切る手段というだけではなく、自分の会社を継続させるための ・・・[続きを読む]
調剤薬局は高齢化への道を歩んでいる日本にとってはますます需要が高まっていく施設といえるでしょう。ところが人手不 ・・・[続きを読む]
調剤薬局の中には、後継者がいない問題があり、今後の経営を考えると、従業員の雇用や経営者の高齢化など、不安に感じ ・・・[続きを読む]